「カムカムエヴリバディ」の時代設定ヒロイン(主人公)の年齢など年表まとめ

カムカムエヴリバディ,NHK,朝ドラ,時代設定,ヒロイン,主人公,年齢,年表

2021年度後期 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」は、3人のヒロイン(主人公)がそれぞれの時代で演じる100年間の物語です。

この記事では、「カムカムエヴリバディ」の時代設定、3人のヒロイン(主人公)の年齢・時代設定・簡単な年表などをまとめます。

目次

3人のヒロイン(主人公)の時代設定

時代設定は昭和・平成・令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代に渡ります。

物語の舞台は、京都・岡山・大阪で、ヒロインたちがそれぞれの地で、いろいろな人と関わり合いながら、懸命に生きて行く物語です。

1925年(大正14年)生まれの1代目ヒロイン(主人公)

祖母・橘 安子(たちばな やすこ)。戦争で夫と死別。娘を残しアメリカへ行かざるを得なかった安子。

1代目のヒロインが生まれた1925年(大正14年)は、日本でラジオ放送が始まった日でもあります。

岡山市内にある和菓子屋「たちばな」の長女として生まれた安子(上白石萌音)は、あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子。

温かい家庭の中、すくすくと成長した安子でしたが、戦争が迫りさまざまな困難や試練が安子に襲い掛かります。しかし、ラジオ放送開始からまもなく始まったラジオ英語講座に出会った安子は英語を学び始め、未来を切り開いていくのです。

スポンサーリンク

昭和37年の大阪から始まる2代目ヒロイン(主人公)の物語

母・るい(深津絵里)。親と英語を憎むも、ジャズソングによって自分の人生を切り開いたるい。

昭和37年大阪から始まるのが、2代目ヒロイン・るいの物語です。安子(上白石萌音)の娘として生まれたるい(深津絵里)は、“自分らしく自由に生きていきたい“と思い、岡山を飛び出し大阪へ。クリーニング店に住み込みで働く中でジャズと出会い、周りを取り巻くキャラの濃い人たちの中でるいの物語を紡ぎます。

1960年代の日本は高度成経済成長期の真っただ中。「昨日より今日、今日より明日」そう信じてみんなが前に向かって懸命に生きていた時代です。勢いのある個性豊かな魅力的な人たちに囲まれて、るいは一途に突き進んでいきます。

スポンサーリンク

昭和40年代の京都から始まる3代目ヒロイン(主人公)の物語

娘・ひなた(川栄李奈)。時代劇の世界に憧れつつ、回り道の末、ラジオ英語講座に自分の居場所を見つけていくひなた。

スポンサーリンク

3人のヒロイン(主人公)の年表、年齢

1925年(大正14年)=橘 安子(たちばな やすこ)誕生 日本でラジオ放送が始まった日

今の所、情報はここまでですので、この先分かり次第、その都度追記していきますのでお待ちください。

スポンサーリンク

まとめ

こんなに長きに渡って描かれる連続テレビ小説は史上初だそうです。

3人のそれぞれの時代にどんな事があって、どうやって成長していくのか楽しみですね!

「おかえりモネ」も含めてNHK朝ドラの見逃し回を無料で見る方法はこちらです↓

あわせて読みたい
見逃し『おかえりモネ』の公式無料動画が視聴できる配信サイト!永瀬廉・出演ドラマ!全話あらすじと感想も!
見逃し『おかえりモネ』の公式無料動画が視聴できる配信サイト!永瀬廉・出演ドラマ!全話あらすじと感想も!本日から「 #おかえりモネ 」公式Twitterがスタート!ヒロイン永浦百音を演じる #清原果耶 さんと、百音の同級生からメッセージが届きました!撮影の様子やエピソードを...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

カムカムエヴリバディ,NHK,朝ドラ,時代設定,ヒロイン,主人公,年齢,年表

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる