【ドラマ】准教授高槻彰良の推察【3話】ネタバレ「鬼伝説の怪」あらすじ-背中に傷が・・・

高槻教授の推察,高槻教授,ドラマ,ネタバレ,あらすじ,たかつきあきらの推察,3話,正体,背中,傷,鬼伝説の怪

この記事は、ドラマ「准教授 高槻彰良の推察」第3話のネタバレ(あらすじ)です。3話は「鬼伝説の怪」です。

高槻彰良(たかつきあきら)の背中に大きな傷があるのを見てしまった尚哉。彰良先生の秘密が徐々に明らかになってくるのか・・・

准教授・高槻彰良の推察【シーズン1】の無料見逃し配信について詳しく説明します。

准教授 高槻彰良の推察1話「コックリさんの怪」のあらすじ

准教授 高槻彰良の推察2話「藁人形の怪」のあらすじ

准教授 高槻彰良の推察4話「スタジオの幽霊の怪」のあらすじ

准教授高槻彰良の推察【5話】ネタバレ「呪われた部屋の怪」あらすじ

准教授高槻彰良の推察【6話】ネタバレ「図書館の呪いの怪」あらすじ

准教授高槻彰良の推察【7話】ネタバレ「四時四十四分の怪」あらすじ

准教授・高槻彰良の推察【8話】ネタバレ「死者の祭りの怪」あらすじ

目次

【ドラマ】准教授高槻彰良の推察3話ネタバレ「鬼伝説の怪」あらすじ-背中に傷が

洞窟の中、鬼の祠(ほこら)
「全部、鬼のせいだ。鬼がいるからいけないんだ…絶対に許さない!」と男性の声が呟きながら鬼が祀られている祠を開けて、何かをしようとしたら、悲鳴とともにカメラが下に落ちて、そこで撮影終了になってしまっている動画からのスタート。

青和大学

講義が終わって教室を出ようとした尚哉(神宮寺勇太)にいつも尚哉の苗字を間違える難波要一(須賀健太)が、連休に一緒に旅行に行こうと誘って来た。コミュニケーションが苦手な尚哉は、連休はちょっと…と言って、例のごとく断るのだった。
続いて、お母さんからも「連休帰ってくるの?」とメールが来るも、以前、母親が自分に言った「お母さん、尚哉がいないと寂しくて」の声が歪んでいた事を思い出し、“悪いけど都合合わない。ごめん”と打った。

すると、その後すぐに高槻彰良先生から“今度の連休、バイトしない?”とメールが入った。

スポンサーリンク

高槻彰良先生の研究室

尚哉は、MyTUBEという動画共有サイトで、洞窟の中で鬼の祠(ほこら)を破壊しようとして、男性の悲鳴とともにカメラが落ちて途切れてしまった動画を見ていた。

動画は、“この動画は、洞窟で見つかったカメラに残された映像を編集したものである”というテロップで終わった。

何のことはない、彰良先生(伊野尾慧)は、この動画を尚哉に見せ、声が歪んでないか尚哉に調べさせたのだ。

彰良先生のサイト「隣のハナシ」にこの投稿者不明の動画のせいで問い合わせが殺到して困ってると、酒井集落の役場から、彰良先生に相談があったのだ。そこは昔、村を襲った鬼を退治したという伝承がある集落だ。

おにはおぬが転じたもので、本来は見えないもの、この世にあらざる者を指すのだと、彰良先生は尚哉に説明した。

「この動画の声が歪まないということは、 酒井集落に本当に鬼がいるのかもしれない。いやぁ~心弾むね!」と、相変わらず怪異を楽しむ彰良先生。

そして、いきなり「道案内を頼む」と、助手の尚哉に 酒井集落 への同行を先生は依頼した。

結局、彰良先生、生方瑠衣子(岡田結実)、尚哉の3人で酒井集落にやって来た。何でも、彰良先生の方向音痴ぶりが酷いのは、完全記憶能力のせいで、一度に入って来る情報が多すぎて、簡素化された地図と目に見たものが照合できないのだと 瑠衣子は尚哉に説明した。

しかし、一度歩いた場所なら憶えているから大丈夫なのだと彰良先生は言うのだ。それにしても、この酒井集落、周辺は山に囲まれた自然豊かな古き良き日本を思わせる素敵な場所だ。最初は尚哉も渋ってはいたものの、来れて良かったと実感していた。

“癒しと潤いの里 酒井にようこそ”とプリントしたシャツを着た酒井村役場の観光課の職員・山村肇(冨田佳輔)の案内で3人は村の名所を見て回ることになった。すると、家々の玄関に吊るされた、藁に包まれた豆に興味を示した彰良先生に、この集落では、節分に豆をまくのではなく、北東の方角に吊るすのが伝統なのだ山村が説明してくれた。

しかし、集落の中で5件ほど、豆が食い散らされている家があり、その近くには鬼の足跡らしきものも残っていたと言い、その熊の足跡を山村は3人に見せた。

次に彰良先生一行は、動画に映っていた祠に案内をしてもらうことにした。そこで、山村はここには若い人がほとんど残っていなくて、「誰もこんな辺鄙なところ、住みたいと思いませんよ」と言ったが、尚哉には声が歪んで聞こえていた。

すると、洞窟の奥から難波要一(須賀健太)たちが「キャー!!」という悲鳴とともに「がい骨を見た」と、高槻彰良先生一行の所へ逃げ出て来た。

来てたのかよ(笑)

見ると、祠に安置されていた布に包まれたがい骨が祠ごと倒れて、地面に落ちているではないか!骨の額に穴が開いていたので、穴の部分が鬼の角だと言って山村はその骨が鬼の骨だと言ったが、彰良先生が調べた結果、どうやら人骨らしいことが分かった。

人骨であることが分かったので、すぐに警察に連絡することになり、集落周辺はたちまち物々しい雰囲気になってしまった。

スポンサーリンク

洞窟の中

洞窟の中で彰良先生と山村が話をしていると、そこへ漁師のような恰好をして猟銃をもった老人・鬼頭(久保酎吉)と鬼頭の息子の妻・実和子(奥村佳恵)が子どもを抱いてやってきた。老人は鬼神さまに何をするか!?と激怒している。

彰良先生はすかさず鬼の祠の伝承について、詳しく聞きたいと鬼頭に詰め寄ったが、よそ者に話すことなどないと言って、鬼頭は帰ってしまった。

しかし、実和子は「私で良ければ鬼神さまのことをお話します。」と申し出てくれた。

スポンサーリンク

鬼頭家

実和子が子どもを寝かしつけている間に、山村は鬼頭家のことについて彰良先生たちにこう耳打ちして。「鬼頭の家は昔、金貸しをしていて、年配の人の中には“人食い”と言う人もいたくらいです。」しかし、今は畑で取れる野菜を売ったり、東京にいる息子の仕送りで凌いでいるという。昨年、鬼頭さんの奥さんが亡くなって、足の悪いお義父さんが心配で子どもを連れて
ここに移り住んできたという家庭事情も話してくれた。

彰良先生はおもむろに置いてある息子の正臣と父の鬼頭が映っている写真を手に取って、じっとその写真を見ていた。

そこへ、子どもを寝かしつけた実和子が来て、鬼神さまの話を始めた。昔、ここが酒井ではなく境村と呼ばれていた頃、額に大きな角が1本生えた鬼が村を襲いました。先祖がその鬼をこの家に招き入れ、酒とご馳走で歓待した。鬼が酔って寝たところを石うすで角を折って弱らせ、首をはねて鬼を殺したのだと言う。ちょうどその時、大きな地震があり、地割れによってあの洞窟が現れた。ご先祖様は、洞窟の中に祠を立ててその中に鬼の首を祀り、自分は「鬼頭」という姓を名乗り、末代までその祠を守り続けると鬼に誓った。

鬼神さまを祠に祀ってからは、鬼頭家はやることなす事すべてがうまく行った。その財産を村人に貸し与えたお蔭で、村が豊かになったと言われる。

すると、彰良先生が「この家を人食いの家」と呼ぶ人もいたそうだが、それはなぜかを聞くと、義父は金貸しをしていた時代に金を返せない村人の恨みを買ったのだろうと言っていたと実和子は説明してくれた。

スポンサーリンク

彰良先生と山村

いい話が聞けたと満足気な彰良先生に対して、山村は豆の被害の調査を警察にしてもらおうとそればかりだ。

しかし、彰良先生は豆を引きちぎったのは鬼じゃなくて人間だと推察した。豆を食べる鬼もいることはいるが、鬼は尖った葉が目を潰す柊がだめだという。豆を引きちぎられた家には柊があり、そのすぐ側に(鬼のものだとされる)足跡があった。「怪異を演出するにしても、もう少し鬼について勉強すべきでしたね。」と彰良先生は山村に言うと、うっかり山村は「私だってしっかり調べて…」と言ってしまった。

彰良先生は続けた。さっき山村が「こんな村なんて誰も住みたがらない」と言ったのは嘘で、本当はこの村が大好きで、この村が大好きで人を呼ぶためにこの騒ぎを起こしたのではと言い当ててしまった。

あと10年もすればこの村は無くなってしまう。そんな時、あの動画を見て思いついたのだと山村は謝った。

しかし、あの動画を上げたのは山村じゃなかった。事件解決と思いきや、動画の謎だけが残ってしまった。

スポンサーリンク

鬼頭家


瑠衣子と尚哉が後片付けをしていると、実和子が来た。「こんなきれいな奥さんがいたら、旦那さん、しょっちゅう帰ってくるんじゃないですか?」と瑠衣子が聞くと、実和子は「仕事が忙しいとかで、今年に入ってまだ一度も帰って来ていません。」と答えたが、その声が尚哉には歪んで聞こえた。

そこへ彰良先生が来て、実和子に正臣の連絡先を教えてもらった。彰良先生は、あの動画を撮ったのは小さい時に鬼を見たことがあると言っていた正臣ではないかと推測したのだ。

スポンサーリンク

研究室

正臣の元には瑠衣子が向かっていた。

彰良先生と尚哉がくつろいでいると、そこへ骨の鑑定結果の報告がてらコーヒーを飲みに来たと言って佐々倉健司(吉沢悠)がやって来た。すると健司に対して、尚哉は「刑事って暇なんですか?」と鋭い一言を発し、一瞬場が凍り付いた(笑)

ともあれ、鑑識で調べた結果、あの骨はやっぱり人骨だったようだ。

しかし、死後200年以上で江戸時代のがい骨らしいという結果が出たと健司。鈍器のような殴られた跡が残っているとか。江戸時代のものだから警察は何もできないので、そのまま村に返すことになった。

と、彰良先生の携帯に瑠衣子から、正臣の会社へ行ったが不在でドアに鍵が掛かっていたと電話があった。ビルのオーナーが言うにはどうやら破産寸前だったようで、1カ月前から消息不明だということも分かった。

尚哉も、実和子がした正臣の話で「今年にはいってからまだ正臣は一度も帰って来ていません。」の言葉が歪んでいたことを彰良先生に伝えると、彰良先生は酒井集落の時の記憶を辿り、正臣に会うなら、もう一度、酒井集落に行った方が良いと判断し再び酒井に行くことになった。

スポンサーリンク

佐々倉古書店

彰良先生と尚哉は佐々倉古書店店主の佐々倉花江(和泉ちぬ)にお弁当を作ってもらい、健司(吉沢悠)の運転で酒井集落へ向かった。

尚哉はまたしても健司に向かって「刑事ってやっぱり暇なんですか?」と大胆な質問をぶっ放した(笑)「担当した事件が起訴まで行ったんで、有給を消化しろと上司に言われた」と健司は憮然として答えた。

酒井集落

彰良先生はハシゴを洞窟の中の岩肌にかけて、上に登ろうとしたが、いきなりカラスが頭上を飛び立ち、驚いて目が青く光り、ハシゴごと倒れてしまい、尚哉も彰良先生を受け止めようとして、2人一緒に地面に叩きつけられてしまった。

頭を強く打った尚哉だったが、なんとか起き上がり、気を失っている彰良先生を背負って洞窟から必死の思いで脱出した。そこへ、電話から戻った健司が驚いて駆け寄り、彰良先生を背負おうとした時、彰良先生の汗をかいたシャツから、背中に2つ縦に伸びた傷跡のようなものが浮かんでいて、それを見た尚哉は驚愕した。健司は急いで彰良の背中に自分の着ていたジャケットをかけてそれを隠した。健司は彰良先生の秘密を知っているようだ。

するとそこへ、鬼頭(久保酎吉)が「そこで何をしているんだ!!」と走って来た。尚哉が彰良が岩から落ちたと説明すると、「家へ運べ!」と鬼頭は2人に命じた。

スポンサーリンク

鬼頭家

自分が銃を撃ったのが原因だから、泊まって行けと言われて、3人は鬼頭家に泊まることになった。まだ気を失って寝ている彰良先生の側で、尚哉がこういう事は良くあるのかと彰良先生のことを健司に尋ねた。あの背中の傷のことも・・・。

「お前それを聞いてどうするんだ。世の中には単なる好奇心で聞いて良いこととそうじゃない事がある事があることくらいわかるよな?止めておけ。聞いても面白い話じゃない。お前が見たことも誰にも言うな。」と、厳しい表情で健司は尚哉に釘を刺した。

目が覚めた彰良先生は尚哉に謝って、瑠衣子からのメールを尚哉に見せた。

正臣さん、酒井集落の鬼伝説をモチーフにしてスマホゲームを開発したみたいです。それさえ売れれば会社も持ち直すと。だからゲームの宣伝になるようにいろいろやってたみたいです。

残念だけどそう簡単に本物の怪異には出会えないみたいだ。,

彰良先生は鬼頭に祠に、祀ってあった鬼神さまの正体が何かを質問すると、鬼頭は「鬼神さまは鬼神さまだ」と断言した。

「ろくぶですね?」

ろくぶとは巡礼の僧侶のことで、ろくぶは全国を回るために路銀を持っていた。ろくぶをもてなし、隙を見て殺害し金品を奪う。ろくぶ殺しというのは昔話の類型の1つだと、彰良先生が尚哉に説明を始めた。

「集落の外からやって来る者はよそ者。村に災いをもたらす者。つまり鬼。だから殺しても良い。鬼頭家はその財産で村を救っていたにも関わらず、「人食い」と忌み嫌われていたのは、よそ者殺しを請け負っていたからではないですか?」

「洞窟の入り口にあった無数の塚は殺された人たちの供養のために建てられた物ですね。」と彰良先生は、自分が経った推察をスラスラと鬼頭に話した。

すると、ついに鬼頭は口を開いた。

「昔、日照りで村が困窮した頃のことだ。200年以上も前のね。今さら罪を問われる者も、問う者もおりゃせん。」

確かに遠い昔の話だが、その塚の中に1つだけ、真新しい建てられたばかりの塚があった。

そこへ、洞窟の岩に引っかかっていたメガネを取りに行っていた健司が現れ、それを彰良先生に渡すと、彰良先生は鬼頭に「これは正臣さんの眼鏡ですよね」と鬼頭に見せるのだった。

どこにでもあるメガネだが、片方のフレームの外側の部分が無くなっていて、写真に写った正臣のメガネも同じところが無くなっていた。

岩肌にメガネが引っかかっているのが分かったのは、彰良先生が酒井集落で見たものの記憶を巻き戻して思い出したからだ。

つまり、洞窟の上の裂け目から正臣が洞窟の地面に落ちた時にメガネだけが岩に引っかかってしまったのだと、彰良先生は考えた。

「塚の下に眠っているのは正臣さんですね」彰良先生は鬼頭にズバリ言った。

影から聞いていた実和子が「お義父さん、今の話・・・」と言うと、鬼頭は急いで猟銃を取り、銃口を自分の喉ぼとけに向け、「私が正臣を殺したんだ」と告白した。

だが、その言葉は尚哉には歪んで聞こえた。

そして、まさに鬼頭が猟銃の引き金を引こうとしたその時、「うそだ。あなたは正臣さんを殺してなんていない。あなたは
死ぬ必要なんてないんだ!」と尚哉は叫んだ。

正臣は自分で足を滑らせて亡くなったのでは?と彰良先生。洞窟の上を見ても何の痕跡もなかった。足の不自由な鬼頭が使ってる杖の跡も。鬼頭はあの場所には行っていないから、正臣を突き落として殺す事もできないと諭すように鬼頭に言った。

正臣は自分が開発したゲームの宣伝のためにあの場所から動画を撮ろうしたが、誤って転落してしまった。そこへ鬼神さまを拝みにきた鬼頭が亡くなった息子・正臣を発見した。すぐに警察に連絡したこともできたが、実和子が悲しむと思い、実和子には正臣が死んだことを言わなかったのだ。

鬼頭は、一度、正臣が鬼頭家にやって来た時に「お前はもうよそ者だ」と言って追い帰したから、正臣が死んでしまったと思い込んでいるようだ。

一方、お義父さんを追い込んでしまったのは自分だと思い詰める実和子。

そんな2人に彰良先生はこう言うのだった。「どんなに悲しい真実でも目を背けたらダメだ。そうしないと、自分で自分を呪い続けることになりますよ。

スポンサーリンク

佐々倉古書店

お茶を飲む彰良先生と尚哉。
そこへ健司が来て、彰良の推測通り例の塚の下から正臣の遺体は見つかったという。

そして、やはりあの動画は、ゲームの宣伝のための作り物のフェイクだろうと彰良先生は尚哉に説明した。

正臣は鬼頭を東京へ連れて来ようとしていたそうだ。だが、鬼頭は鬼神さまを理由に拒み続けていた。先祖が犯した過去の罪は200年も前だが、鬼頭たちを縛り続けていたのだ。「鬼への復讐」というのも、正臣にとっては案外本心だったのではないか?

真実を導き出せたのはすべて尚哉の嘘が分かる能力のお蔭だと言い、「今回の深町くんはカッコ良かったよ、ありがとう!」と尚哉に言うと、尚哉は照れながら、まんざらでもなさそうな表情を浮かべるのだった。

しかし、尚哉は自分の部屋に帰ると、急に頭痛が襲って来て、その場で倒れてしまった!!

こんな独白を残して・・・


今思えば、俺は少し調子に乗っていた。こんな自分でもうまくやって行けるんじゃないかって。だから、これはきっとバチが当たったんだ。

ドラマ「准教授 高槻彰良の推察 【シーズン1】 」を見逃してしまったという方は、FOD無料トライアルを利用してタダでイッキ見しちゃいましょう!!

\ 今なら2週間無料トライアル! /

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

准教授 高槻彰良の推察 【シーズン1】 」 の無料期間を利用したFODプレミアムの視聴方法・登録方法・解約方法を知りたい人はこちらの記事が参考になります↓

准教授・高槻彰良の推察【シーズン1】の無料見逃し配信について詳しく説明します。

准教授 高槻彰良の推察1話「コックリさんの怪」のあらすじ

准教授 高槻彰良の推察2話「藁人形の怪」のあらすじ

准教授 高槻彰良の推察4話「スタジオの幽霊の怪」のあらすじ

准教授高槻彰良の推察【5話】ネタバレ「呪われた部屋の怪」

准教授高槻彰良の推察【6話】ネタバレ「図書館の呪いの怪」あらすじ

准教授高槻彰良の推察【7話】ネタバレ「四時四十四分の怪」あらすじ

准教授・高槻彰良の推察【8話】ネタバレ「死者の祭りの怪」あらすじ

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

高槻教授の推察,高槻教授,ドラマ,ネタバレ,あらすじ,たかつきあきらの推察,3話,正体,背中,傷,鬼伝説の怪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる