ちむどんどん【第24週】ネタバレあらすじと感想「家族で里帰り」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「ちむどんどん」
【第24週】ネタバレあらすじと感想
「ちむどんどん」第24週のテーマ「ゆし豆腐のセレナーデ」
2022年9月19日(月)~2022年9月23日(金)放送

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...

目次


スポンサーリンク

「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第24週116話】

ネタバレあらすじ「健彦はすくすくと育ち」

暢子(黒島結菜)は無事に男の子を出産した。和彦(宮沢氷魚)とふたりで、健やかに育つようにと「健彦(たけひこ)」と名付けた。時は流れて…1984年4月。暢子の店、『沖縄料理ちむどんどん』は多くの客でにぎわい、健彦は名前の通りすくすく元気に成長していました。健彦が2歳になる頃歌子はやんばるに帰りました。暢子が上京して10年の月日が流れていました。

賢秀夫婦の間には子供が宿り、清恵は妊娠中でした。猪野養豚の豚肉も大好評。連休はお店は休まず、暢子達親子だけ沖縄に帰ります。4歳になった健彦も多江と重子が交代で面倒を見てくれているおかげですくすくと育っています。歌子(上白石萌歌)はやんばるに帰ってから時々飲食店で歌わせてもらっています。お客さんの前でも堂々と歌えるようになってきました。

智はスナガワフードの拠点をやんばるに移しました。賢秀の毎月の仕送りのおかげで家の借金は全部返し終わりました。

一方、和彦(宮沢氷魚)は仕事で、70年代のシリーズが好評で、80年代も書いてほしいと仕事を頼まれます。しかし、最初の話では70年代が終わったら沖縄特集を書かせてもらえる約束でした。しかし、仕事相手からそのうち沖縄特集を書かせるからと言われ、和彦は渋々80年代の記事を書くことにします。

そんな中、連休を使って暢子たちは沖縄やんばるに里帰りしました。和彦は優子にもっと沖縄と向き合った記事が書きたいけどなかなかうまくいかないと話します。和彦は沖縄にきて、高校をアメリカにしようと決断したときのことを思い出しました。暢子もまた、和彦のお父さんと交わした言葉を思い出していました。

良子は智と歌子が何も発展がないことを心配して和彦に智の気持を聞いてほしいと頼みます。和彦が智に歌子が好きなのかと聞くと、智は好きだけど告白して断られたとき、今までのようにはなれないからできないのだと話します。暢子は優子と畑でやんばるの新鮮な野菜を食べて、ちむどんどんしました。

感想

健彦はあっという間に成長しましたね。びっくりです。多江と重子が当番制で健彦を取り合っている様子はとてもおもしろかったです。多江と暢子は親子のような関係性の中でうまく付き合いをしていたのですね。重子だけに健彦をお願いしていると思っていましたが、なかなかの展開でした。

そして智。暢子のときはすごい勢いでプロポーズしたのに、なんで歌子のときは躊躇しているのかなと思ってしまいました。暢子を好きだという気持ちは一過性のもので、心から本当に好きだとは思っていなかったのだなと感じました…歌子とのことはとても大事で、心から歌子のことが好きなんだなとしみじみと感じてしまいました。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第24週117話】

ネタバレあらすじ「智と歌子のキス…」

暢子(黒島結菜)は、連休を使って和彦(宮沢氷魚)と健彦(三田一颯)と3人で沖縄やんばるに里帰りしました。健彦は大自然の中を無邪気に遊び、暢子は畑で採れたばかりの野菜をほお張り、里帰りの日々は楽しいことばかりで、あっという間に過ぎていきました。優子(仲間由紀恵)はせっかく暢子たちが東京から来ているから、兄妹親戚だけでなく、近所の今まで関わってくれた人たちも呼んで、みんなでご飯を食べようと言うことになりました。

共同売店でそんな話をしていると、智(前田公輝)が砂川豆腐のゆし豆腐を持ってきました。暢子は喜んで、みんなで集まるときにゆし豆腐も持ってきてと頼みます。オオタニワタリも暢子は食べてみたいといい、智はオオタニワタリを山で採ってきてくれると言ってくれます。暢子は喜んで智にオオタニワタリを採って来ることを頼みます。その話を聞いていた歌子(上白石萌歌)も智と一緒にオオタニワタリを採りに山に行きます。

歌子と智との間はもどかしく進展していませんでしたが、ふたりで山にでかけ、歌子と智が揉めて歌子が走って帰ろうとしたところを智が追いかけようとして転んでしまいます。歌子と智は小屋に辿り着き、お互いに誤り合います。歌子はレコードを出せるだけで満足といい、結婚も諦めていると話します。智は結婚は諦めるな!といいますが、歌子はすぐに熱を出す人を誰もお嫁にもらってはくれないと言います。

歌子は智こそ、早くお嫁さんをもらって結婚すればいいと言いますが、智は好きな人と結婚したいといい、歌子は好きな人は誰?と聞きます。すると智は言葉につまり、電気が消えてしまいます。その電気を二人同時に付けようとして手が触れてしまいます。離してしまったその手を智はまた握り直し、歌子にキスをしようとします。

その時、善一の懐中電灯が二人のキスをしようとしているところを照らしてしまいます。歌子は恥ずかしくなって先に山を降りていきます。その後に和彦もやってきて、二人がいたことに安心しますが、智は困り、善一は反省し、状況がわからないままになってしまおました。

感想

お〜!ついに!と思ったのに…邪魔が入ってしまいました。善一さん…ちょっと…とツッコミを入れてしまいました。智は好きと口に出すことはできませんでしたが、態度で歌子に伝えようとしましたが、果たしてその態度が歌子に伝わったのでしょうか…キスをされそうになるということは智は歌子のことが好きだと言うことです。

歌子は智の思いを受け止めることができるのでしょうか…智は歌子に断れるのが嫌だと言っていましたが、キスを嫌がっていない時点で歌子は智のことが好きだと言うことが智に伝わればいいのですが。暢子と良子、賢秀もそうでしたが、なかなか好きな人に好きと言うのは難しいんですね。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第24週118話】

ネタバレあらすじ「智が歌子に…」

暢子(黒島結菜)はまったく気が付かないままだったが、歌子(上白石萌歌)と智(前田公輝)のふたりはもどかしい関係が進まないままでした。しかし、ある日、ひょんなことからふたりは山小屋で過ごすことになり、距離が急速に近づき、歌子は山小屋での出来事を忘れたくなく、優子(仲間由紀恵)に話をします。優子は歌子の心中を受け止めて、怖がらないで智に自分の気持を伝えるといい。今日よりももっと明日はいい日になる。と言ってくれます。

そして和彦(宮沢氷魚)は、歌子と智の間柄をなんとかしたいと思い悩んで、智を海に呼び出します。そして、沖縄角力をやろうといい、一本勝負で挑みます。和彦が外掛けをして、智と一緒に倒れ込むと、智は賢秀の入れ知恵だなと悟ります。和彦は自分ではどうすればいいかわからず、暢子にも相談できず、賢秀に電話で相談していました。

賢秀は角力で勝って、歌子に告白させろ!と言われたので、和彦は素直に智に角力を持ちかけたのです。智と和彦の勝負は引き分け。和彦は智に食事会に来るように言います。ちむどんどんするかしないか、まくとぅそーけー、なんくるないさーだと智に投げかけます。智は和彦の方を見ないで手を振り帰っていきました。

食事会が始まりましたが、智は現れません。落ち込む歌子。料理もドンドン出てきて、盛り上がり、健彦が歌子に歌を歌ってほしいというと、みんなも歌ってくれと促します。その時、スーツ姿の智が現れました。智が何か話そうとすると、暢子が何でゆし豆腐を持ってきてくれなかったの!と怒ります。しかし、状況的に智が歌子に告白をすることは見えていて、周りの人たちは気をつかいます。

暢子を和彦が止めに入り、暢子もようやくその状況を読むことができました。

感想

和彦が賢秀に相談するとは思ってもいませんでした。しかもその賢秀のアドバイスを鵜呑みにして智と角力を取る和彦はとてもかわいいなと思ってしまいました。そして、見事和彦は引き分けにもっていき、智も賢秀からの入知恵だと気づくのもすごいなと思いました。流石、小さい頃から一緒にいるだけあります。

なんだかんだ言って、智、賢秀、和彦は兄弟のようになっているのですね。そして、暢子の鈍感さには参ってしまいました。周りの全員が気づいているのに、暢子だけが気づいていないという状況。どれだけなんだよ!とツッコミを入れてしまいました。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第24週119話】

ネタバレあらすじ「暢子の決断」

暢子(黒島結菜)たちが里帰りしている比嘉家で、宴会が開かれました。健彦(三田一颯)のリクエストで歌子(上白石萌歌)が歌おうとすると、そこへ智(前田公輝)が現れ、歌子に何か言いたそうにしています。すると、歌子は歌いだします。その歌を歌い終わると智は歌子に好きだと伝え、歌子と結婚したいと言います。歌子は一筋の涙を流し、うん。と言って返事をします。

智は幸せになろう!と言って歌子を抱きしめようとしますが、暢子が先に歌子を抱きしめてしまいます。優子(仲間由紀恵)や暢子たち、みんなが喜んでくれました…

暢子たちが東京へ戻る前日。暢子がやんばるへの思いを和彦(宮沢氷魚)に伝えると、和彦から提案をされます。それは、やんばるで家族3人で暮らすこと。もちろん暢子のお店のこともあると話してくれ、自分と向き合ってほしいと言います。暢子は優子から今やっている大きな畑は手放して、自分で食べていく分だけを作っていきたいんだということを聞いていました。

健彦、賢三、和彦のお父さんの言葉を思い出し、畑の真ん中に立って、風を感じ、自分がどうしたいのか向き合います。そして、家に帰った暢子はすぐに自分の思いを優子に伝えます。やんばるで家族3人で暮らしたい。和彦もその言葉を聞いて動揺を隠せません。もちろん健彦のこと、店のことたくさん考えなければならないことはある。

でも、ちむどんどんするかしないかと考えたら、好きなやんばるで暮らすしかないと思ったと話します。優子はその言葉を聞いて、優子のためにやんばるでこの家で暮らそうと思っているなら反対する。しかし、自分たちのためなら応援すると言ってくれます。暢子は喜んで優子にありがとうとお礼を言います。

感想

歌子と智、ついに結ばれましたね!付き合ってもいないのにいきなり結婚って…と思いましたが、子供の時から付き合ってきたので、何ら問題はないのでしょう…智が言い出せなかったとき、まさか歌子が歌うとは思ってもいませんでした。その歌にみんなが聞き耳を立て、ずっと見守ってくれた。

あんなに内気で自分の気持を外に出してこなかった歌子が、あんなに大勢の人の前でも恥ずかしがることなく歌えるようになり、堂々とできるようになったのは、智をずっと想い続けてきたからでしょうね。落ち込みながらも、なんとか持ちこたえ、優子にも励ましてもらい、智の気持を聞き出すことができました。そして、暢子の決断!果たしてどうなって行くのでしょうか。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第24週120話】

ネタバレあらすじ「暢子たちの送別会」

暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)と健彦(三田一颯)と家族三人、沖縄やんばるへの移住を決意しました。やがて東京を去る日が近づき、暢子の店『沖縄料理ちむどんどん』で送別会が開かれました。三郎(片岡鶴太郎)をはじめ、長年暢子を見守ってきた人たちが集まり、一人一人思い出を語り、はなむけの言葉を贈ります。しかし、そこにフォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)の姿はありませんでした。

三郎はお腹を空かせた暢子と出会ったときのこと。田良島は暢子がアルバイトしたときのこと。そして、ちむどんどんは矢作が自分の店として引き継ぐことになりました。矢作は体裁や欲でお店を出そうとしていた頃の自分を反省し、暢子とその周りの人たちに感謝の言葉をのべます。二ツ橋は暢子がはじめてフォンターナに来たときのことを。

房子は自分がいい母親ではなかったといい、暢子のおかげで変われたと言います。和彦はいつか沖縄に来てほしい。父親と過ごした沖縄を見てほしい。感極まっていると、波子が泣き出しました。みんな笑って和やかになりました。

暢子が多江に声をかけ、お別れの言葉を言おうとすると、多江はちゃんとお別れを言わなければならない人がいるでしょ。このままお別れしたらきっと後悔する。そう言うと周りのみんなも行きなさいと言ってくれます。暢子は房子に会いにフォンターナに駆け込みます。房子は暢子が沖縄に帰ろうが帰らまいが私には関係ない。と強がります。

暢子はうちと勝負をしてください!といい、ペペロンチーノで勝負してくださいと言います。房子はこの勝負何をかけるの?と暢子に聞くと、暢子に会いに沖縄に来てほしいと言います。ペペロンチーノが出来上がり、お互いのペペロンチーノを食べると、ふたりともペペロンチーノで対決したことを思い出します。暢子は房子に別れを言おうとし泣いてしまいます。

暢子は沖縄に行ってもどこに行っても、おいしいものを作ってみんなに食べてもらいなさい。それだけはずっと続けなさい。あなたならそれができる。私の命令は絶対。と言ってくれます。暢子はどうやって勝ち負けを決めるかも、房子が勝ったらどうするかも考えず房子に勝負を挑んでいました。暢子は自分が負けでいいから沖縄に来てください!といいますが、房子は笑って絶対に行きません。と言い返します。

感想

暢子たちは本当にみんなに愛されていたのだなとわかります。それぞれみんなとぶつかりながら関係を深めていったのですが、そのぶつかるということが大事で、ぶつかったあとにどうすればいいか、自分で考え答えを出す。暢子はそうしてきたからこそ、たくさんの人と東京で繋がりを持てたのだと思います。

そして房子と暢子の関係はお互いに強がって見せる似ている二人。だからこそぶつかるし、意見が合わなくなる。この二人もたくさんぶつかって関係が深まり、お互いに変わることができたのです。誰がかけてもできなかった房子と暢子の関係は、賢三と同じ血の通った房子だからできることなんだなと思いました…

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...
あわせて読みたい
「ちむどんどん」ネタバレ1話~最終回まで! 簡単あらすじと結末の予想まで! 朝の連続テレビ小説106作目「ちむどんどん」いつからかと言うと2022年4月11日(月)から始まります。その「ちむどんどん」のネタバレあらすじを1話から最終回まで毎日お届...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる