眞子さんが小室さんと離婚したら苗字=姓は無くなる?皇室にまた戻れるのかを調査!

眞子,離婚,苗字,小室圭,秋篠宮,皇室,結婚,再婚

もしも、小室圭さんと結婚した眞子さんが、“ 思ってたんとちゃう!!”という事で、離婚したら、苗字が“小室”からどうなるのかについて考えていきたいと思います。

2021年10月26日(火)午前10:00頃。皇室の秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの婚姻届けが受理されたと宮内庁が発表しました。

眞子さまは、その瞬間から皇籍を離脱して小室眞子さんになり、一般の人となったわけです。眞子さんは「小室」姓を持ったわけですが、もしも、小室さんと離婚したら、眞子さんの苗字はなくなってしまうのでしょうか?

気になる人はぜひ、最後までお読みください。

目次

眞子さんは離婚したら小室姓=苗字はどうなる?

女性皇族が結婚することを“降嫁”すると言います。

しかし、一旦、女性皇族が一般の男性と結婚して、いざ離婚をしたいと思った時に、果たして離婚はできるのでしょうか?

それは、もちろん離婚できます。では、離婚した場合、一度ついた相手方の「苗字」はどうなるのでしょうか?

一度離れた皇室にまた戻ることは出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

眞子さんが離婚したら苗字はどうなる?

もともと、皇族であった眞子さまは一般の人たちが有する「姓=苗字」は持っていません。ただ、「秋篠宮」というのは苗字ではなく、宮号です。

学校などでは、便宜上、「秋篠宮眞子」などと呼ぶこともありますが、正式には、「秋篠宮家のご長女・眞子さま」となります。

なので、一度、結婚して“降嫁”され、相手方の姓=苗字を持った眞子さまが、もしも、離婚されても、再び、「秋篠宮家のご長女・眞子さま」に戻ることはできないのです。

しかし、法律上、離婚しても元夫の苗字を名乗ることもできるのですが、心情的に「元夫の苗字を名乗りたい」とは思わないでしょう。

スポンサーリンク

養子になったり再婚すれば苗字は変えられる

そうした場合は、信頼できるご親戚、例えば、紀子様のご実家の「川嶋」家のなどの養子になって、その家の苗字になるか、再婚するなどの方法で、姓=苗字を持つなどする方法があります。

どちらにせよ、また皇室に戻ることは不可能で、一般の人たちの中で生活する以外方法はないようです。

では、眞子さんは離婚できるのか?離婚したら苗字はどうなるのか?と考えるきっかけになった、結婚までの苦難の連続の経緯を振り返ってまとめにかえさせていただきます。

スポンサーリンク

眞子さまと小室圭さんの結婚までの経緯

眞子さまと小室圭さんは2017年9月に婚約が内定し、2人揃って婚約内定の会見を開きました。

2人は同じ基督教大学の同級生として出会い、それから約5年の交際を実らせ、小室圭さんからのプロポーズしてそれを眞子さまが受ける形で結婚の約束をしたのです。

この婚約内定会見からスムーズにいけば、翌2018年3月には、一般の「結納」にあたる「納采の儀」が行われ、その年の11月に帝国ホテルで結婚式が開かれる予定でした。

しかし、婚約内定をしてからわずか3カ月の12月に小室圭さんの母親と元婚約者の男性の金銭トラブルが週刊誌で報道されたため、宮内庁は2018年2月に、小室圭さんと眞子さまの結婚を2020年に延期することを発表しました。

だが、2018年8月から、小室圭さんが突如として、アメリカ・ニューヨークのフォーダム大学のロースクールへと留学してしまいました。

これをきっかけに、国民からの激しい批判が相次ぎ、日を追うごとに小室親子に対する批判と2人の結婚に反対する声が増大していきました。

この事態を受け、秋篠宮さまからは、2018年11月の秋篠宮さまのお誕生日会見で「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、納采の儀を行うことはできません。」とご自身の意見を公表しました。

つまりこれは、秋篠宮さまから小室親子への“公的な”課題であると見られていました。

しかし、ニューヨークに留学している圭さんからは、この元婚約者からの400万円もの借金の返済に関して、「解決済みの事柄と理解」ということを28枚もの文書にまとめて発表するも、却ってこれが、元婚約者への非礼に当たるとして、国民が一斉に炎上するという大変な事態が起こってしまいました。

この世の中の様子を見た秋篠宮さまは、2019年11月のお誕生日会見で、結婚の延期からもうすぐ2年が経とうとしているのを前に「何らかのことは発表する必要がある」と言及しました。

しかし、小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者の男性との間の金銭トラブルは目に見える形での解決が進みませんでした。

明けて2020年11月30日。55歳の誕生日を迎えた秋篠宮さまは、眞子さまの結婚を初めて「認める」と発言しました。

結婚は両性の合意のみに基づいて、それは尊重すべきものだと考えてはいるが、まだ決して多くの人が納得し喜んでくれ
ている状況ではない
という風に思っています。

そういう状況なので、結婚は認めるけれど、納采の儀や結婚式など結婚に関する一連の儀式はせず、加えて、眞子さまは一時金の辞退を申し出て、それが受け入れられました。

そして、2021年10月26日(火)小室圭さんと眞子さまは、婚姻届けを提出し、結婚の会見を開きました。

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

眞子,離婚,苗字,小室圭,秋篠宮,皇室,結婚,再婚

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる