カムカムエヴリバディの中の英語やナレーションの英語の意味は?

カムカムエヴリバディ,英語,ナレーション,意味,翻訳

カムカムエヴリバディの中で、安子が毎朝6:00に始まる「英語講座」をラジオの前で必死にメモって勉強したり、城田優さんの英語のナレーションがドラマの中でいい感じで入るなど、お蔭で英語に触れる機会が増えたのではないでしょうか?

記事では、「カムカムエヴリバディ」の中で毎話ごとに披露される安子や稔の英語や城田優さんのナレーションの英語をできるだけ拾って、意味を調べていきたいと思います。

興味がある方はどうぞご覧ください。

目次

カムカムエヴリバディの中の英語やナレーションの英語の意味は?

カムエヴリバディ1話 城田優の英語のナレーションの意味は?

At the same time as Japanese radio broadcasting began a baby girl was born.
日本のラジオ放送開始と同時に誕生した女の子がおりました。

The girl was named Yasuko.
女の子は安子と名づけられました。

This is the very begining of a family story 100 years.
これは100年の家族の物語の始まりです。

スポンサーリンク

カムエヴリバディ4話 安子がキュウリと間違えた英語は?

” May I stop by that little curio shop?” あの小さな骨董品屋さんに立ち寄ってもいいですか?

スポンサーリンク

カムエヴリバディ4話 喫茶店で稔が安子に質問した内容は?

Dippermouth Blues というジャズが心地よく流れる喫茶店で、コーヒーを頼む稔と安子。コーヒーが運ばれて来た時に、稔が安子に英語である質問をします。それに対して、安子は「May」と「Sugar」という単語をたぐって、何とかその意味がわかり、答えます。

May I put sugar in the coffee?
コーヒーに砂糖を入れてもいいですか。

Yes.
はい。

たまらなく初々しいシーンですね。

また、店主・柳沢定一(世良公則)が、稔と安子の2人の初々しい雰囲気に合わせてかけてくれた音楽が、気になって、稔が定一にレコードのラベルを見せてもらいます。

その時の会話がこれ。

Louis armstrong
ルイ・アームストロング

On The Sunny Side Of The Street
「ひなたの道を」ってことかな?

ルイ・アームストロングの「On The Sunny Side Of The Street 」が店内にいい感じにかかってて、2人の恋の高まりが感じられるひと時でしたね。

この続きは、ドラマが進むたびに増やしていこうと思います!

上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第1回が11月1日に放送された。語りを務める城田優さんの第一声は、「A long time ago…(昔々)」という英語で、SNSでは「冒頭からの英語を交えた優しい語りに心がほんわか」「優しい英語ナレーションが昔のハリウッド映画っぽい温かい感じがしました」「落ち着いた声がすごく耳に優しくすてき」「英語ナレーションバリかっけえ」といった声が上がった。

MANTANWEB

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

カムカムエヴリバディ,英語,ナレーション,意味,翻訳

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる