ちむどんどん【第4週】ネタバレあらすじと感想「暢子の就職」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「ちむどんどん」
【第4週】ネタバレあらすじと感想
「ちむどんどん」第4週のテーマ「青春ナポリタン」
2022年5月2日(月)~2022年5月6日(金)放送

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...

目次

「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第4週16話】

ネタバレあらすじ「暢子の気持ちが切り替わる」

暢子(黒島結菜)は決まりかけていた就職を断り、気塞ぎな日々を過ごしていました。家で料理を作った暢子は、自分が作った料理の出来映えに落ち込んでいると、賢秀(竜星涼)が就職が決まらないイライラに料理の味に出たと言われ、暢子は賢秀をにらみます。

良子(川口春奈)に何社落ちた?と聞かれ、暢子は自分にどんな仕事が向いているのかわからなくてイライラしていると言います。優子(仲間由紀恵)は、まだこれから受けられる会社もあるし、結果待ちの会社もあるから大丈夫だと言ってくれます。そんな話をしていると、歌子(上白石萌歌)が早くご飯を食べて、いち早く学校に向かいます。

暢子は歌子が早く学校に行ってピアノを触って弾いたり歌ったりするのを楽しんでいるのだと家族に話します。良子もテストの採点があるからと早く家を出ようとしたとき、優子から石川(山田裕貴)から手紙がきていると言われ、あわててその手紙を受け取り、てを滑らせてその手紙を飛ばしてしまいます。良子はその手紙をスライディングして受けとると、我に返り、家族の方をみて、慌てて、家を出ていきます。

歌子は音楽室で1人で歌を歌っていると、音楽教師・下地(片桐はいり)が入り口に立っていました。歌子はビックリして歌うのを止めますが、下地は続けてと言います。しかし、歌子は下地から逃げ、どこかに行ってしまいます。

暢子が校庭を歩いていると、陸上部の正男に声をかけられて、正男が何で暢子がイライラしているのか?と友達に聞くと、友達は暢子が就職が決まらなくてイライラしているのだと話します。すると正男は体を動かせ。ブツブツ言っていないで、体を車で動かす。まず働いてみないと何も分からないよと言われます。家族の迷惑も考えろと言い、部活に戻ります。

暢子は正男の言葉にハッとさせられ、自分はもともと考えたり、悩んだりするのは向いていない。ということに気がつきます。料理部の助っ人もやる!といい、約束した筋を通さないと、と言います。友達は暢子に正男は暢子のことが好きなのだと教えますが、暢子はありえない!と否定します。

賢秀は、家族のために一攫千金を夢見ていてチャンスを探していました。良子は石川への想いがなかなかうまくいかず、石川の職場まで会いに行きますが、良子の友達と用事があると言われてしまい、ショックを受けて、帰ります。

感想

三兄妹の思いが描かれた回でした。賢秀はとにかく一攫千金を狙おうとしていますが、女子達は全く聞く耳を持たず、賢秀の話を聞こうとしません。そのやり取りがとても楽しくみていることができます。良子はなかなか石川に思いが届かず、落ち込んでしまいます。

暢子は優子や友達に言われた言葉よりも、なぜか、正男に言われた言葉が気付きとなり、悩んでいるのは自分らしくないと気がつきます。優子と賢三が言っていたのはこの事だったのですが、暢子はその事には気づいていないのでしょうね。暢子ほいつになったら賢三の残した言葉に気づくことが出きるのでしょうか?

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第4週17話】

ネタバレあらすじ「優子の暢子への思い」

暢子(黒島結菜)は就職活動で気塞ぎな日々から心機一転、料理部の助っ人として、大会に参加することになりました。まずは麺の試作に取りかかります。暢子は料理をしながら友達の早苗にお礼を言います。料理は楽しい、誘ってくれてありがとう。モヤモヤしてたけどもう大丈夫と。

優子(仲間由紀恵)は共同売店で善一と話をします。やりたいことを見つけられないで、悩んでいる暢子をこのまま就職させていいものか分からないと言います。善一は最初からやりたい仕事に就ける子はめったにいない。働いて、仕事を覚えて、それから楽しくなるもんだと。

すると優子は昔から子供達にはやりたいことをやらせてあげようと賢三と話をしていたのだと言います。やりたいことをやって、それで失敗しても自分の財産になる。だけど、やらされて失敗したら、それは、誰かを恨むことになるかもしれない。暢子が今何がやりたいか分からないことが一番つらい。だけど、そればっかりは何もしてあげられない。ただ見守ることしかできないと。

善一は「親」という字は、木の上に立って見ると書くから、と優子に笑顔で話してくれます。

姉の良子(川口春奈)は村の製糖工場の息子・金吾(渡辺大知)から相変わらず熱烈な求愛を受けて困り、学校に石川(山田裕貴)から手紙が届き、先日のことを否定され、もっと良子と本について議論したいと誘われます。

兄の賢秀(竜星涼)は金融関係の実業家を名乗る男から声をかけられます。そして妹の歌子(上白石萌歌)は、音楽教師・下地(片桐はいり)に付きまとわれた挙句、ある日、とうとう下地が比嘉家に乗り込んできました。

感想

優子の暢子を思う気持ち。誰かを恨むような生き方をして欲しくない。自分の人生を歩んで欲しいという思い。それは賢三と話していたことのようで、その賢三の思いを優子は引き継ぎ、暢子にやりたいことをやらせてあげたいと悩んでいました。

しかし、優子が悩んでも、暢子自信が気がついて動かないと何にもならないのだということも優子は分かっているので、どうすることもできません。優子の暢子への思いは、通じ、暢子は自分のやりたいことを見つけられ、生き生きといきることが出きるのでしょうか?

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第4週18話】

ネタバレあらすじ「賢秀のもうけ話」

暢子(黒島結菜)は、妹の歌子(上白石萌歌)の歌の才能を見込んで乗り込んできた音楽教師・下地(片桐はいり)は歌子を探すのに必死です。母・優子(仲間由紀恵)と良子(川口春奈)も帰ってきてともに必死に歌子を隠そうとします。下地は産業まつりで歌子に歌って欲しいと優子に言います。下地は歌子の歌声は人の心を打つと言ってくれます。

兄の賢秀(竜星涼)は一獲千金の話をもちかけられ、のめりこんでいく。1ドル360円で変換されることで、1ドル300円になると言われていて、その男が話すのは、1ドル180円になってしまう。そして、政府のある人間しか行けない限られたところに行くと、1ドル720円で両替してもらえるときき、1口1万ドルからしか両替を受け付けないといってきます。特別に千ドルから受け付けてくれると言ったのだと三姉妹に話します。しかし、三姉妹はそんなのには乗っては行けないと行って、それぞれ学校に行ってしまいます。

暢子は料理部の助っ人として大会に出ることになり、仲間たちと試作に没頭していました。ある日、優勝候補であるライバル校の料理部が突然、暢子たちのもとを訪れます。暢子のつぎはぎだらけのスカートをバカにされたり、やんばるそばを出すという手の内もばれてしまい、しかも、その部長の子のお父さんが協賛してくれることで、産業まつりに高校生が出られるようになったときき、さらに、ライバル校はお父さんの会社から食材を提供してもらえるのでいつも優勝するのだと聞き、暢子はますます負けられないから頑張ろうと言います。

良子はいつものお店で、石川と2人で会っています。良子は、石川を産業まつりに誘います。石川もああいうのが好きだと言い、一緒に行こうと言ってくれます。良子は喜びます。2人で楽しみだと話していると、女友達が店に入って来て、良子の耳元で小さな声で石川の両親と今度会うことになってのだといい、結婚式にはきてねと言われます。良子はショックを受け、バスの時間があるからといって、お店を飛び出してしまいます。石川はなんで急に良子が帰ってしまったのか分からず、戸惑っていました。

優子が家に帰ると、賢秀は優子に一生のお願いだと言って…

感想

賢秀の儲け話。本当に怪しくなってきましたね。今のうちに円をドルに変えておく方が無難だと思うのですが、一攫千金を狙う賢秀にとって、とってもおいしい話でした。その話を優子にしようとしています。優子はどのように答えるのでしょうか。

そして歌子のことを追いかけ回している下地。歌子の歌がいいということを知っていて、産業まつりで歌ってほしいという頼みでした。みんなに歌子の歌を聴かせたいという下地の思い。人見知りの歌子が産業まつりで歌うことはできるのでしょうか。楽しみです。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第4週19話】

ネタバレあらすじ「次々起こるハプニング」

兄・賢秀(竜星涼)が一獲千金を夢見た投資話に、親戚、母・優子(仲間由紀恵)を巻き込み、960ドルも投資家さんの所に持っていきました。預り証をもらって、960ドルを2000ドルに替えて、ここに持ってくると約束しました。

暢子(黒島結菜)たち料理部の参加する大会が始まりました。暢子達はいろいろと準備をしていましたが、お客さんに食べてもらう時間になったのに!暢子達のお店はまだ空きません。そばのスープを温めるのを忘れていて、そばが完成していなかったのです。

暢子はライバル校の料理部のお菓子を美味しそうだからと食べに行きます。ライバル校の人は、暢子に一つお菓子を出してくれます。暢子はそれを食べて、美味しいと言いますが、甘いばかりだから、塩を少し加えるともっと美味しいよとアドバイスをして、自分の高校のブースに戻ります。

暢子達のやんばるそばが出来上がり、他の高校から遅れて開店すると、大繁盛で盛り上がります。それをみていたライバル校の子は面白くない顔をしていました。そばの盛り上がりもだいぶ落ち着いた頃、先生から暢子達がやっている場所はライバル校の場所だと急に言われ、場所をいどうすることになってしまいます。

部員達は反抗し、文句を言って退こうとしません。するとライバル校の人達が無理矢理、暢子達の厨房に入ってきて、グチャグチャにしようとします。暢子は時間がもったいないからさっさと移動しようと提案し、みんな移動する準備を始めます。暢子達が移動を終えると、そこは誰も通らない場所でお客さんは1人も来ません。

そこに賢秀と智と善一がやって来ます。善一が本部から話を聞いてきていて、役員がライバル校を盛り上げるためにやったことだと教えてくれます。そこに納得ができない賢秀は、バナナの叩き売りを経験したのをフルに発揮し、やんばるそばをアピール。すると、お客さんはドンドン暢子達のブースに集まってきました。

一息ついた頃、ライバル校の人達がやんばるそばを食べに来てくれます。ライバル校の人達はやんばるそばを1口食べると、あまりの美味しさになにも言えず、黙ってしまいます。その時、スープを補充しようとしていた部員がスープを全部こぼしてしまいます。

そこに、良子(川口春奈)と歌子(上白石萌歌)が現れ、歌子が暢子にシークワーサーを渡し、暢子はひらめき、スパゲッティをヒントになくなってしまったスープの代用を思い付きます。

感想

産業まつりが始まり、暢子達は出足からスープを温めるのを忘れるなどハプニングが続きます。しかし、スープが温まり、やんばるそばは大盛況!と思いきや今度は場所の移動。それも落ち着いたと思ったら、今度はスープをこぼしてしまうハプニング。

暢子達はどのように切り抜けるのでしょうか?そして、賢秀は優子にお金を借りて投資話を持ってきた人にお金を渡してしまいます。それを優子から聞いた良子は激怒して、賢秀になにかを言いに行ってしまいます。一体どうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第4週20話】

ネタバレあらすじ「暢子のやりたいこと」

暢子(黒島結菜)は料理部の大会で沖縄そばをスパゲッティの真似をして、やんばるナポリタンに変更して、料理を作っていきます。できたナポリタンは大盛況。みんな美味しい、新しい味だと言って食べてくれます。ライバル校にジワジワと追い上げをかける暢子達でした。

智(前田公輝)は会場で店長を見つけ、ポテトフライが成功したら給料をあげてくれると思って頑張ってきたのに、給料があがっていないことを指摘すると、店長は、仕入れの金額は自分が出したし、給料のことは考えとくといっただけだ。悔しかったら自分で店をやれ。といわれ、智は給料袋をグシャグシャにしてしまいます。

兄・賢秀(竜星涼)、姉・良子(川口春奈)、妹の歌子(上白石萌歌)と母・優子(仲間由紀恵)も訪れています。良子は思いを寄せる友人の石川(山田裕貴)と、会うことができました。石川は、里美が昔の学校の話を聞きたいと言うから、親を紹介すると言っただけなのだと言い、その話しも里美と喧嘩をしてなくなったと話します。

良子は何で喧嘩をしたのかを訪ねると、石川は里美が良子に石川と結婚するつもりみたいなことを言った。それに腹が立って…と言うと、良子は何で腹が立ったのか?と聞き返します。石川は興奮して、「俺と、け」までいって、沖縄の子供達のために勉強会をしようと言います。

歌子は下地(片桐はいり)に見つかり!歌を歌うようにと追いかけられます。賢秀は自分がのめりこんだ投資話に危うさを感じ始めます。

そして、結果発表。結果は…やんばる高校でした。暢子はライバル校と握手をします。みんなの応援で、暢子は東京に行って、コックさんになりたいと発表します。

感想

暢子はやっと自分のやりたいことが見つかりましたね!よかったです。予告を見ると東京に行くのもいろいろとありそうでしたが、暢子は一度決めたことは通してやってくれそうなので、来週も楽しみに観たいと思います。

そして、良子と石川の関係もなんとか持ち直し、2人はいい感じになってきました。里美との誤解がとけてよかったです。そして賢秀…やっぱり詐欺だったのですね…賢秀は警察に何で相談をしなかったのでしょうか。渡したお金はもう2度と帰ってくることはないでしょう。さらに家計を圧迫することになるでしょうね。

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...
あわせて読みたい
「ちむどんどん」ネタバレ1話~最終回まで! 簡単あらすじと結末の予想まで! 朝の連続テレビ小説106作目「ちむどんどん」いつからかと言うと2022年4月11日(月)から始まります。その「ちむどんどん」のネタバレあらすじを1話から最終回まで毎日お届...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる