悠仁さまの偏差値50は嘘だった?筑波大附属高校受験で成績優秀が証明された!?

悠仁さま,偏差値,50,筑附,お茶の水,評判,高校,嘘,学習院

悠仁さまが、今日2022年2月13日(日)筑波大附属高校の一般受験をされたらしいです。

悠仁さまとは言わずと知れた、皇族の秋篠宮家の長男で、皇位継承順位2位のあの方です。

筑波大附属高校の偏差値が78なので、悠仁さまの偏差値は78以上なのかと思いきや、世間の評判では、どうも偏差値が50もないという噂がまことしやかに流れていました。

しかし、ここへきて悠仁さまは筑波大附属高校を一般受験されました。

記事では、悠仁さまの中学での偏差値が50ほどだという噂やお茶の水大付属中学校での悠仁さまの評判なども参考にしながら、“皇室特権“や、“特別待遇“の有無など考えてみましょう。

はたして、悠仁さまの偏差値は本当に50ほどなのか?それとも、筑附を受験するくらいだから、78以上あるのか?

目次


スポンサーリンク

悠仁さまの偏差値50は本当?

本当のところは知りませんんが、悠仁さまの中学での偏差値は50ほどではないかという噂が後を絶ちません。

ネットでもそういう声が上がっているので、見てみましょう。

今悠仁さまが通っているお茶の水女子大附属中学校の偏差値が、

男子 53 女子 72

と、されています。

まあ、悠仁さまがお茶の水大付属の幼稚園に入られたのが、当時お茶の水女子大の研究活動に取り組まれていた紀子さまのご縁で入園したということなので、そのまま中学校までエスカレーターで進学されたということなので、悠仁さまの偏差値は53だと決まったわけではありません。

なので、事実は誰にもわからないというのが本当のことだと思います。どうなんでしょうね?

それでは、悠仁さまの今通っているお茶の水女子大付属中学校での、悠仁さまの評判を調査してみましょう。

スポンサーリンク


お茶の水大付属中学校での悠仁さまの評判

実は悠仁さまは、中学2年まではそこまで成績優秀ではなかったのに、中学3年生になって突然、成績が急上昇したようなんです。一学期の成績はほぼオール5だったそうです。

お茶の水中の保護者

お茶の水中学の保護者の間では、こんな噂が広がっているそうです。

中学3年生と言えば、高校進学を考える年。

そこで、悠仁さまの東大進学を猛プッシュしている紀子さまが、悠仁さまを筑波大附属高内部進学させたいがために校長に直談判したという噂まで流れているんです。

また、悠仁さまの宿題を悠仁さまの身辺警護をする職員が代行しているとの評判も保護者の間で評判になっているそうです。

かずよ

成績を上げるためにお母さまの紀子さまも必死ということでしょうか?

そう言えば、お茶の水中から筑波大附属高内部進学なんてことができるのでしょうか? こちらも何か掟破りの制度を無理くり作ったということも週刊誌などでは取りざたされていますよね?

スポンサーリンク


お茶の水中学から筑附に無試験で入学できる“提携校制度”

『お茶の水』は高校から女子校になるため、本来ならば男子生徒別の高校進学する必要がありました。

しかし、悠仁さまが小学5年生になられた’17年4月に、お茶の水女子大筑波大の間で『提携校制度』が設けられました。

しかも、これが制度の発足から5年間限定。ちょうど悠仁さまが高校進学されるまでの期間ということで、どう考えても不可思議な制度なんです。

まるで、悠仁さまのためだけに作られたと取られてもおかしくないような・・・

だから、この制度を利用すれば一般受験を受けずに、書類審査面接などによって若干名がこの2つの大学の附属高校に“交換入学”できるというわけです。

だから、もし、悠仁さまが筑波大付属高校に入学しようと思えば、必ずしも受験する必要がなくなったということですよね?

しかし、これには、お茶の水女子大付属中学内部や世間で猛反発があったようです。

それでなくても、秋篠宮家は眞子さん小室さんのことやなんやらで、世間の批判が凄まじい中、悠仁さまの高校進学まで「提携校進学制度」を利用などしようものなら、“皇室特権“や、“特別待遇“などと言われかねません。

だからというわけではないのでしょうが、悠仁さまは、『提携校制度』を利用することなく、筑波大付属高校を一般受験されました。

スポンサーリンク


悠仁さまは筑附を一般受験された

筑波大学附属高等学校は偏差値78で本当にトップ中のトップの生徒が通うべき高校です。

悠仁さまが中学までにそれほどの成績を収めて、お茶の水中でも突き抜けるほどの学力があるからこそ、この一般の高校受験に挑んだのだとすれば、これはこれで文句なく素晴らしいことだと思います。

皇室ジャーナリストの渡邊みどりさんも言います。

悠仁さまは将来、天皇になる方です。たとえどんなコネを使ってでも、この学校に入って、学ぶべきです。勉強ができるだけではなく、頭がよくて人間的にも魅力のある生徒が多い学校。ボート部があったり、運動部活動も盛んでした。派手さはないけれど、わたしたち東京育ちにとっては、本物の名門校という印象。悠仁さまは、この学校で『一生お付き合いできる友人』を作るべきです。ご学友なら学習院で、という声も聞こえますが、今の学習院にその力があるでしょうか。

引用元:FRIDAYデジタル

一般の学生と混じって、みんなと同じ試験会場で受験された悠仁さま。これを見る限り、世間で言われていたような、悠仁さまの偏差値は50ほどではないのか?無理に入っても、周りの生徒についていけないのではないか?という懸念も無駄な心配になるかもしれませんね。

もし、これで、悠仁さまが筑波大付属高校に合格されれば、悠仁さまの偏差値は78以上あったということが証明されるわけですよね。

これについては、世間の人たちは何と言っているのでしょうか、こちらも見ていきましょう。

スポンサーリンク


悠仁さまが筑波大付属高校を受験したことについてネットの評判

「これは、形だけの受験で完全に出来レース。」「併願校を受けないなんて、正気の沙汰じゃない。だから、茶番劇と言われるんだ。」「親や周りのごり押しで受けさせられているなら可哀そう。」「さんざん報道規制してたくせに悠仁さまの受験のニュースは「秋篠宮家も容認」とは、「皇室特権」じゃないというアピールに見える。」などなど、かなり手厳しい意見が割と多いように見えました。

しかし、中には、「この寒い中、1人で歩いて試験会場に向かうなんて、思っていたよりすごい方。」という感想も。

スポンサーリンク


まとめ

以上が、悠仁さまの偏差値50は嘘だった?筑波大附属高校受験で成績優秀が証明された!?でした。

悠仁さまの学力は、今回の受験で証明されるのか否かは、合否が決まってからではないでしょうか。

でも、もし、合格したとしても、やはり、「ただ見せかけだけの受験だったのでは?」という意見はどうしたって消えないのかもしれませんね。

私は、この寒空の下、学生服を着て一人受験会場に向かう悠仁さまを見たら、もう、出来レースだろうが何だろうが、どうでもいいではないかと思ってしまいました。

他の学生と一緒に受験をする姿は、なんとも健気でもうそれだけで応援したくなってしまいました。

created by Rinker
¥1,100 (2022/12/10 06:56:50時点 Amazon調べ-詳細)

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

悠仁さま,偏差値,50,筑附,お茶の水,評判,高校,嘘,学習院

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次