本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

朝ドラ「らんまん」あらすじ,ネタバレ最終回までのブログ!感想も毎日更新!

PR

「舞い上がれ」の次=2023年前期の朝の連続テレビ小説108作目は「らんまん」です。当ブログでは、朝ドラ「らんまん」の第1週1話から最終回までのあらすじと感想を1話ずつ毎日更新します。

「らんまん」はいつから始まるのでしょうか?はい、2023年4月3日(月)スタートです。

ドラマの流れをつかめる簡単なあらすじもありますよ! 概要もわかるので4月からの朝ドラも楽しめます。主人公の恋愛や結婚など、相手役になるのでしょうか?

らんまん(朝ドラ)の時代はいつ?

時代は江戸幕末から明治、大正、昭和へ混乱の渦中で、愛してやまない植物に一生を捧げた主人公の物語です。

らんまん(朝ドラ)ってどんな話?

春らんまんの明治を天真爛漫に駆け抜けた一人の天才植物学者の物語。

らんまん(朝ドラ)の簡単なあらすじ

「らんまん」は、かの有名な高知県出身の植物学者・牧野富太郎の一生をモデルにしたオリジナルストーリーです。彼の喜びと発見に満ちた活き活きと生命力溢れる人生を、美しい草花の情景の中で描き、日本の朝を癒しと感動でいっぱいにします。幕末から明治、そして激動の大正・昭和と混乱の時代の移り変わりの中で、愛してやまない植物に情熱を注ぎ込んだ主人公・槙野万太郎(神木隆之介)とその妻・寿恵子(浜辺美波)の波乱万丈な生涯を描きます。

物語は、歴史に名を残すあの有名な植物学者・牧野富太郎(1862-1957)をモデルとして、激動の時代の中、夢にまい進する植物学者の物語としてオリジナルストーリーとして再構成しています。

目次
PR

らんまんのネタバレあらすじを1話~最終回まで!【毎日更新】

朝ドラ「らんまん」の1話から最終回までのネタバレあらすじを毎日更新します。

1週ごと各話まとめていますので、日付のリンクから毎話ごとくわしいネタバレのページに飛びますので、見逃してもドラマのストーリーを追うことができますよ!

朝ドラ「らんまん」第1週「バイカオウレン」のあらすじと感想

スクロールできます
1話 … 4月3日(月) 慶応3年(1867)土佐・佐川村。造り酒屋の跡取り息子として生まれた槙野万太郎(森優理斗)は草花が大好きな男の子。生まれつき病弱で、走ったりはしゃいだりすると、すぐに熱を出して倒れてしまうため、祖母のタキ(松坂慶子)や母ヒサ(広末涼子)に心配をかけてばかりいました。 続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
2話 … 4月4日(火) 万太郎(神木隆之介/森優理斗)は、親戚の豊治(菅原大吉)らが「万太郎はいっそのこと生まれて来ない方がよかった」と話しているのを聞いてしまい深く傷つきます。その言葉を聞いたショックで、病床の母ヒサ(広末涼子)のもとへ向かい、自分が産まれてこないほうが良かったと言われたと言います。 続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
3話 … 4月5日(水) 坂本龍馬(ディーン・フジオカ)との衝撃の出会いを果たした万太郎(森優理斗)。龍馬から人が生きてくる意味はある。心から命を燃やせるものを探しなさいと言われます。万太郎は意味がよくわかっていないのですが、坂本龍馬の言葉に生きる希望をもらいました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
4話 … 4月6日(木) 秋、今年も酒造りの季節がやってきました。万太郎(森優理斗)は、相変わらず草花に夢中です。竹雄が踏んでいる雑草のことが気になってしまい、根っこからむしり取り墨でその雑草をスケッチします。体が弱いため、そのような遊びしかできず、近所の子どもたちに遊ぶことを誘われても、竹雄は遊ぶことを許しません。竹雄(井上涼太)と言い合いになり、喧嘩をした万太郎は、怒って酒蔵の中に入ってしまいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
5話 … 4月7日(金) 万太郎(森優理斗)は病床で生死の境をさまようヒサ(広末涼子)を元気づけようと、ヒサの好きなバイカオウレンの花を探しに神社に行きます。しかし、坂本龍馬と出会った日に咲いていた裏山の神社の場所には見当たらず、立ち入りを禁じられた神社の裏の山の奥深くへと足を踏み入れてしまいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第2週「キンセイラン」のあらすじと感想

スクロールできます
6話 … 4月10日(月) 9歳になった万太郎(小林優仁)は、当主としての期待を一身に背負っていました。町人ながら、武家の子らが通う学問所への入学も許されましたが、野山の草花に夢中な万太郎は学問所で新しい友達ができて遊べると言われても、友達と遊ぶよりも草花を見ている方がいいと言って気が進みません。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
7話 … 4月11日(火) 入学初日から武家の子らにいじめられてしまった万太郎(小林優仁)は、授業を放棄して帰ろうとします。門前ではまた謎の男(寺脇康文)が水撒きをしていて、水をかけられてしまいます。帰ろうとする万太郎を不思議に思った謎の男はせっかく学問を学べる機会に恵まれたのに、帰るのか?と言います。 続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
8話 … 4月12日(水) 翌日、万太郎(小林優仁)は名教館に行きました。おまんは、帰っちょってくれんかと竹雄を帰らせ、一人で中庭に入りました。するとそこには沢山の草花が。万太郎は嬉しくなって、オオバコにはなしかけました。おまんみたいに、強くなれたらのう。踏まれるたびに強くなる秘訣を教えてくれと言うと、池田蘭光(寺脇康文)がやってきて、秘密は茎だね。この茎は、外が柔らかく中が硬い。だから強い。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
9話 … 4月13日(木) 学問所に通い始めて3年が経ち、万太郎(小林優仁)は12歳になりました。万太郎の学力は他の生徒の右に出る者はいないほどになっていました。いじめをしてきた生徒とも仲良くなり勉強を楽しんでいます。万太郎はタキに「本草綱目」が欲しいとねだり買ってあげます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
10話 … 4月14日(金) 蘭光の誘いで仁淀川にきた万太郎は祐一郎と深い話をします。蘭光は名教館がなくなっても勉強は続く。この先はますます身分が無くなっていく。身分が消えたとき、自分しか残らなくなる。自分が何者か探していく。その時、学びは助けになる。世の中は変わり続けるけど、それに振り回されてはいけない。道を選ぶのはいつでも自分だ。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
PR


朝ドラ「らんまん」第3週「ジョウロウホトトギス」のあらすじと感想

スクロールできます
11話 … 4月17日(月) 18歳になった万太郎(神木隆之介)は、植物採集のさなか、見たことのない美しい花・ジョウロウホトトギスと出会います。しかし、その日は蔵人らが酒を造りに来てくれる大事な日。万太郎はそのことは知っていたものの山へと出掛けてしまいました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
12話 … 4月18日(火) 東京行きが決まった万太郎(神木隆之介)は、憧れの植物学者に会えると舞いあがる。一方、綾(佐久間由衣)はせっかくの縁談を破談にし、タキ(松坂慶子)をがっかりさせてしまう。酒造りへの情熱を捨てられない綾は、蔵人の幸吉(笠松将)にある相談を持ちかける。春になり、万太郎は竹雄(志尊淳)を伴い、いよいよ東京へと旅立つ。 続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
13話 … 4月19日(水) 汽車や蒸気船を乗り継ぎ、ようやく東京へ着いた万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)。二人が訪れた上野の博覧会会場には、見たことのない華やかな世界が広がっていマシタ。万太郎は博覧会でも植物のことばかり。品評会の時間なのになかなか動こうとしませんが、竹雄が促し会場に出向きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
14話 … 4月20日(木) 万太郎(神木隆之介)は、ついに旅の最大の目的である博物館を訪れます。博物館の前で本当にあっていいものかとドキドキしながら万太郎はドアを開けます。そこでは草花を乾燥させて紙に貼り付けて標本にするという作業をしている人達がいました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
15話 … 4月21日(金) 東京で憧れの植物学者たちと出会い、植物の研究にますます心を惹かれる万太郎。そんな万太郎に、竹雄(志尊淳)は植物学に気持ちが行ってしまうのではないかと不安な心のうちをぶつけました。そのことで二人は口論になってしまいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第4週「ササユリ」のあらすじと感想

スクロールできます
16話 … 4月24日(月) 東京から高知に帰ってきた万太郎(神木隆之介)は、家に帰る道すがら、自由について演説をしている男(宮野真守)を見かけます。その中には女性もいて、女性も政治に参加できるようにと訴えていました。その女性に綾は話しかけられこれからは女性も前に出なければと言われ、困惑します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
17話 … 4月25日(火) 竹雄(志尊淳)は東京滞在中に、万太郎(神木隆之介)を追い詰めてしまったことを悔いていることをどうすることもできず、植物学と峰屋を天秤にかけたと言います。竹雄から話を聞いたタキ(松坂慶子)は、万太郎をお使いに出し、部屋をくまなく調べます。万太郎の部屋を見て、植物への情熱を改めて思い知ります。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
18話 … 4月26日(水) 万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)は、綾(佐久間由衣)を探しに高知へと向かいます。高知へ向かう途中、万太郎の同級生に会い綾と峠ですれ違ったと教えてもらい、万太郎と竹雄は確信を持って綾を探しに向います。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
19話 … 4月27日(木) 「自由」とは何かを知りたい万太郎(神木隆之介)は、綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)を残し、早川逸馬(宮野真守)が率いる「声明社」へと向かいます。互いに語り合う中で、万太郎のことをますます気に入った逸馬は、ある人物のもとへ万太郎を連れていく。そこにいたのは、ジョン万次郎(宇崎竜童)でした。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
20話 … 4月28日(金) 逸馬(宮野真守)と共に、ジョン万次郎(宇崎竜童)のもとを訪れた万太郎(神木隆之介)。万次郎が書いた本を読んだと言うと万次郎はその本を持ってきてくれました。万太郎が子供の頃、英語を学ぶために読んだと目をキラキラさせて喜びます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
PR


朝ドラ「らんまん」第5週「キツネノカミソリ」のあらすじと感想

スクロールできます
21話 … 5月1日(月) ジョン万次郎(宇崎竜童)と出会い、話をしたことで、植物学の道に進むと決めた万太郎(神木隆之介)は、綾(佐久間由衣)に「自由に生きてほしい」と伝えます。綾は峰屋のために生きると宣言します。二人は、今日選んだそれぞれの道を悔やまずに歩むことを誓い、竹雄(志尊淳)もそれを見守ると誓います。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
22話 … 5月2日(火) 演説会に参加し、収監されてしまった万太郎(神木隆之介)。声明社の仲間だと言われて、万太郎はひたすら否定します。仲間だと認めない万太郎は外に連れて行かれます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
23話 … 5月3日(水) 佐川に帰る道すがら、万太郎(神木隆之介)は燃えるように鮮やかな花を見つけます。それは自分を犠牲にして万太郎をかばってくれた逸馬の着物の羽織と同じ色をしていると綾は言います。花の名前がわからない万太郎は花に名前を聞きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
24話 … 5月4日(木) 秋、今年も酒造りの季節がやってきました。始まりのお祓いの時間のギリギリまで万太郎(神木隆之介)は草花を追いかけていました。竹雄が時間になったので峰屋に、無理矢理連れて帰ります。おかげで万太郎はお祓いの時間に間に合いました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
25話 … 5月5日(金) 万太郎が心配な竹雄は、東京に同行するつもりでいました。しかし、万太郎は竹雄に峰屋に残るように伝えます。行き場のなくなった竹雄は、綾のところに行きます。竹雄は、綾にも追い払われてしまいました。竹雄(志尊淳)が最後に行き着いたのは、タキ(松坂慶子)の部屋でした。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第6週「ドクダミ」のあらすじと感想

スクロールできます
26話 … 5月8日(月) 東京に着いた万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)は、まず初めに、野田基善(田辺誠一)らがいる博物館へと足を運びます。ちょうど眠そうにしていた野田に、東京に来て野田から教えてもらった植物標本を土佐のほとんどの植物のを調べたと自慢げに話します。野田は万太郎を大いに褒め、東京大学に行って勉強したらいいと言ってくれます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
27話 … 5月9日(火) 下宿先を探すために、東京の町をさまよう万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)でしたが、下宿先はなかなか見つからずにいました。原因は万太郎の大荷物。しかも、これから、さらに増えると伝えている万太郎。ほとんどの下宿先が荷物の多さに断られていました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
28話 …5月10日(水) たどり着いた長屋の軒先で、倉木(大東駿介)が植物標本を燃やそうとしていたところを ギリギリ止めた万太郎(神木隆之介)。金を払うから標本を返してほしいと交渉しているところに、倉木の妻・えい(成海璃子)がやってきて、倉木をとがめる。その後、福治(池田鉄洋)ら長屋の住人たちの誘いで、夕食をご馳走になった万太郎と竹雄(志尊淳)。万太郎は、長屋に空き部屋があると聞き…続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
29話 … 5月11日(木) 十徳長屋に住むことを決めた万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)。差配人のりん(安藤玉恵)や住人・福治(池田鉄洋)たちの手を借りて、部屋に荷物を運び入れます。ひと通り荷物を入れ終えると、お昼休憩でりんからおにぎりの差し入れがありました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
30話 … 5月12日(金) 万太郎(神木隆之介)は、東京での生活が落ち着いたことをタキ(松坂慶子)と綾(佐久間由衣)に手紙で報告します。タキも綾も万太郎の手紙に喜びを隠せません。そして、万太郎は竹雄(志尊淳)と共に近所の和菓子屋・白梅堂を訪ねます。寿恵子(浜辺美波)が働く店かもしれないと、僅かな希望を抱きながら…。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
PR


朝ドラ「らんまん」第7週「ボタン」のあらすじと感想

スクロールできます
31話 … 5月15日(月) 寿恵子(浜辺美波)は叔母のみえ(宮澤エマ)から、鹿鳴館の開館に向けてダンスを習わないかと誘われますが、母まつ(牧瀬里穂)に反対されます。しかし、寿恵子はまだ見ぬ世界に憧れを抱きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
32話 … 5月16日(火) 万太郎(神木隆之介)は、博物館でもらった紹介状を手に、ついに東京大学植物学教室の門を叩きます。竹雄は万太郎が行っている間に二人で暮らすための仕事探しに行きます。東京大学はその当時、日本で唯一の大学でした。植物学は理工学部の中にありました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
33話 …5月17日(水) 万太郎(神木隆之介)は、東京大学植物学教室の教授・田邊(要潤)に大学へ出入りさせてもらえないかと懇願します。万太郎が小学校中退だと知った助教授・徳永(田中哲司)と講師・大窪(今野浩喜)は猛反対。教室は不穏な空気に包まれます。小学校を卒業し、試験を受けて東京大学に入学し、その上で改めて来なさいと大窪に言われます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
34話 … 5月18日(木) 万太郎(神木隆之介)は大学への出入りを許され、竹雄(志尊淳)も仕事が決まり、一安心の二人。万太郎から報告を受けた大学落第中の堀井(山脇辰哉)は、万太郎が小学校中退しているのに東京大学に出入りをするということに納得が行かず、万太郎に東京大学に行けることの素晴らしさを語り始めます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
35話 … 5月19日(金) 東京大学植物学教室に通うことになった万太郎(神木隆之介)。下の位にいる学生がやらなければならない作業をやりたがらない様子を見ていた万太郎は、自分が標本作りをすると言います。万太郎は野田のもとでで学んだ標本作りが通じるのか学生たちの前で植物標本の制作をしてみます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第8週「シロツメクサ」のあらすじと感想

スクロールできます
36話 … 5月22日(月) 万太郎(神木隆之介)からボタンの植物画をもらった寿恵子(浜辺美波)。ボタンを授かった人は見知らぬ度に出るのだと万太郎に話します。寿恵子のやりたいことが何かはわからないけど、やりたいことはやるべきだと万太郎は寿恵子の背中を押します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
37話 … 5月23日(火) 万太郎(神木隆之介)は、植物学教室の皆と仲良くなりたいと願いますが、よそ者扱いされて孤立してしまいます。そこへ教室に出入りする画工・野宮(亀田佳明)がやってきますが、野宮もよそ者だよねといい、相手にしてくれません。すっかり元気をなくしてしまった万太郎は、りん(安藤玉恵)を誘って竹雄(志尊淳)が働く西洋料理屋へ行きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
38話 …5月24日(水) 万太郎(神木隆之介)は、竹雄(志尊淳)に植物学教室のみんなに相手にして貰えないとこぼします。竹雄は万太郎は峰屋を捨ててまでここにいる。それだけの覚悟を持ってきているから、植物学教室の人たちと何ら遅れはとっていない。と叱咤激励してくれます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
39話 … 5月25日(木) 万太郎(神木隆之介)は波多野(前原滉)と藤丸(前原瑞樹)から、田邊(要潤)が完璧な標本しか作らないときき、完璧にならなかった標本たちが捨てられているのを見て、もったいなと言います。捨てるはずだった完璧でない標本も万太郎は葉の特徴や根の張り方で植物が何かがわかってしまいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
40話 … 5月26日(金) 万太郎(神木隆之介)は、寿恵子(浜辺美波)と話す中で、「日本中の植物を載せた植物図鑑を作る」という壮大な目標を見つけました。万太郎は嬉しくなって思わず寿恵子の手を握りしめてしまいます。万太郎は草花の絵と文があればその草花を知らない人でも知ることができる。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
PR


朝ドラ「らんまん」第9週「ヒルムシロ」のあらすじと感想

スクロールできます
41話 … 5月29日(月) 植物学雑誌の創刊を目指す万太郎(神木隆之介)は、田邊(要潤)から創刊の許可を得たいのだが、話しかけるタイミングがなかなかつかめません。
一方、寿恵子(浜辺美波)は、万太郎が数日お菓子を買いに来ないことに寂しさを感じていました。たんぽぽの種と寿恵子が話していると、和菓子を届けに行ったことをきっかけに実業家・高藤(伊礼彼方)の屋敷に呼ばれる使いの者がやってきました。寿恵子は高藤に気に入られ、舞踏練習会に参加してほしいと誘われます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
42話 … 5月30日(火) 酒問屋を実家が営んでいるという、藤丸(前原瑞樹)か父親から聞いた話は、後々酒屋は軒並み潰れていくという話でした。酒への課税が重くなり、その税金が払えなくなった酒蔵からなくなっていくという話です。万太郎は心配しますが、土佐一の酒蔵が潰れるわけ無いと竹雄と一緒に言います。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
43話 …5月31日(水) 倉木(大東駿介)と植物採集に行った万太郎(神木隆之介)は珍しい水草を持ち帰る。ゆう(山谷花純)に「故郷ではヒルムシロと呼んでいた」と教えてもらい、竹雄(志尊淳)の心配をよそに夜な夜な研究に没頭する。そんな中、田邊(要潤)に同行し演奏会に参加した万太郎。なんとそこに、寿恵子(浜辺美波)の姿を発見し…!続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
44話 … 6月1日(木) 演奏会でドレス姿の寿恵子(浜辺美波)と遭遇し、びっくり、うっとりの万太郎(神木隆之介)。自分たちの立場も考え、二人は一言も会話を交わさずずっと二人きりになるチャンスを伺いながらいました。演奏会が終わってみんなで雑談をしている時、上手くお互いの時間が合い、演奏会場を抜け出し、別室で話しができました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
45話 … 6月2日(金) 寿恵子(浜辺美波)のことが頭から離れず調子の出ない万太郎(神木隆之介)。話を聞いたりん(安藤玉恵)、えい(成海璃子)、ゆう(山谷花純)は、それぞれが経験した恋の話をしてくれます。ゆうは結婚もしていて子供も産んだことがあると。えいは自分が素敵だなと思っていたお侍さんが血だらけで自分の家に逃げ込んだこと。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第10週「ノアザミ」のあらすじと感想

スクロールできます
46話 … 6月5日(月) 植物学雑誌の創刊に向け、万太郎(神木隆之介)は大畑(奥田瑛二)が営む印刷所へと向かいました。印刷の仕方、印刷の工程を一通り見た万太郎は早速大畑と印刷の依頼の話を勧めます。大畑に絵の石版印刷の原画と刷り上がったものを両方見せてもらいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
47話 … 6月6日(火) 大畑(奥田瑛二)の印刷所で見習いとして働くことになった万太郎(神木隆之介)。仕事を教えてもらうことになるのですが、周りの人たちはいい顔をしません。万太郎はまず、掃除から始めます。そして、砂を運ぶために倉庫に連れて行かれ、砂の袋を何個も渡され、上の袋を取る時に頭から砂を被ってしまいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
48話 …6月7日(水) 竹雄(志尊淳)は、佐川に帰ると言われて、万太郎は仕方なく承諾します。峰屋もあるし綾もいる。竹雄の言うことも聞かない万太郎を愛想をつかされたと万太郎は落ち込んでしまいます。しかし、竹雄は嘘だと言います。万太郎が言うことを聞かないからお返しで言ったと言います。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
49話 … 6月8日(木) 万太郎(神木隆之介)が大畑(奥田瑛二)の印刷所に通い始めて3週間が過ぎ、季節はノアザミが咲く夏になりました。寿恵子(浜辺美波)は、万太郎に会えず悶々としていましたが、意を決して大学へと向かいます。寿恵子が植物学教室をのぞくと、波多野(前原滉)、藤丸(前原瑞樹)らと楽しそう笑う万太郎の姿がありました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
50話 … 6月9日(金) 万太郎(神木隆之介)は、画工の岩下(河井克夫)から石版に絵を描くことを許されます。まずは岩下が絵を描いてみせ、本当は一晩おいてからするものを試し刷りだと言ってすぐに刷ってくれます。岩下が描いたインクには油が入っていて、その仕組みによって印刷できるのだと教えてもらいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
PR


朝ドラ「らんまん」第11週「ユウガオ」のあらすじと感想

スクロールできます
51話 … 6月12日(月) 万太郎(神木隆之介)は、昼間は大学で研究、夕方からは大畑(奥田瑛二)の印刷所で仕事に打ち込み、雑誌創刊のための技術を日々磨いていました。毎日頑張っている理由は、出来る限りの速さで寿恵子(浜辺美波)を迎えに行く為に―。ドンドン上達する万太郎に周りも積極的に協力してくれるようになりました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
52話 … 6月13日(火) 万太郎(神木隆之介)の石版印刷の技術は、ついに万太郎自身も納得のいくレベルになり、刷り上がりを見た竹雄(志尊淳)も驚きます。万太郎は、大畑(奥田瑛二)とイチ(鶴田真由)に自分でここまでできたことで改めて植物学雑誌の印刷を注文をします。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
53話 …6月14日(水) 万太郎(神木隆之介)を忘れたい寿恵子(浜辺美波)は、贈られたバラの絵を破ろうとしますが、破ることが出来ませんでした。破ろうとして、万太郎と言葉をかわしたことを次々と思い出してしまいました。寿恵子は万太郎のことを好きだと改めて実感したような笑顔になります。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
54話 … 6月15日(木) 万太郎(神木隆之介)は、石版に自らの手で植物画を描いて印刷し、ついに植物学雑誌は300部完成しました。出来上がったばかりの会誌を持って、田邊教授(要潤)に見せると、一番最後のページを見て、納得し、その出来栄えを認めてくれました。300部の会誌うち30部を外国に行く荷物に入れるように指示します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
55話 … 6月16日(金) 大畑の娘は、万太郎のことが好きで、万太郎が好きな相手のことが気になってしまい、白梅堂へ一人でやってきます。意気込んでお店に入りましたが、寿恵子の姿はありません。まつにお菓子をどれにするか聞かれ、まんじゅうを10個頼みます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第12週「マルバマンネングサ」のあらすじと感想

スクロールできます
56話 … 6月19日(月) ドレス姿の寿恵子(浜辺美波)が万太郎(神木隆之介)の家にやってきて、万太郎に抱きつきます。自分ををほったらかしにして万太郎は今まで何していたのか!と万太郎の胸を叩きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
57話 … 6月20日(火) 白梅堂へ挨拶に行った万太郎(神木隆之介)。心配するまつ(牧瀬里穂)に、寿恵子(浜辺美波)を必ず幸せにすると約束します。まつは一番心配している生活費のことを聞きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
58話 …6月21日(水) 万太郎(神木隆之介)、寿恵子(浜辺美波)竹雄(志尊淳)が峰屋に到着すると、蔵の前で綾(佐久間由衣)が役人に厳しく詰め寄られていました。今日だけはどうしても勘弁してほしいと綾は土下座をします。それに習い、峰屋の一同も土下座をします。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
59話 … 6月22日(木) タキ(松坂慶子)は、体調の悪いなか平静を装い、寿恵子(浜辺美波)に百人一首の勝負を挑みます。しかし、タキは勝負をしている最中、胸が苦しくなり、険しい顔をします。タキの異変に気づいた寿恵子はタキを気遣ってタキに勝たせようとします。万太郎(神木隆之介)もタキの異変に気づき、勝負を中断させます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
60話 … 6月23日(金) タキ(松坂慶子)は医師の鉄寛(綱島郷太郎)に万太郎の子供、自分の孫を抱きたいからそれまで生きたい。だからどんな薬を使ってもいいから、病気を治してほしいとお願いしますが、鉄寛は自分では作れなく、難しいと言います。タキの想いを聞いた鉄寛は、タキに、東京に戻らず傍にいてほしいと万太郎(神木隆之介)に伝えてみては、と話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
PR


朝ドラ「らんまん」第13週「ヤマザクラ」のあらすじと感想

スクロールできます
61話 … 6月26日(月) 万太郎(神木隆之介)の発見した植物が世界に認められたと知ったタキ(松坂慶子)は、祝言を急いで、早く東京に戻るよう万太郎に伝えます。タキは呉服商・仙石屋の義兵衛(三山ひろし)を呼び、寿恵子(浜辺美波)に花嫁衣装を選ばせます。寿恵子は遠慮をしますが、タキは自分が見たいからと言ってくれます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
62話 … 6月27日(火) 綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)は酒屋の組合を作ろうと奔走しますが、どの酒蔵からも女だからと言われて、一番儲かっているだろうと言われて、相手にされませんでした。悔しい思いをした綾と竹雄は、帰り道に神社に立ち寄り、綾は竹雄に弱音を吐きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
63話 …6月28日(水) 竹雄(志尊淳)の提案で横倉山へやってきた万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)。竹雄は万太郎の助手の役目を引き継ぐため、寿恵子に植物採集や標本作りの作法を教える。山を歩く中で寿恵子と竹雄にもらった言葉をヒントに、万太郎はヤマザクラの病気を治すべく田邊(要潤)や野田(田辺誠一)に手紙で助けを求める。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
64話 … 6月29日(木) 竹雄(志尊淳)は、綾(佐久間由衣)と夫婦になりたいと思っていること、そしてもう東京には戻らないつもりであることを、万太郎(神木隆之介)に話します。万太郎は竹雄を祝福し、これまでそばで支え続けてくれたことに心から感謝します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
65話 … 6月30日(金) 万太郎(神木隆之介)は祝言の席で、今後、槙野家の一切を綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)に譲ると伝えます。納得のいかない分家の豊治(菅原大吉)たちは激怒します。何十年も、タキ(松坂慶子)が分家を見下してきたこと、気を使って商いをしてきたことをわび、これからは互いに手を取り合い、商いに励んでほしいと話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第14週「ホウライシダ」のあらすじと感想

スクロールできます
66話 … 7月3日(月) 万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)は東京に戻り、いよいよ十徳長屋での新婚生活が始まりました。十徳長屋の人たちは寿恵子を温かく迎え、朝早くから寿恵子は竹雄の教えをしっかり守り、洗濯に励みます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
67話 … 7月4日(火) 結婚祝いをしたいという田邊(要潤)の提案により、万太郎(神木隆之介)は寿恵子(浜辺美波)を連れて田邊家へと向かいます。玄関にはホウライシダがあり、万太郎は何でここにあるのか疑問に思いますが、寿恵子が田邊教授が植えたのでは?と言います。そんな話を二人でしていると、お手伝いさんが家から出てきて、万太郎と寿恵子を家の中に招き入れます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
68話 …7月5日(水) 田邊(要潤)は万太郎(神木隆之介)に、田邊専属のプラントハンターになることを提案すします。万太郎が田邊の為に植物を探し、新種の発表は田邊がすると説明されます。万太郎は納得がいかず、その話を断ります。田邊から後悔するぞ、お前は私にすがるしかないんだと万太郎は言われます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
69話 … 7月6日(木) 佑一郎(中村蒼)が、万太郎(神木隆之介)を訪ねて十徳長屋へとやってきました。佑一郎は、ミシシッピ川の治水工事の技師として推薦されて、アメリカに行くと万太郎に報告に来てくれたのです。その言葉を聞いて万太郎は、佑一郎と蘭光(寺脇康文)と3人で仁淀川へ行ったあの日に思いを馳せます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
70話 … 7月7日(金) 万太郎(神木隆之介)は、新種の名付け親になる方法について相談をしようと、里中(いとうせいこう)がいる博物館へ向かいました。すると、たまたま居合わせた伊藤孝光(落合モトキ)を紹介されます。里中は万太郎と孝光を合わせたかったのだと言ってくれます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
PR


朝ドラ「らんまん」第15週「ヤマトグサ」のあらすじと感想

スクロールできます
71話 … 7月10日(月) 植物の名付け親になるべく、誰もが認める図鑑を作り始めようと決意した万太郎(神木隆之介)。そのため、昼間は大学で研究、夜は大畑(奥田瑛二)の印刷所に通うことになると寿恵子(浜辺美波)に伝えます。寿恵子は了承するものの、万太郎の身体が心配でなりません。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
72話 … 7月11日(火) 図鑑作りに向けて動き出した万太郎(神木隆之介)。寿恵子(浜辺美波)は、万太郎と伴走するつもりが何も出来ずにいる自分が情けなく、福治(池田鉄洋)に相談するが、身の丈に合わない望みは不幸になると言われます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
73話 …7月12日(水) 寿恵子(浜辺美波)は、高価な印刷機を買いたいと言い出すします。突然の申し出に、万太郎(神木隆之介)、大畑夫婦(奥田瑛二・鶴田真由)は驚きますが、万太郎は一番それがいいとは思っていたがどれぐらいお金がかかるのかわからなかったので言えなかったようです。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
74話 … 7月13日(木) 万太郎(神木隆之介)が高知で採集してきた植物を共同研究させてほしいと頭を下げる大窪(今野浩喜)。万太郎は大窪がどのような経歴で植物学に来たのか、植物に興味がないと思っているのか。しかし、大窪が書いた文章は植物のことが好きでないと書けない文章だと万太郎は言います。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
75話 … 7月14日(金) 万太郎(神木隆之介)は、新種の植物を「ヤマトグサ」と名付けます。大窪(今野浩喜)と論文を書き上げ、ヤマトグサを載せた植物学雑誌が遂に完成。二人の発表は、日本で植物学が始まって以来の快挙となっりました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第16週「コウロギラン」のあらすじと感想

スクロールできます
76話 … 7月17日(月) 田邊(要潤)が発表の準備をしていたトガクシソウを、留学中の伊藤孝光(落合モトキ)が、突如イギリスの雑誌に発表しました。伊藤は祖父の代から新種と信じ研究してきて、田邊に取られたことが悔しく、田邊に仕返しの意味で論文を発表したのでした。これにより、田邊の名を冠した学名は幻となってしまいました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
77話 … 7月18日(火) つわりで食欲のない寿恵子(浜辺美波)。昨日の夜から何も食べていない寿恵子に何か食べさせたいと、万太郎(神木隆之介)が困っていて、長屋の人達に聞きに周ります。そこへ藤丸(前原瑞樹)がやってきました。藤丸の義理のお姉さんがつわりの時に良く食べていたというすすめで、揚げ芋を作ってくれました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
78話 …7月19日(水) 植物をめぐる競い合いに苦しんでいた藤丸(前原瑞樹)に、万太郎(神木隆之介)は、大学を辞めるのではなく、休学して、藤丸の特性がわかったからそこをどのように攻略していくのか、自分に合ったやり方を探してみてはどうかと伝えます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
79話 … 7月20日(木) 寿恵子(浜辺美波)に見送られ、万太郎(神木隆之介)と藤丸(前原瑞樹)は、植物採集とタキのお墓参りの旅へと出かけていきました。残された寿恵子は長屋で洗濯をしながら、早く産まれるかもしれないから万が一万太郎と連絡をとるにはどうすればいいのか、寿恵子に聞くと、その辺の草花に話しかければ伝わると寿恵子は言います。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
80話 … 7月21日(金) 寿恵子(波辺美波)は、万太郎(神木隆之介)から送られてくる植物標本を乾燥させる作業や、イチ(鶴田真由)から預かった内職をしながら、万太郎の帰りをお腹の子と待っていました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第17週「ムジナモ」のあらすじと感想

スクロールできます
81話 … 7月24日(月) 万太郎(神木隆之介)が植物採集の旅から帰ってきた日、寿恵子(浜辺美波)は無事に長女の園子を出産しました。新しい家族が増え、幸せな日々を送っていました。万太郎は植物の観察と同じように園子を観察し、寿恵子と園子が産まれた喜びを幸せを味わいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
82話 … 7月25日(火) 竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)の元に園子誕生の知らせが手紙で届き、二人はその手紙を一緒に見ます。万太郎が可愛すぎてその可愛さを伝えるべく、絵を描いて送りますが、これがまた上手ではなく、竹雄と綾は大笑いします。しかし、手と足裏の絵はとても上手で可愛らしさが伝わってきました。2人は大喜びします。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
83話 …7月26日(水) 楽しそうに植物採集をする万太郎(神木隆之介)を見た福治(池田鉄洋)は、ゆう(山谷花純)に万太郎は幸せすぎて怖いと思うことはないのかなと話し始めます。福治は幸せなことが続くと必ず不幸がやってくるから、身の丈に合わない望みは持たないようにしてきたのだと話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
84話 … 7月27日(木) 万太郎(神木隆之介)は水生植物「ムジナモ」を、植物学教室へ持っていきます。其処に徳永(田中哲司)、大窪(今野浩喜)たちが入ってきて、興味津々で見ていると、そこへ田邊(要潤)もやってきました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
85話 … 7月28日(金) ムジナモの開花から4か月―。徳永(田中哲司)はドイツへと旅立ち、大窪(今野浩喜)は助教授となっり教室をまとめていました。田邊(要潤)は、恩人である森有礼(橋本さとし)が文部大臣になったことで、女学校の校長に就任します。植物学教室のみんなも田邊を祝福します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第18週「ヒメスミレ」のあらすじと感想

スクロールできます
86話 … 7月31日(月) 万太郎(神木隆之介)の書いたムジナモの論文に激怒した田邊(要潤)は、大学の出入りを禁じます。大窪(今野浩喜)、波多野(前原滉)、藤丸(前原瑞樹)は、どうにか万太郎を許してほしいと論文を書き直すと謝罪し、懇願しますが、田邊は決して許そうとはしませんでした。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
87話 … 8月1日(火) 文部大臣・森有礼(橋本さとし)の号令のもと、東京大学の理学部は帝国大学理科大学と改められ、田邊(要潤)がその初代教頭に就任しました。一方、万太郎(神木隆之介)は、大窪(今野浩喜)の協力を得ながら、ムジナモ発見の論文を書き直し、全部刷り直します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
88話 …8月2日(水) 万太郎(神木隆之介)は、野田(田辺誠一)と里中(いとうせいこう)の元を訪れました。田邊(要潤)を怒らせてしまった経緯を話し、博物館で研究をさせてもらえないかと二人にお願いしました。しかし、大学と博物館は協力関係にあるため難しいと断られてしまいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
89話 … 8月3日(木) 万太郎(神木隆之介)は、自分のことを認めてくれるマキシモヴィッチ博士の元で研究をしようと、寿恵子(浜辺美波)と娘を連れてロシアへ行くことを決めます。そして、峰屋に渡航費の相談をしようと考えていた矢先、峰屋では腐造が起こってしまい、綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)は窮地に立たされていました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
90話 … 8月4日(金) 春、ヒメスミレが咲く頃―。長女・園子が天国へと旅立ちました。2歳になる前、熱を出して3日目で旅立ちました。寿恵子は泣きながら謝り、万太郎は園子のためにヒメスミレの絵を何枚も書きます。悲しみに暮れる万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)の元へまつ(牧瀬里穂)がやってきました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第19週「ヤッコソウ」のあらすじと感想

スクロールできます
91話 … 8月7日(月) 長女・園子を亡くした悲しみから、なかなか立ち直れない万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)。まつ(牧瀬里穂)、りん(安藤玉恵)、倉木夫婦(大東駿介・成海璃子)らも心配していて…。まつは大家さんに挨拶に行くというりんに香典をいただいて有り難う御座いましたと伝えてくださいといいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
92話 … 8月8日(火) まつ(牧瀬里穂)に支えられ、寿恵子(浜辺美波)は第二子を出産しました。万太郎(神木隆之介)、は、赤ちゃんの長寿を願い千歳と名付けます。千歳が産まれてひと月が経った頃、まつは何度も帰るのを惜しみながら、帰っていきました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
93話 …8月9日(水) 万太郎(神木隆之介)、寿恵子(浜辺美波)、竹雄(志尊淳)、綾(佐久間由衣)は久しぶりに再会し、いばらの道を行く万太郎を心配する竹雄でしたが、寿恵子と共に夢に向かう姿を見て安心します。一人で植物学をやり続けるという万太郎にもうお金は出せない。それでもやるのか?といい、万太郎は寿恵子のためにもやるといいます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
94話 … 8月10日(木) 卑劣な内容の新聞小説に胸騒ぎがした寿恵子(浜辺美波)は、田邊(要潤)の妻・聡子(中田青渚)の元へと向かいます。田邊家の周りはやじ馬だらけで、寿恵子は警察を呼んでくれていて、警察はやじ馬を避けてくれました。そんな中、駆けつけてくれた寿恵子に、聡子は心から感謝しました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
95話 … 8月11日(金) 珍しい植物を発見した万太郎(神木隆之介)は、寿恵子の元に帰りました。寿恵子は帰ってきた万太郎を笑顔で迎えます。万太郎は帰ってきて早速、研究を始めます。大学を出入り禁止になった万太郎は本が少ないと言って寿恵子にお金が欲しいと言って、お金を金貸しから借りて、外国の植物の本を揃えます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第20週「キレンゲショウマ」のあらすじと感想

スクロールできます
96話 … 8月14日(月) 虎鉄(寺田心)との出会いをきっかけに、万太郎(神木隆之介)の元には土佐の小学校教師たちから植物について尋ねる手紙が届くようになります。それから三年。長屋の人達も色々変わり、半分の人達が長屋を去ることになりました。みんなそれぞれ成長して生活のランクがあがり、引っ越して行きました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
97話 … 8月15日(火) 槙野家にやってきた借金取りの磯部(六平直政)。磯辺は万太郎(神木隆之介)の研究費で、借りた200円の返済期限が過ぎているから払ってくれと取り立てにやってきました。万太郎の研究費の借金は膨れ上がっていました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
98話 …8月16日(水) アメリカから帰国した佑一郎(中村蒼)が長屋を訪れ、万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)は無事の帰国を喜びます。佑一郎は、仕事は順調で自分の能力も認めてもらえ活躍できたと話します。しかし、働いている人たちの人種差別を目の当たりにしたと話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
99話 … 8月17日(木) 失意の底にいた田邊(要潤)。妻・聡子(中田青渚)に田邊が本当にやりたかったことにやっとやれる。今までやってきた政治に絡む仕事は休んで、自分のやりたかったことに戻ればいいのではないか。と背中を押され、植物の研究に本腰を入れるようになります。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
100話 … 8月18日(金) 田邊(要潤)は、今後は欧米の学者に頼らず日本人自らが学名を与え発表すると、西洋の植物学者たちに宣言することを発表しました。その宣言を機に、新種かもしれない花の研究に一層打ち込むようになります。田邊は大学でできる最適な方法で標本になるものを集めます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第21週「ノジギク」のあらすじと感想

スクロールできます
101話 … 8月21日(月) 大学を離れた田邊(要潤)は聡子(中田青渚)や子供たちと穏やかな日々を過ごしていました。田邊が大学を去って、子供たちと聡子と海に行けると喜んでいました。聡子は田邊の子を身ごもっていました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
102話 … 8月22日(火) 田邊(要潤)が亡くなったという知らせが新聞紙に書いてありました。驚きを隠せない万太郎(神木隆之介)、波多野(前原滉)、藤丸(前原瑞樹)。万太郎は田邊に大学に出入りさせてもらえたことの感謝の気持ちでいっぱいになりました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
103話 …8月23日(水) 寿恵子(浜辺美波)は、お金の相談をするため、料亭「巳佐登」にいる叔母・みえ(宮澤エマ)を訪ねました。寿恵子の顔をみたみえは、高藤(伊礼彼方)の一件で憤慨していて、頭ごなしに怒りました。しかし、内心は寿恵子のことをずっと心配していたことを寿恵子に話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
104話 … 8月24日(木) みえ(宮澤エマ)の料亭「巳佐登」に、岩崎弥之助(皆川猿時)や陸軍大佐の恩田(近藤公園)らがやってくる。人気芸者の菊千代(華優希)も呼ばれて大盛り上がり。岩崎は、大隈の家に行った時、大隈は菊に凝っていて、日本中から菊を集めているんだと話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
105話 … 8月25日(金) 寿恵子(浜辺美波)は植物採集へ出かける万太郎(神木隆之介)にキクを探してきてほしいとお願いします。そして迎えた“菊くらべ”当日。みえ(宮澤エマ)や菊千代(華優希)らが持ち寄ったキクを岩崎(皆川猿時)が品評します。華やかなキクが並ぶ中、最後に寿恵子が差し出したのは白くて小さな「ノジギク」。寿恵子は花の魅力を堂々と語り出ます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第22週「オーギョーチ」のあらすじと感想

スクロールできます
106話 … 8月28日(月) 徳永教授(田中哲司)に正式な助手として迎えられた万太郎(神木隆之介)は7年ぶりに植物学教室に戻ってきました。早速学生たちが標本作りをやっている姿を見て、万太郎は間違った名前をつけようとしている学生たちに名前が違うということを教えます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
107話 … 8月29日(火) 大窪(今野浩喜)は大学から非勤だと言われたと、まんたに当たります。しかし、万太郎と大窪は一緒に発表したヤマトグサのことを思い出し、大窪も植物が好きなんだということを思い出しました。大窪が大学を去り、細田(渋谷謙人)が助教授に就任しました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
108話 … 8月30日(水) 里中(いとうせいこう)や岩﨑(皆川猿時)からの推薦で、万太郎(神木隆之介)は学術研究員として台湾へ行くこととなりました。万太郎はなんで台湾に行かなければならないのかの意味をわからずに話されているので、どのように自分が動けばいいのか全くわかっていません。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
109話 … 8月31日(木) 万太郎(神木隆之介)が台湾に旅立った後、見たことのない青年が長屋を訪ねてきます。寿恵子は不思議がりながらもその少年に質問をし続けます。話をしていくうちに、なんとそれは、万太郎の書生となるため土佐から上京してきた虎鉄(濱田龍臣)でした。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
110話 … 9月1日(金) 台湾から戻った万太郎は、寿恵子(浜辺美波)や虎鉄と「オーギョーチ」を食べながら、台湾での出来事を話し始めます。万太郎は台湾の民族の人達に助けられ、その民族と話をしました。もちろん通訳を使って。民族の人達は、寿恵子が持たせてくれた「日本植物志図譜」を見て、喜んでくれました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第23週「ヤマモモ」のあらすじと感想

スクロールできます
111話 … 9月4日(月) 牛久(住田隆)が真打ちとなり、長屋を出ていく日。長屋の住人の前で寄席を始めようとしたその時、竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)が高知を引き払い東京へやってきました。竹雄と綾はそのまま牛久の寄席を聞き、楽しみます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
112話 … 9月5日(火) 竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)の屋台では土佐の味が食べられるとあって、万太郎(神木隆之介)と虎鉄(濱田龍臣)は大喜びします。箸休めに出された高知のヤマモモの甘露煮に寿恵子(浜辺美波)も感動すしました。ヤマモモは東京では採ることができず、生では食べられませんが、砂糖漬けにして、綾が持ってきました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
113話 … 9月6日(水) 大学に辞表を提出した野宮(亀田佳明)は、万太郎のお陰でここまでやってこれたと話してくれます。万太郎は間宮はここをする人ではないといいますが、間宮はやることはやれたといいます。野宮は東京を去る前に長屋を訪れ、生まれたばかりの千鶴を含む槙野家の肖像画を描きます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
114話 … 9月7日(木) 寿恵子(浜辺美波)は初めて渋谷に降り立ちました。着いた渋谷は当時、農村地帯が広がり、通りは汚く、人もみんな活気がなく、ダラダラと生きている感じでした。寿恵子はとりあえず教えてもらった空き家に行くことにします。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
115話 … 9月8日(金) 再度、渋谷へ向かった寿恵子(浜辺美波)。渋谷の町をより深く知るために、目についたものをメモにとっていきます。人々がなぜ弘法湯に朝から行くのか、行こうとしている人達に話を聞くと、身を清めてお参りに行くのだと話してくれます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第24週「ツチトリモチ」のあらすじと感想

スクロールできます
116話 … 9月11日(月) 日本全国の植物を載せた図鑑がまもなく完成しようとしていました。 しかし、未だに版元は見つからず、 万太郎 (神木 隆之介)は、 図鑑は本当に必要とされるのかと自信をなく していました。万太郎にお茶を持ってきた虎鉄 (濱田龍臣)にそれを話すと、虎鉄は、きっと何百年も残り続けるものになると励ますのでした。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
117話 … 9月12日(火) 寿恵子 (浜辺美波) が待合茶屋を、 竹雄 (志尊淳)と綾 (佐久間由衣) が屋台を始め5年の歳月が経ちました。 波多野が教授を務める、農科大学に通いながら、酵母菌の研究をしている藤丸 (前原瑞樹) は、 成果を竹雄と綾に話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
118話 … 9月13日(水) 熊楠から送られてきた標本の中には、120年に一度し か咲かないと言われているハチクの花の標本がありました。 ハチクが咲くと、すべての竹が枯れ始めるという言い伝えがあり、もう一つ言い伝えがあると万太郎は言います。それは何かが起きる時。そして翌年、日露戦争が勃発しました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
119話 … 9月14日(木) 徳永 (田中哲司) から、 国が推し進める神社合祀令に反対している熊楠に深入りするなと、くぎを刺された万太郎 (神木隆之介)。 万太郎が反抗しようとすると、徳永は寿恵子なやっている商売が水商売だといい、これ以上目立つなとさらに釘をさします。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
120話 … 9月15日(金) 逸馬 (宮野真守) が連れてきた資産家の永守 (中川大志)は 万太郎 (神木隆之介) の図鑑の出版や標本の保存に投資をしたいと申し出ました。なぜ永守がそこまでしてくれるのか不思議な万太郎は永守になぜなのか尋ねます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第25週「ムラサキカタバミ」のあらすじと感想

スクロールできます
121話 … 9月18日(月) 神社の森の植物を守るため、 国が推し進める神社合祀令を どうにか食い止めたいと考えた万太郎 (神木隆之介)は、 大学を辞め一植物学者として生きることを決意します。その決意を家族みんなに話し、万太郎は大学の職員の前に植物学者である。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
122話 … 9月19日(火) 万太郎 (神木隆之介) は徳永 (田中哲司) に森を守るために、神社を合併すれば森がなくなるということを訴えた記事を書き、それを明日から全国各所に送ると宣言します。徳永が辞めてくれと言う前に、万太郎は自分から辞表を提出しました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
123話 … 9月20日(水) 大正12年9月1日。 万太郎 (神木隆之介) の図鑑はつい に完成し、明日には印刷所に持っていく手配済みになっていました。万太郎は、 永守がいる神戸に旅立つためのお土産の準備を、寿恵子 (浜辺美波) と千歳 (遠藤さくら) は、いつものように昼食の準備をしていました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
124話 … 9月21日(木) 万太郎(神木隆之介)、 寿恵子 (浜辺美波)、 千歳(遠藤さ くら)、千鶴 (本田望結) は、 ようやく渋谷までたどり着きました。渋谷につくと隣のおじさんがおにぎりを作って食べさせてくれました。みんなお腹が空いていたのを思い出したかのように黙々と食べます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
125話 … 9月22日(金) 続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

朝ドラ「らんまん」第26週「スエコザサ」のあらすじと感想

スクロールできます
126話 … 9月18日(月) 寿恵子 (浜辺美波) は渋谷の店を売ったお金で、 東京郊外 の大泉村に土地を購入しました。 それは、万太郎 (神木隆之介) の夢と、 万 太郎の標本を守るためにです。万太郎は寿恵子に感謝します。寿恵子は今はただ何もない土地を見ながら未来を思い浮かべて欲しいと万太郎に言います。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
127話 … 9月19日(火) 千鶴(松坂慶子)は紀子(宮崎あおい)を万太郎の書斎に案内します。千鶴は万太郎の日記を紀子に差し出します。紀子は日記に向かって、はじめましてと挨拶をします。紀子が万太郎の日記を整理していると、千鶴がお昼を用意してくれました。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
128話 … 9月20日(水) 槙野家は、 寿恵子 (浜辺美波) が買った土地に屋敷を構えて、万太郎(神木隆之介)、 寿恵子、 千鶴 (本田望結) と幸せに暮らしていました。 ある日、 波多野 (前原)と藤丸(前原瑞樹) がやってきました。2人はいいところだね。と言いながら道中を眺めます。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
129話 … 9月21日(木) 理学博士の授与の式典が終わり、自宅に帰ってきた寿恵子 (浜辺美波) と万太郎 (神木隆之介)と千鶴(本田望結)。その3人を家族全員で出迎えます。千鶴は寿恵子の手を引いています。万太郎はみんなの前で寿恵子が原因も治療法もわからない病に侵されていて、治る見込みがないことを話します。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)
130話 … 9月22日(金) 北海道での公演の帰り、東北帝国大学から招きを受け、仙台に立ち寄っていました。そこで万太郎は見たことがない笹に出会います。
春、竹雄 (志尊淳) と綾 (佐久間由衣) が新酒「輝峰」を持って 槙野家にやってきました。 寿恵子 (浜辺美波)、 虎鉄 (濱田龍臣)、 千歳(遠藤さくら)、 千鶴 (本田望結) ら家族みんなで綾と竹雄の酒を味わいながら、 楽しい時間を過ごします。続きはこちらです!!(感想もあるよ^^)

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次