ちむどんどん【第3週】ネタバレあらすじと感想| 「兄妹達の新たな物語が始まります」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「ちむどんどん」
【第3週】ネタバレあらすじと感想
「ちむどんどん」第3週のテーマ「悩めるサーターアンダギー」
2022年4月25日(月)~2022年4月29日(金)放送

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...
目次

「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第3週11話】

ネタバレあらすじ「四兄妹それぞれの今まで」

時は1971年6月17日沖縄返還協定が結ばれ、沖縄が翌年5月15日に日本に返還されることが決まりました。そして本島北部やんばる地域のとある高校。暢子(黒島結菜)は高校3年生になりました。暢子は陸上部のキャプテンとどちらが早く走れるのかを競い、暢子が勝ったらサーターアンダギーがもらえるという賭けをしていました。

しかし、陸上部の部員からは練習はしなくてもいいから、試合だけでもでで欲しいと言われますが、暢子は家族の料理担当だから部活はできないと断ります。暢子は来年就職するために名護でも一番大きな会社にほとんど内定が決まっていました。暢子は就職したらどんな生活になるのか楽しみにしています。

働いて給料を貰ったら、家の料理当番はしなくてもいいかなと言います。暢子は料理をするのが嫌ではないのですが、毎日だと面倒くさいときもあるし、制服を台所で焦がしてしまったりしていました。

暢子の父・賢三(大森南朋)が去って早7年。比嘉家の母・優子(仲間由紀恵)は、今は村の共同売店で働いて、一家を支えています。共同売店の善一さんが奥さんに先立たれて、人手不足となり、優子に白羽の矢が立ったのでした。

そして四兄妹はそれぞれに成長しています。暢子はやんばるの高校生。相変わらず足が速く活発な人柄です。共同売店でみんなが集まっていると、電話がかかってきて、優子に警察に呼び出しがきますが、三姉妹が代わりに警察に向かいます。警察にいたのは、兄・賢秀(竜星涼)。

賢秀は、高校時代にボクシングと喧嘩に明け暮れて中退。何度か那覇や名護に働きに行きましたが、どれも長続きせず、今は家でゴロゴロしています。姉・良子(川口春奈)は、高校時代はマドンナと呼ばれ、那覇の短大に進学。この春から念願の教師となって、村の小学校で働いています。

妹・歌子(上白石萌歌)は、今年から高校生。時々熱を出してしまうことも、人見知りで恥ずかしがりやなことも子供の頃から変わっていません。そこへ、暢子に就職先を紹介してくれた善一がきました。暢子の就職をなかったことにして欲しいと言われます。その理由というのが、賢秀が喧嘩した相手が暢子の就職先となにやら関係があるようです。それぞれに大きくなり、やんばるを舞台に兄妹の新たな物語が始まりました。

感想

みんなそれぞれ大きくなって、良子はきちんと先生になりました。しかし、賢秀は親にも妹達にも迷惑をかけるばかり。しかも高校中退だなんて、なんのために優子が必死に働いて育ててくれたのか。感謝を来ていれば、ケンカもしなくなるし、仕事が長続きしないということもないのに、どうしてこうなってしまったのでしょうか…

賢三が言い遺して逝った言葉「お母さんを頼む」その言葉は浮かんで来ないのでしょうか。お母さんを頼まれる立場として、しっかり自分が大黒柱にならなければと思わなければならないと思うのですが、智はしっかり家を支えているのに…賢秀の将来がどうなってしまうのか今から心配になってきてしまいます。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第3週12話】

ネタバレあらすじ「暢子の就職」

本土復帰も近づく1971年。沖縄本島北部、やんばるの比嘉家では、素行がよくないことで地域で有名な長男・賢秀(竜星涼)の起こした喧嘩で暢子(黒島結菜)の就職が、駄目になりかけます。暢子は就職先まで一人で謝りに行きますが、暢子が任されようとしていた仕事はお茶汲みだということがわかり、しかも、みんなうちの会社に入りたがる。君の代わりはどこにでもいると言われ、暢子はがっかりします。

歌子(上白石萌歌)は、音楽室のピアノを触ってみて、ワクワクしています。そこに同級生がピアノを練習しにきて話しかけられますが、歌子はしばらく同級生の演奏を聴いていますが、同級生は途中でピアノを引くのをやめ、ずっとソコでみているの?と歌子に言うと、歌子は音楽室から出ていきます。音楽室を出ると、音楽の先生がいて、音楽は魂だと言われ、ビックリして、教室に戻っていってしまいます。

良子(川口春奈)は学校に良子のことが好きな男の子がきますが、良子は、迷惑なだけで、その男の子を追い払います。良子は、勉強会と言って、同級生達とお店に来ています。良子は博夫のことが気になっているようで、博夫から本を借りて、読んだ感想を博夫に送っていました。

博夫は、その手紙が嬉しかったようで、また違う本を貸してくれると約束してくれます。良子は嬉しくなってしまいます。博夫と良子が話していると、女の子が良子の服の繋ぎになっている所を指差して、目立つから新しいの勝ったらいいんじゃないか?社会人になれば自分の好きなものを自分のお金だから好きなだけ帰ると話をしますが、良子には服を買う余裕はありません。

博夫はその良子の塞ぎがちな所を気にかけてくれているようでしたが、なにか言うこともなく、そのまま流してしまいます。

暢子はせっかく人生の第2章が始まると思っていたのに、任させる仕事はお茶汲み。その事に同級生と社会人になるのはドキドキしていたけど、今は、ずっと高校生のままでいたいと、ぼやいてしまいます。

感想

暢子は人生の世界が広がると思っていて、就職をしようと思っていたみたいですが、世の中そんなにあまくありません。貧乏な比嘉家にとって、収入は大事なので、暢子はおとなしくお茶汲みをするのでしょうか?活発な暢子はおとなしい、女性らしいお茶汲みが勤まるのでしょうか?

そして、賢秀は謝りに行かない。良子と歌子も悩み事をいろいろ抱えていました。賢秀がもっとしっかりしてくれれば、家計は楽になり、良子も歌子も、暢子も自分達のやりたいことをやれるのに、賢秀の気持ちが変わってくれないかと祈ってしまうのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第3週13話】

ネタバレあらすじ「四兄妹の思い」

暢子(黒島結菜)は、兄・賢秀(竜星涼)がけんかした相手先が、自分の就職希望先だったことから、悩みを抱えることになります。暢子は賢秀に会社に謝りに行くように説得をしますが、賢秀は自分は悪くないと思っていて、謝りに行くような素振りは見せません。暢子は困ってしまいます。

謝罪を求める会社側と、非は無いと思っている兄との板挟み。だが母・優子(仲間由紀恵)を助けるためには仕事をしたいと思っている暢子。姉・良子(川口春奈)は、良子が好きだという社長の息子に服でも何でも買ってあげると言われますが、欲しいとは言えず、要りませんと言います。しかし、大学時代の知人の石川への想いを抱えていた良子は新しい洋服が欲しくてたまりません。

そして歌が好きな妹・歌子(上白石萌歌)は、また熱を出して寝込んでいます。そのとなりの部屋で良子は新しく買った服を見て、喜んでいます。その時、賢秀が酔っぱらって帰ってきて、優子がいろいろ相談しますが、そのまま寝てしまい、困ってしまいます。

良子と暢子に優子は賢秀に甘いと言われますが、優子はその言葉を流して、畑仕事に行ってしまいます。そこに賢秀がきます。賢秀は工事現場で働いていたと智から聞きます。智は食品卸の勉強もしたいからと、名護に働きに行くと暢子に話します。暢子は他の兄妹は得意なことがあるのに、自分だけ何も得意なことがないことに落ち込んでいます。

暢子が畑に出掛けると、歌子は智に暢子のことが好きなのか?と尋ねますが、智は否定します。歌子はあの運動会の日から智に思いを寄せていました。

良子は何やら急いで大荷物を抱えて、勉強会に行ってしまいます。

感想

それぞれ兄妹が抱える思い。良子が思いを寄せている人のために、おしゃれをしたいと思い始めていて、良子につきまとう男の人に服を買ってやると言われて、少し心が揺らいでしまいます。でも、そこで買って貰ったら、本当にその男の人と付き合わなければならなくなってしまうということを察した良子はきっちり断ります。

歌子の智への思い。智の暢子への思い。歌子は智の思いを薄々感じていて、それは、歌子が智のことをずっとみていたからわかることです。歌子は切ない思いを抱えているのですね。暢子は智が勉強したいことがあると言って、名護に働きに行くということを聞いて、自分は本当にあの会社で働きたいのか考えるようになります。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第3週14話】

ネタバレあらすじ「三姉妹の抱える悩み」

暢子(黒島結菜)は兄・賢秀(竜星涼)のけんか騒動のあおりで、自らの就職についてもやもやした思いを抱えていました。友達に暢子が悩んでいるのはよっぽどだねと言われて、友達は今度の日曜日に気晴らしにハンバーガー店に連れていってくれて、おごってくれると、その代わり、産業まつりの手伝いをして欲しいと頼まれ、暢子はハンバーガーが食べられるなら何でもやるといって、悩んでいたことも吹っ飛び、友達と2人で楽しみを待ちます。

姉の良子(川口春奈)は大学時代の仲間とフォークダンスのパーティーに新しい洋服と靴で出掛けます。良子は好意を持っている石川とフォークダンスとお酒を楽しみます。良子がいったお店は智が働いていて、誰にも言わないようにと智に口止めをします。

良子が家に帰ると、母・優子(仲間由紀恵)が良子の帰りを寝ないで待っていてくれていました。良子は始め、優子にウソをついてしまった自分がどうしても許せなくて、優子に本当のことを話します。優子は良子のことを優しく許してあげます。良子は泣いて優子に謝ります。

妹・歌子(上白石萌歌)は、音楽の授業でとある教師に目をつけられてしまいます。歌は口で歌うのではなく、心で歌うもの。一人で歌ってみなさいと言われてチャイムがなってしまい、先生は歌子に諦めないからねと言うと、歌子は怖くなって音楽室を飛び出してしまいます。

歌子は中庭の椅子に座ると、ピアノの伴奏をしていた同級生に音楽の先生はこの子と思った子を徹底的に指導する人だ。歌子がそこに認められたのだと話し、自分は嫉妬していないと言いきりその場を離れてしまいます。歌子はなんのことかわからず、ただただ呆然としてしまいます。

暢子は友達とハンバーガーを食べにきました。そのお店に、暢子が就職するはずだった社長の息子に会ってしまいます。息子は暢子の代わりなんか誰でもいる。貧しすぎで、お母さんに何も言われないのか?とバカにされます。暢子はたまらず手を出そうとしますが、友達と智が止めてくれて、暢子は息子に手を出さずにすみました。

しかし、優子が勤める共同売店に暢子が暴力を振るったと電話がかかってきます。

感想

今日は、暢子、歌子、良子のそれぞれが描かれたのですが、3人ともなかなかモヤモヤする内容でした。良子に関しては素直に優子に話したことでスッキリしたようですが、良子は優子にウソをついて洋服と靴を買ってしまったことを後悔しているようです。

暢子が歌子は賢三に教えて貰っていた歌が何か先生によって開花されるかもしれません。どうなっていくのか楽しみです。暢子は仕事をするということについて考え始めていました。就職して働けばそれでいいと思っていたことが、じつはそうではないのだと思い始めているようでした。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第3週15話】

ネタバレあらすじ「暢子の隠れた思い」

暢子(黒島結菜)はハンバーガー屋さんから帰ると、優子が夕飯の支度をしていてくれました。優子は共同売店に就職先から電話があったといい、明日、学校が終わったら就職先に一緒に行こうといわれます。

歌子は音楽室で1人、心を込めて歌を歌っています。歌子が歌い終わると音楽の先生がやってきて、ねらんだとおりね!と言って歌子を追いかけ回します。歌子はなんとか先生から逃げ切ります。

自分の就職先と、兄・賢秀(竜星涼)の間で起こったトラブルから悩み、徐々に就職先に理不尽を感じていた。思い悩んだ暢子は、とうとう、母・優子(仲間由紀恵)と相手先を訪れます。散々社長と専務にバカにされ、優子にしつけがなっていない。女のクセにと言われて頭に来て、この会社では働きたくないと言いきり帰ってしまいます。優子は専務にどんな娘さんなのか?と聞かれると、優子は自慢の娘ですと笑顔で答えます。

帰り道バス停でバスを待っている間、自分が何ですぐ渇となってしまうのか、自分でも直した方がいいと思っているのにどうやって治したらいいのかがわからない暢子は優子にどうしたらいいのか聞きます。優子は昔も自分はそうだったと話します。優子は暢子は何に一番腹が立ったのかと聞きます。

暢子は女のクセにと言われたことが一番腹が立ったと言います。学校で男の子に初めてかけっこで負けたことを優子に言い、負けたことはそんなに悲しくない、でも、今までは勝ったら女のクセにと言われて、これからはやっぱり女だからと言われるのがすごく悔しいと言います。

暢子はこの村も、沖縄も自分が女だということも全部大嫌い!と言います。本当は自分で自分にモヤモヤしているからかも知れない。本当は何か心を燃やせるような打ち込める一生懸命になれるものを見つけたいってずっと思っている。でも、それが何かが全然わからない。みんな自分のやりたいことがわかってる。でも暢子だけ何もない。何もできない。

優子はもっと泣きなさい。暢子は暢子のままで上等。大嫌いな自分も大事な自分だから、いつかきっとこの村に生まれてよかったと、女に生まれてよかったと思える日が来ると思うよ。言ってくれます。

感想

暢子は就職のことでモヤモヤしていて、遂に自分から就職を断ってしまいます。その断った暢子に対して、優子は就職先に謝るわけでもなく、笑顔で自慢の娘ですと言える自信がすごいなと思いました。その後、2人で話している内容も、なかなか話すことができないことを優子に話せる暢子は幸せ者だなと思いました。

就職を断ってしまった暢子はこれからどうやって就職先や、自分がやりたいことを探して行くのでしょうか?暢子は暢子のままで上等と言われた賢三と同じ、優子も同じ言葉を暢子に言ってくれます。暢子はその言葉に励まされ、これからどんな道に進むのでしょうか。

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...
あわせて読みたい
「ちむどんどん」ネタバレ1話~最終回まで! 簡単あらすじと結末の予想まで! 朝の連続テレビ小説106作目「ちむどんどん」いつからかと言うと2022年4月11日(月)から始まります。その「ちむどんどん」のネタバレあらすじを1話から最終回まで毎日お届...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる