ちむどんどん【第18週】ネタバレあらすじと感想「和彦と暢子の歩み寄りで重子の気持ちが…」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「ちむどんどん」
【第18週】ネタバレあらすじと感想
「ちむどんどん」第18週のテーマ「しあわせのアンダンスー」
2022年8月9日(月)~2022年8月13日(金)放送

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...

目次


スポンサーリンク

「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第18週86話】

ネタバレあらすじ「暢子の本当の思い」

暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のお陰で、平和が戻ってきました。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせませんでした。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意します。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、暢子のもとにやってきました。

フォンターナで和彦と良子が料理を食べ終えると、暢子と房子も交えて会話をします。その中で小さな頃、那覇で和彦も含めて外食をしたことを話します。和彦は、家族で外食はしたことはあるけどいつも両親が喧嘩になるからいい思い出はないと話します。しかし、和彦はその時、マーケットで楽しい思い出があったことを思い出します。

良子は帰る準備をしています。良子は恩返しだと言います。自分は子供の頃から何でも一人でやらなければならないと思ってきた。人に頼ることは恥ずかしいとも思ってきた。本当は弱くて欠点だらけの人間で、自分が今幸せなのは家族みんなのおかげ。何があっても自分の味方でいてくれる。もし、みんながいなかったら空回りして失敗ばっかりだったと思う。

と話すと、暢子も自分は失敗ばっかりだったと言います。もしかしたらこの結婚も…和彦のお母さんの言うとおり、自分と和彦は、釣り合わない。和彦を不幸にするかもしれない。そう、暢子が言うと、暢子は暢子のままでいい。と励ましてくれ、暢子は元気を取り戻します。

和彦は重子が朝食をとっている喫茶店を訪れます。和彦は重子に明日フォンターナに来てほしいと言います。暢子から提案がある。3人で同居しようといいます。一緒に暮せばもっとお互いのことをわかり合えると思う。重子と和彦は価値観が違う。住む世界が違うと決めつけていた。

重子の気持ちも知ろうとしなかった。ひどいこともたくさん言った。だけど重子が和彦を愛してくれたから、今自分は人を愛することができる。家族の幸せな思い出があるから、自分も家族をもって幸せになりたいと思う。重子への感謝を当たり前のことを長い間忘れていた。お母さんは僕を産んでくれたこの世でたった一人の大切な人。

これからは決してお母さんを一人にはしない。有り難うお母さん。と思いを伝え、明日フォンターナで待ってると言って、去っていきます。

感想

暢子は三郎と房子と同じことを思ってしまったのですね…そんな暢子に良子が助け舟を出してくれました。暢子は暢子のままでいいと。賢三が言ってくれた言葉です。暢子の原点はそこにあり、家族と言うのがどれだけ大事で一番の自分の味方なのかと言うこと。そこに良子も暢子も気がついたのですね。

そして、和彦のあの気持ちの変わりよう!重子への感謝が出てきました。今までの反発心は一体どこにいってしまったのやら…あんなすぐに気持ちがかわれるんなら誰も苦労はしないなと思ってしまいました。しかし、暢子が和彦を変えたのですね。この二人は最強のふたりなんだと思ってしまいました。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第18週87話】

ネタバレあらすじ「賢秀と良子の暢子への想い」

暢子(黒島結菜)は和彦(宮沢氷魚)と重子(鈴木保奈美)を再びフォンターナに招待するつもりです。暢子が「おいしいものを出したい」と意気込んでいると、オーナーの房子(原田美枝子)は暢子に逆に美味しくないものを作ろうと意外な提案をします。

その頃、良子(川口春奈)は、なんと和彦の実家を訪ねていた。暢子と和彦の結婚に賛成してくれるように、重子を説得するためだった。ところがそこに賢秀も現れ、事態は余計ややこしくなります。

賢秀はインターホンも押さずに、玄関の扉を叩き、暢子の兄姉だと言うと、通してもらえます。部屋に通されてすぐ、賢秀はオルゴールを壊してしまいます。しかし、重子は話を聞いてあげると言って、冷静に話を聞こうとします。

良子は袋から沖縄のお土産を沢山出し、その中に優子(仲間由紀恵)が作ったアンダンスー、歌子(上白石萌歌)が録音したカセットテープを渡します。重子がまた話を聞いてくれる態度をとると、良子は椅子からおり、土下座をして、和彦と暢子の結婚を認めてほしいと言います。良子は本当に家族思いで優しい子なんです。と言います。

いろいろ余計なことを賢秀が話してややこしくしてしまうことを悟った重子は、良子から話を聞こうとしてくれます。良子は暢子が和彦と結婚をすると和彦を不幸にするんじゃないかと悩んでいるのだということを重子に話します。重子は思い当たる節があるので顔を少し伏せてしまいます。

賢秀は自分はもう散々家族に迷惑をかけてきた。この上また、自分のせいで暢子が結婚できないことになったら、豆腐のカドに頭をぶつけて死ぬしかない。暢子をちゃんと見てやってください。暢子のどこが気に食わない?自分の大事な妹だと。力説します。

やり取りをしているうちに、お手伝いさんから時間ですので帰ってくださいと言われてしまいます。良子と賢秀は素直に帰っていきます。二人が帰った後、重子は歌子のカセットテープを手に取ります。

感想

賢秀が一人いるだけで、一つ話すことも大きくなってまとまりませんね…何で来ちゃったんでしょうか…暢子のためを思ったら大人しくしていたほうが賢明だと考えればわかることなのに…賢秀はいつになったら大人になるのでしょうか…良子は賢秀がいた事で自分が伝えたかったことは伝えられたのではないのでしょうか。

そして、重子の対応が面白かったです。ちゃんと話を聞いてくれる姿勢を取ってくれ、良子に対しては身を乗り出してまで、理由を聞いてくれました。重子はもしかすると、もう許しているのかもしれませんね。でも、二人を見てちょっと話を聞いてみたくなった…そのような感じがしました。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第18週88話】

ネタバレあらすじ「しーちゃん?」

重子(鈴木保奈美)を訪ねた良子(川口春奈)と賢秀(竜星涼)。暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の結婚に賛成するように説得をするつもりが、話しは思うように進まず終わってしまいました。

暢子は重子を再びフォンターナに招待します。暢子が重子に出したのは、房子(原田美枝子)のアドバイスのおかげで作れた、戦後闇市で家族3人で食べた重子にとって懐かしい料理の数々でした。

重子は良子と賢秀が帰った後、お手伝いさんが帰るといいましたが、お手伝いさんは歌子が良子に頼んだカセットテープを指さして、それはなんですか?と聞きます。重子はカセットテープをデッキにセットして再生します。歌子の声が流れ、暢子と和彦との結婚を認めて欲しいというものでした。

そして、歌子は歌をうたおうとするのですが、突っかかってしまい、もう一度歌い直そうとします。しかし、優子(仲間由紀恵)にご飯だと言われ、慌てる歌子の声が聞こえてきます。お手伝いさんは暢子の家族は賑やかで良いご家族ですねと、言います。

重子はフォンターナに和彦と訪れます。しかし、フォンターナにはお客様は一人もいません。房子はこのお時間は貸し切りにさせていただきました。というと、重子は何をたくらんでいらっしゃるの?と聞きますが、房子は何も言い返しません。

暢子は本日は特製メニューです。と言ってもってくる数々の料理はふしぎなものばかり…和彦は何か考えがあるのかなと言いながら食べます。クジラの肉が出てきて、おからのお寿司が出てくると、重子は懐かしい…と言って話し始めます。

毎日お腹をすかせていた終戦直後のお父さんとよく行った、闇市の味。お父さんが戦争から生きて帰ってきてけれたとき、母さんは本当に嬉しかった。自分でも驚いたわ。親同士が決めた結婚で好きでもない相手だと思っていたのに。あの頃は食べ物が足りなかった。闇市には何でもあったけど、値段がどんどん上がって。

私の実家もあのときはお金がなくて…そんなとき和彦が、生まれた。何年かして闇市はマーケットと名前を変え、和彦を連れて3人ででかけては、こういう料理を食べていた。美味しくなかったのよ、今考えると。とそう言って泣きながらまた料理を食べ始めます。でもあの頃、それが美味しかったの。不思議ね…生活が豊かになっていくと、言い争うようになっていった。

戦争中の世の中も、戦後のもののない暮らしも私は大っきらい!子供には絶対に味あわせたくない!でも、ひょっとしたら、あの頃が私の人生の中で一番幸せだったのかも…そう言って、また黙々と料理を食べ始めます。料理を全て食べ終えると、ごちそうさまでした。といい、披露宴はイタリア料理でお願いしますね。あと…沖縄料理も食べさせてもらいたいわ。

と重子が言うと、暢子がお義母さんというと、「しーちゃん」私、孫ができても、おばあちゃんと呼ばせたくないの!としーちゃん駄目?と可愛く聞きます。暢子は笑って、しーちゃん。と重子を呼びます。

感想

重子さんやっと認めてくれましたね!良かった良かった。いや〜もう良かったの一言です!今までの暢子の頑張りと和彦の母への愛を、絶対にお母さんを一人にしないというあの言葉も良かったんだと思います。自分の愛する息子からのあの言葉は、流石に折れるしかないと思います。

そして、追い打ちをかけるように暢子の家族からの家族愛。家族とはなんぞや?を教えてもらうことができました。重子が一番幸せだったのは自分が一番嫌な時代だった。それがわかったというのが重子にとって一番大きなことだったのかもせれませんね。それを思い出させてくれた。暢子はすごいですね…

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第18週89話】

ネタバレあらすじ「披露宴当日」

暢子(黒島結菜)は、フォンターナで重子(鈴木保奈美)に戦後のなつかしい料理を振舞い、やっと和彦(宮沢氷魚)との結婚に賛成してもらうことができました。それから半年後、フォンターナで暢子と和彦の披露宴が行われることになりました。重子に加え、房子(原田美枝子)などフォンターナのスタッフ、優子(仲間由紀恵)ほかやんばるの面々、そして鶴見の三郎(片岡鶴太郎)たちがいよいよ一堂に会することになります。

和彦と暢子は毎日披露宴の準備に追われています。フォンターナでは暢子を中心に沖縄料理とイタリア料理の融合のメニューをみんなで考えます。メニューの承諾をしてもらいに暢子は房子の元に行きます。房子はメニューの許可はいらない。暢子の披露宴だからと言ってくれます。房子はそれより宿題はどうなった?と暢子に聞きます。

自分のやりたいお店のイメージを房子から宿題として出されていたのです。暢子はまだわからないと答えると、房子は、披露宴をやるということは、これまでお世話になった皆さんに、感謝の気持で今の自分にできる精一杯の美味しいものを食べてもらうということ。自分がどこから来て、どこに行きたいのか。考える一番の機会です。無駄にしないように。と言われます。

やんばるでは、歌子が歌の練習をしていると、智がやってきます。歌子は智に披露宴の当日家から空港まで送って欲しいと智に頼みます。智は歌子の要望を引き受けてくれます。歌子は智に披露宴に来てくれるよう聞いてみますが、智は自分が行くと、披露宴を台無しにしてしまう。と言って断ります。

いよいよ、披露宴当日。智が歌子を迎えに行くと、歌子が倒れていました。智はどうすればいいか歌子に聞くと、歌子は東京に着いて、フォンターナまでついてきてほしいと言います。フォンターナの玄関までついてきた智は三郎に見つかってしまい、強制的に披露宴会場まで連れていかれます。

一方、フォンターナでは三郎と房子が再会。三郎は奥さんを紹介し、三郎は変わってないねと言うと、房子はお店を守ってくれたお礼を三郎に言います。房子がその場を去ろうとすると、奥さんが思っていた通りの方ですねと言います。房子も私も同じことを思っていましたとお互いの気持ちを言い合います。

暢子は優子に感謝の言葉を告げます。

感想

とうとう披露宴ですね!房子は三郎と久しぶりに顔を合わせ、房子は何度も何度も三郎から逃げようとしますが、二ツ橋が料理の準備をしながら房子に逃げないように見張ります。それが面白くて何度も笑ってしまいました。そして重子の嬉しそうな仕草。あんなに反対していたのにすごい変わりようですね。

そして、忘れかけていた智…智も現実から逃げようとしますが、歌子がうまくフォンターナまで連れてきてくれました。歌子は何もできないと言っていましたが、なんやかんや良子のときも石川のところまで行ったりとかなり行動派ですね。披露宴の中身が楽しみですね。

スポンサーリンク


「ちむどんどん」ネタバレあらすじ・感想【第18週90話】

ネタバレあらすじ「暢子の突然の発表」

暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の結婚式披露宴が始まりました。披露宴が行われているフォンターナでは、三郎(片岡鶴太郎)が乾杯の音頭をとり、智が挨拶を述べます。暢子とは幼なじみで家族も同然。できればお嫁にいってほしくありません。と言いたいところですが、悔しいけど、これほどお似合いの二人はいません。結婚おめでとう!と挨拶すると、暢子は笑顔で智の顔を見ます。

暢子の思いが溢れる数々の料理が宴を彩ります。続いて、房子が挨拶をします。今日はフォンターナの話を二人に贈らせてください。フォンターナとイタリア語で泉。ドイツの哲学者ニーチェの言葉に由来します。汝のたつところ深く掘れ。そこに必ず泉あり。私が立つ足元の泉とは小さな屋台から続けてきた飲食業という仕事。イタリア修行での経験です。

そこを深く堀ら続けていきたい。そんな気持ちを店の名前に託しました。今若い二人の目の前には明るい未来が開けています。ですが、人生山あり 谷あり。どうか足元を深く掘り見つめて、泉を掘り当ててください。そうお祝いの言葉を残し、奥に帰っていきましました。

千葉の養豚場では賢秀(竜星涼)が豚の出産のために披露宴への出席ができませんでした。

暢子と和彦は琉装に着替え、ここからは沖縄料理と歌子が歌う沖縄の三線での歌で盛り上がります。歌子は人の前でもしっかり歌うことができるようになっていました。みんなからは大きな拍手をもらいました。

そして、暢子はみんなが喜んで沖縄料理を食べている姿を見て、沖縄料理の店を開くと断言します。

感想

幸せそうな披露宴で良かったです。心配していた賢秀のところにも豚の出産というハプニングが起き、披露宴がおわりになりかけても、賢秀は姿を現すことなく終わりそうです。そして、暢子の最後の言葉。沖縄料理の店を開くと言う言葉。なんだか、高校のときの料理大会で優勝したときと同じ雰囲気でした。

思いつきで言ってしまう暢子の良くないところ。言ってしまったらやらなければならないのに…あんな大勢の前で発表してしまったら…これから大変だぞ〜と思ってしまいました。一人でお店をやるのか、誰かを雇ってやるのかわかりませんが、自分から大変な道を選んでしまったなと思ってしまいました。

あわせて読みたい
ちむどんどんDailymotionPandoraで見れる?見逃しを無料で見る方法! ˗ˏˋ 比嘉暢子 #黒島結菜 ˎˊ˗🌺━━━━━━━━━🌴沖縄本島北部、「やんばる地域」に生まれ育つ。4きょうだいの次女。運動が大の得意。食べること、おいしいものを...
あわせて読みたい
「ちむどんどん」ネタバレ1話~最終回まで! 簡単あらすじと結末の予想まで! 朝の連続テレビ小説106作目「ちむどんどん」いつからかと言うと2022年4月11日(月)から始まります。その「ちむどんどん」のネタバレあらすじを1話から最終回まで毎日お届...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる