ちむどんどん【第6週】ネタバレあらすじと感想「東京での新しい生活が始まります」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「ちむどんどん」
【第6週】ネタバレあらすじと感想
「ちむどんどん」第6週のテーマ「はじまりのゴーヤチャンプルー」
2022年5月16日(月)~2022年5月20日(金)放送

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...
目次

「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第6週26話】

ネタバレあらすじ

1972年5月。高校を卒業した比嘉暢子(黒島結菜)は、復帰した沖縄から東京に、料理人になるためにやってきました。大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、付き添ってくれた早苗に東京には住めない!やんばるに帰る!と言います。早苗はそんな暢子のために銀座のレストランを予約してくれていました。

暢子は美味しいものがあれば東京でも暮らしていける!と言って立ち直り、早苗と2人で予約をしているレストランに向かいます。早苗は暢子にレストランに行ったら沖縄の言葉は禁止。恥ずかしいから。と暢子に釘を差します。しかし、お店に入った途端、暢子は沖縄の言葉を連発。しかもハイヒールで歩いている人を見て、ハイヒールをはいている人は初めて見た!と言います。

席に座ると、メニューが渡され、暢子はその金額にも驚きます。最初の西洋料理が運ばれてくると、暢子はその料理にかかっているものの名前を運んだ人に恥ずかしげもなく聞きます。オその名前がリーブオイルだと聞くと、8年たってやっとわかったと大きい声で言います。

レストランのオーナー(原田美枝子)が下りてきて、暢子たちを見て失笑をしますが、オーナーは優しい目で見守るよう従業員に話します。暢子と早苗は料理を満喫します。

料理を食べたあと、暢子は一人で兄・賢秀(竜星涼)がいるボクシングジムを訪問しますが、賢秀はおらず、賢秀はボクシングジムから逃げ出し、会長と練習している人達からもお金を借りまくっていているという事実が待っていました。

上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れます。

感想

東京編が始まりました。早苗のおかげで暢子は初日から美味しい料理に出会えることができ、とても満足そうでしたが、それが終わると、賢秀のことを聞かされビックリしますが、借金は必ず返しますと言って、ボクシングジムを去ります。

暢子は賢秀と一緒に住む予定だったのが、初日で崩されてしまい、暢子の東京生活はいったいどうなってしまうのでしょうか…オーナーにも暢子は東京に馴染めない子だと言われるし、料理も最初で最後だと見抜かれてしまいました。ここから暢子はどう挽回するのか楽しみでなりません!

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第6週27話】

ネタバレあらすじ「暢子を助けてくれた三郎」

暢子(黒島結菜)は東京で身を寄せるはずだった賢秀(竜星涼)が、失踪してしまったことを知って呆然自失。その上、賢秀は多額の借金を不義理に残していて、母・優子(仲間由紀恵)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子(上白石萌歌)が残った実家はまた経済的困窮に立ち戻ってしまいます。

暢子は兄の立ち回り先を探して横浜市の鶴見にやってきました。鶴見を歩き回っているうちに、雨が降ってきて、家の軒下で雨宿りをしていると、三線と歌声が聞こえてきました。暢子はその三線が聴こえる方に吸いよられるように向かいます。そこの家の表札には「平良」と書いてあって、暢子は沖縄出身の人だとすぐにわかり、思わずその玄関を開けました。

するとその家の人は快く暢子を迎え入れてくれ、家にいれてくれます。三線を弾いていたのは鶴見の沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)でした。三郎の家には沖縄から出てきて困っている沖縄の人達の相談に乗っているのだという噺を聞くと、暢子は自分の相談にものって欲しいと言います。

その時、暢子のお腹が鳴ってしまいます。三郎はざるそばを暢子に食べさせてくれます。暢子は美味しいと言って食べますが、こんなに優しくしてもらえるのか不思議になり、聞いてみると、三郎の奥さんは自分達が苦労してきたから放っておけないと言ってくれます。

三郎は就職先も面倒をみてくれます。三郎が紹介してくれたのは、暢子が早苗と食べに来た西洋料理店でした。暢子は意気揚々とそのお店に入って行き、ここで働かせてください!と言い、三郎から預かってきた紹介状を渡し、オーナーは驚き、三郎との関係を尋ねます。

暢子は初めて会った人だと話し、オーナーはとりあえずテストを受けろと言います。

感想

三郎という人物はいったい何者なのでしょうね…沖縄出身の困った人達を助けている。自分はいったいどんな苦労をしてきたのでしょうか?今後の三郎とのやり取り、オーナーとの関係性、いろいろ知りたいことばかりで、楽しみになってきました。

そして、暢子は西洋料理店に。オーナーは厳しそうな方ですが、どんなテストが行われ、どんな決断になるのか。暢子はどのように成長していくのか。今後が楽しみです!明るい暢子だったらなんとか切り抜けてあのお店で働くと思いますが、明日からの物語の動き方に期待を寄せたいと思います。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第6週28話】

ネタバレあらすじ「暢子の料理のデスト」

暢子(黒島結菜)は鶴見で沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)に救われ、紹介を受けて銀座のレストランへ。大城房子(原田美枝子)がオーナーを務める「アッラ・フォンターナ」だ。就職を希望する暢子はテストを受けることになります。その試験の内容は、オリーブオイルと塩、胡椒、このお店にあるものを使ってサラダを10分以内に作るというものでした。暢子は早速作業に取りかかります。

暢子は時間を余らせてサラダを完成させました。味見をした料理長と料理人達は驚きの顔をします。そこに房子が入ってきて、サラダの味見をします。1口食べて合格と言われます。房子は暢子に沖縄ではどんな風に生活してきたのか?と尋ねると、暢子は、海で魚を採ったり山に言って草や木の実を食べていて、飲み水は湧き水を飲んでいたと話すと、房子は味覚はいいわね。

と言って、じゃあ次のテストといい、得意な料理を1時間で作るように言って出ていってしまいます。暢子はもう料理を作らせてもらえるんだと、喜び、ちむどんどんする!と言って、イタリア料理には何がいいのか考え、何かを思いつき、料理に取りかかります。

その頃、沖縄やんばるの実家では、賢秀(竜星涼)の借金が発覚し、銀行からお金を借りて、ボクシングジムに返済するので、おじさんに保証人になってくれと優子(仲間由紀恵)は頼みます。おじさんは姉・良子(川口春奈)にお見合いをしろ。財産持ちの家との縁談を探してやると言います。その時、良子に想いを寄せる製糖工場の息子・喜納金吾(渡辺大知)とその父が比嘉家にきて、お見合いの縁談の話が進んでいることを話します。

優子は良子の気持ちが一番大事だから、考えてしなさいと良子に言って、良子は考えると言います。

料理を作り上げた暢子は、ナポリタンだと言ってみんなに食べてもらいます。房子は不合格と言います。まず、ナポリタンはイタリア料理ではない。日本が独自に作った洋食。ナポリにこのような料理はありません。その勘違いは置いておいても、これはパスタとしては不合格。パスタは基本的に歯応えが心地いいもので、このように長くゆで、柔らかくし過ぎない。しかも麺のゆで汁に塩を入れなかった。

だから下味がついていない。だから具と麺の味付けにムラがある。と料理長が言い、房子はご縁がなかったわねと言って去ろうとしますが、料理長はイタリア料理限定のテストではなく、ここにあるもので作るというテストなので、もう一度チャンスをあげてもいいのではないかと房子に言います。

房子は賄いの時間にもう一度テストすると言ってくれます。暢子は自分が得意な料理は何かを考えますが思い付かず、優子に電話をかけます。優子は暢子の得意料理はお父ちゃんのそばだと言ってくれ、暢子はそれを作ろうと意気込んでお店に戻っていきます。

感想

暢子の作ったサラダはどんな味だったのでしょうか?オリーブオイルの特性を生かした味付けというのはどういう味なのか食べてみたくなりました。そして、ナポリタンを作った暢子は不合格と言われてしまいますが、サラダの味を知った料理長が助けてくれました。

料理長が認めるくらいの暢子のサラダ。とても気になりました。そして、良子の縁談話。良子の知らないところで縁談話が進んでしまっていて、良子はお金持ちの御曹司と結婚してしまうのでしょうか?良子は結婚するのに家族を選ぶのか?自分の気持ちをとるのか?どんな決断をするのでしょうか?

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第6週29話】

ネタバレあらすじ「暢子がテストに合格!」

暢子(黒島結菜)は大城房子(原田美枝子)がオーナーを務めるレストラン「アッラ・フォンターナ」の就職試験に一度落ちてしまいます。しかし、シェフの二ツ橋(高嶋政伸)の口添えのおかげでなんとか再試験の機会を得ます。母・優子(仲間由紀恵)との電話でひらめいた暢子が作った料理は、父に教えてもらった沖縄のそばでした。

沖縄の材料が揃わない中で暢子は作りながら、代わりのものばかりで本当に美味しいのか疑問を持ち始めます。しかし、父の形見である包丁に彫ってある父の名前を見て、父の言葉を思い出し、暢子は自信を取り戻します。お昼のピーク時が終わり、賄いの時間になりました。暢子は出来上がったそばを賄いに出します。

房子(原田美枝子)を始め、他の料理人達もそれぞれ暢子が作ったそばを食べます。すると、料理人の一人が美味しい!と言うと、他の料理人達も次々に美味しいと言い出します。房子も美味しいと言い、二ツ橋も丁度一人増やそうと相談していたところですし…とフォローし、房子は働いてもらいましょう!と言ってくれます。

暢子は大喜び!暢子は房子に一生懸命がんばります!と言います。

そして鶴見の沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)の後見で、暢子の新しい暮らしが始まることになります。三郎は下宿先を紹介してくれ、暢子は時間のあるときはその飲食店をお手伝いすることになります。お手伝いと交換に家賃を安くしてもらえるという話を三郎からされました。沖縄のもので囲まれた店内は沖縄に戻ってきたかのような雰囲気に囲まれています。

暢子は店の電話で優子と話をして、良子にお金持ちとの縁談があるのだと聞かされます。暢子はその話を三郎にすると、暢子は鶴見にきた本当の意味を思い出し、三郎にニーニーを知らないかと尋ねます。その時、お店の娘さんが外でもめています。以前にお酒を飲んでお金を払わず、去っていった人の相手をしています。その相手の声を聞いて、暢子はニーニーの声に似ていると確信し、その直後、そのお客さんが店に入ってきました。

そのお客さんは、賢秀(竜星涼)でした。暢子は一人で東京にきて寂しかったこと、ジムの借金のことを問い詰めますが!嬉しくて、賢秀に抱きついてしまいます。

感想

暢子はテストに合格しましたね!よかったです。暢子を助けてくれたのは、優子であり、賢三でした。暢子のためにと思ってくれている優子と賢三。その二人の思いは暢子に届いていますね。そして、賢秀が偶然に暢子が下宿する下のお店に入ってきました。

まさかの驚きでした!しかも再会しても賢秀は相変わらずで、飲み代の料金を払っていませんでした。でも、そのことがあったからこそ出会えた賢秀と暢子だったのですね。久々に家族に会った暢子は嬉しくて思わず賢秀に抱きついてしまいます。よっぽど東京で一人は怖かったのですね…

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第6週30話】

ネタバレあらすじ「良子の結婚の行く末は…」

暢子(黒島結菜)は銀座のレストランに就職。三郎(片岡鶴太郎)のおかげで鶴見の沖縄居酒屋の二階に下宿も決まり、ひょんなことから兄・賢秀(竜星涼)とも再会します。沖縄の実家では、姉の良子(川口春奈)が、村で一番のお金持ちの御曹司・金吾(渡辺大知)から求婚され、友人・石川(山田裕貴)への想いの中で心乱れていました。

優子(仲間由紀恵)は良子に縁談は良子の思うようにしなさい。もし、借金やお母さんのことを思って結婚しょうと思っているのなら…と言われて、良子はそんなことはしない。結婚は自分の人生の最大のイベントだからと優子に言います。暢子も良子の結婚には反対でしたが、暢子は良子が家のためにとかの理由ではなく、家族がバラビラになるのが嫌なだけでした。

そのことを賢秀と話していると、ゴーヤチャンプルの約束を忘れたのか?と言われます。賢三(大森南朋)が出稼ぎに行こうとしたとき、暢子は賢三が出稼ぎに行ったら家族がバラバラになるからいかないでと言うと、賢三は暢子に家族は離れていても繋がっているから家族。どれだけ離れても思い出がある。暢子の中にもあるだろ?と言われ、暢子は苦いゴーヤを食べます。そこから暢子はゴーヤが好きになったのです。

賢秀と一緒に寝た次の日の朝、賢秀はおらず、空っぽの財布だけが残っていました。暢子の全財産を賢秀は盗み、競馬で全部擦りました。

良子は自分に縁談の話が来ていると、石川(山田裕貴)に話します。石川は引き止めるわけでもなく、理屈ばかりを並べて、自分の気持ちをハッキリ話しません。なんだかはっきりしない返事をする石川を見て、良子は呆れてしまい、さようならと言って、お店を出ていってしまいます。智も東京に行くのだと歌子(上白石萌歌)か聞かされ、海辺で歌います。

暢子はレストランでの勤務初日、オーナーの房子(原田美枝子)から目をつけられます。今日から10連勤しなさいと言われます。暢子は何があっても絶対に辞めませんと房子に宣言します。

感想

賢秀は何なんでしょうね…妹の金も盗むなんて…しかもバクチでするという失態。なんで治らないのですかね。家族に迷惑かけて、暢子が困ると思わないのですかね。見ていて、暢子や良子が悩んでいる相談に乗るとかありますよね。

そして石川のはっきりしないこと…理屈ばかり並べて好きなら好きとはっきり言えばいいのに、なんで言えないのか…良子は今、石川の言葉を聞きたくて、あんなにはっきり聞いているのに、石川は、自分のプライドが邪魔して言えないのでしょうね…どうしたら良子と石川は結ばれるのでしょうか。

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...
あわせて読みたい
「ちむどんどん」ネタバレ1話~最終回まで! 簡単あらすじと結末の予想まで! 朝の連続テレビ小説106作目「ちむどんどん」いつからかと言うと2022年4月11日(月)から始まります。その「ちむどんどん」のネタバレあらすじを1話から最終回まで毎日お届...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる