カムカムエヴリバティ【第12週】ネタバレあらすじと感想| 「トランペッターを決めるコンテスト」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「カムカムエヴリバティ」
【第12週】ネタバレあらすじと感想
「カムカムエヴリバティ」第12週のテーマ「1963-1964」
2022年1月17日(月)~2022年1月21日(金)放送

あわせて読みたい
『カムカムエヴリバディ』1話~全話dailymotionで見られる?再放送も見逃した時の無料動画配信 この投稿をInstagramで見る 上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿 上白石萌音、深津絵里、川栄李奈の3人がそれぞれの時代のヒロインとして、祖母・母・娘...

目次


スポンサーリンク

「カムカムエヴリバティ」ネタバレあらすじ・感想【第12週53話】

ネタバレあらすじ「映画で自信を取り戻す錠一郎」

るい(深津絵里)は関西一のトランぺッターを選ぶコンテストに向けて、錠一郎(オダギリジョー)の着る衣装を選んであげました。錠一郎は優勝してるいと一緒にアメリカに行くという夢ができました。そこにるいも賛同します。

準備万端と思っていたところ、偶然ラジオで「勝者はトミー北沢(早乙女太一)に違いない」という予想を聞き、錠一郎は自信を無くしてしまいます。錠一郎が落ち込むなか、るいは励ましてあげます。

そこに現れた映画館主の西山(笑福亭笑瓶)の勧めで気分転換に映画を見に行くといいと言われます。るいと錠一郎は映画館につき、錠一郎はホットドッグを食べようとすると、るいは、ハンカチを鞄から出して、錠一郎のYシャツにケチャップをこぼさないようにかけてあげます。

映画の台詞で、「暗闇でしか見えぬものがある。暗闇でしか聴こえぬ歌がある。」と言って戦う主人公。その言葉から錠一郎は小さい頃、ジャズ喫茶に行って、皆と楽しく歌を歌ったりしたことを思い出したり、進駐軍のクラブに忍び込んだり、両親を亡くして1人で耐えていたり…ということを思い出していました。

映画を観終わって、錠一郎はるいに「勝つよ。サッチモちゃんのために戦うよ。」と言って、自信をなくしていたのを、映画を観たことで、自信を取り戻していました。るいは錠一郎のその言葉を信じます。

ジャズのコンテストの当日。平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)はクリーニング店を早めに閉めて、映画に出掛けていきました。るいはコンテストに行く準備をしようと、クリーニング店を閉めようとしたその時、錠一郎が走ってやってきました。るいは驚いて、閉めたクリーニング店の扉を開けます。コンテストの衣装にケチャップを付けた錠一郎が立っていました。

るいは錠一郎に衣装を着てホットドッグを食べたことを怒りますが、錠一郎はどうしてもるいが選んでくれた服でコンテストに出たいと言うと、るいはコンテストに間に合うように汚れを落として届けるから、コンテスト会場に戻って準備をするよう、錠一郎に促します。

るいは錠一郎に必ず勝ってくださいと言います。

感想

想いが通じ合ったるいと錠一郎。コンテストの衣装を選びに行ったことで、お互いの気持ちが通じ合うって凄いですね。そして、ラジオで錠一郎ではなく、トミーが優勝すると予想されたことで落ち込んでしまう錠一郎。

コロコロ雰囲気が変わり、大人になったと思ったら、子供に戻る。そんな錠一郎の一面が見えてきました。そして、コンテストの当日。ホットドックをステージ衣装のまま食べ、ケチャップをこぼすという錠一郎。もう可愛いとしか言えませんでしたね。

スポンサーリンク


「カムカムエヴリバティ」ネタバレあらすじ・感想【第12週54話】

ネタバレあらすじ「コンテストが始まります」

関西一のトランぺッターを選ぶコンテスト当日。るい(深津絵里)が応援のためにでかける準備をしようとしたちょうどその時、錠一郎(オダギリジョー)がクリーニング店に慌ててやってきました。見ると、なんとステージ衣装にケチャップがべっとり。

るいが他の衣装を着てと提案するものの、るいが選んでくれた衣装で出ると聞かない錠一郎。るいはなんとか錠一郎の出番に間に合わせようと急いでシャツを洗います。

錠一郎はるいがシャツを持ってくるまで、気が落ち着きなく、青い顔をしていると、トミー(早乙女太一)が、「お前までそのありさまやったら楽勝やな」というと、錠一郎は「トミー、負けへんよ」といいます。トミーはその言葉を聞いて、ニヤッと笑い「そうこんとな」といいます。

平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)は映画館に着いたものの、観たかった若大将が満席で観ることができず、仕方なく、るいと錠一郎が観た駄作を観ることになります。

コンテストの準備と対応に追われているジャズ喫茶は、ベリー(市川実日子)が手伝います。ベリーが飲み物を運ぼうとする人はこのコンテストの主催者で今日の審査委員長だと知らされます。

今日のコンテストの批評をコンテストの主催者とその娘さん(佐々木希)は関西で有名だと言われている人たちが選ばれるなと言う言葉に、東京でも通用するのか?と疑問を持ちます。その話をしていると、ベリーが飲み物をテーブルに置き、「言っとくけど、ダークホースがいてるえ」と得意気にいいます。

とうとう、コンテストが始まりました。一番から順番に演奏をしていきますが、審査委員長と娘さんはいまいちな顔をして審査をしていきます。トミーと錠一郎の順番が迫ってきました。るいは洗濯物を仕上げ、会場に走って向かいます。

何とか錠一郎の演奏にギリギリ間に合いました。るいはそのまま会場の隅っこで錠一郎の演奏を聴きます。聴きながらるいは錠一郎のサニーサイドの由来を思い出します。錠一郎の演奏が始まると、審査委員長と娘さんはとても楽しそうに聞き入ります。

審査の結果、錠一郎とトミーへの票が真っ二つに割れました。決着を着けるため、指定の曲を2人でセッションすることになりました。2人の演奏が始まると、会場が一体になって錠一郎とトミーの演奏に入り込み、無事演奏は終わりました。

感想

錠一郎はるいが洗濯物を届けるまでかなり不安そうな顔で待っていました。しかし、るいがギリギリ間に合ってワイシャツを届けると、とても安心した顔になっていました。その後の演奏はもういうまでもありませんでした。

結果、錠一郎とトミーは同数の票を集め、2人でセッションすることになるのですが、一人一人演奏しているよりも、一層良く聴こえる演奏に聴いている会場の人たちも、審査員もとても楽しそうでした。音楽は音を楽しむものなので、これが本来の音楽なのだと感じました。

スポンサーリンク


「カムカムエヴリバティ」ネタバレあらすじ・感想【第12週55話】

ネタバレあらすじ「錠一郎の優勝とるいへのプロポーズ」

コンテストの結果、錠一郎(オダギリジョー)が優勝しました。会長の提案で、レコードはシングルではなく、LPで出すことになります。娘さん(佐々木希)も「きっと、東京のジャズ界に新しい風が吹きます。どうぞよろしくお願いします。」と言ってくれます。ベリー(市川実日子)は負けたトミーに「悔しい?」と聞きますが、トミーは「全然。最高やった」と言います。

みんなの中に入っていけないるい(深津絵里)小さな声でおめでとうございますと言って、帰ろうとします。その後を錠一郎が追ってきて、「ありがとう。これで勝てた」とるいが選んだ洋服を指して言います。るいは錠一郎の実力だと言うと、錠一郎はるいを抱きしめ、「結婚しよう」と言います。るいは驚いた顔をします。

るいは、錠一郎からのプロポーズと東京に行くということを平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)に話ができずにいました。大阪に出てきて就職に失敗した自分を拾ってくれた上に、クリーニングのことを一から教えてくれた二人に対して、自分勝手な相談はできないと考えていたのです。

悩んでいると、クリーニング店に錠一郎がやってきました。平助と和子は大歓迎します。興奮している2人に錠一郎は、「サッチモちゃんを僕にください。サッチモちゃんに結婚を申し込みました。おじさんとおばさんのお許しがもらえたら、2人で東京で暮らすつもりです。お願いします。サッチモちゃんを…」と言いかけると…

るいが、「やめて!」と言葉を遮ります。「何なんですか、いきなり。おじさんもおばさんもびっくりしてはるでしょう?私が大阪に来てから、おじさんとおばさんにはホンマにお世話になってるんです。娘のようにかわいがってもらってるんです。そんなこと、ぶしつけに言えるわけない!」とるいは怒ります。

しかし、平助と和子はそんなにいつまでもいられても困ると言います。隠居したときに2人でるいと一緒に仕事したことを懐かしむことができたら幸せだと言ってくれます。平助は錠一郎に娘をお願いしますと言います。

錠一郎はレコーディングのため、一旦1人で東京に向かうことになりました。およそ3ヶ月かけてレコーディングをし、その発売を記念して、クリスマスに銀座でライブをする。というスケジュールです。

るいは荷造りをしていると、昔、母(上白石萌音)と行ったお店のマッチの箱を見つけ、錠一郎に話します。錠一郎はそのとき、マスターの定一(世良公則)に拾ってもらったのだと話し始めます。

感想

錠一郎が優勝しましたね!そしてそのままプロポーズととっても展開の早いこと!しかし、るいは平助と和子のことを思って言い出せずにいるのでした。しかし、行動力のある錠一郎はクリーニング店に来て、平助と和子にるいをくださいと言います。

クリーニング店に恩があるるいは錠一郎と一緒に行きたいけど、行けないという複雑な思いを抱えながら、悩んでいましたが、錠一郎はその壁をあっさりと超えてしまいました。そして、錠一郎がどうやってトランペッターになったのかわかりますね!

スポンサーリンク


「カムカムエヴリバティ」ネタバレあらすじ・感想【第12週56話】

——-ここに出演者の公式インスタかTwitter画像を埋め込み——-

ネタバレあらすじ

錠一郎(オダギリジョー)の幼い頃の話。定一(世良公則)は自分の名前の漢字もわからず名字もわからない子供に「無理もねえのお」と言って、トランペットが好きかと聞き、一緒にサニーサイドを歌います。2人で一緒に歌った後、大きな月が見えていました。それで、定一は錠一郎に「大月錠一郎」というくれました。

錠一郎という字は、左の金偏を取ると、定一という文字だけが残ります。そこから、子供の錠一郎は、定一のジャズ喫茶に出入りさせてもらうようになり、お店の手伝いをしながら、バンドマンにトランペットを習って、ジャズを教えてもらったりして、バンドの巡業にもついて回るようになり、大阪で、セッションがあるといって、今のお店に来てたときに定一が亡くなった知らせを受けたと言います。

自分に何かあったら、錠一郎のことを頼むと先代の支配人に言ってくれていたと、話してくれます。錠一郎は自分の名前を気に入っているといい、定一は自分の中にいると穏やかに話してくれます。

錠一郎の引っ越しの荷造りを手伝ったるい(深津絵里)は、錠一郎が東京に行ってしまい、会えなくなることをハッキリとは言いませんが、寂しそうにします。錠一郎は「クリスマスのステージが終わったら、そのまま東京で一緒に暮らす部屋を探そう」と言ってくれ、るいは喜びます。

錠一郎は、急に「るい」と呼びます。るいは驚きますが、錠一郎は今から慣れておきたいからと言い、るいに大月さんと呼ぶのをやめるようにいいますが、るいはなんてよんだらいいかわからないと言います。

デビューアルバムのレコーディングのため東京で生活することになった錠一郎は、デビューコンサートまでの3ヶ月間、笹川社長(佐川満男)の自宅に居候します。娘の奈々(佐々木希)に面倒を見てもらいながら順調に準備を進めていきます。

一方、るいは錠一郎と1ヶ月も会わず、手紙のやり取りもしていないと、話すと、ベリー(市川実日子)にあり得ないといわれてしまいます。ベリーは東京には錠一郎に寄ってくる女はいっぱいいると脅します。しかも、娘と一緒に暮らしているということもダメだと言ってきます。

しかし、るいは、錠一郎を信じ、料理を和子(濱田マリ)に教えてもらい、再会できるクリスマスライブの日を楽しみにしながら待ち続けていました。ところが錠一郎は急にトランペットがうまく引けなくなってしまいます。

るいの元に、トミー(早乙女太一)がやってきます。トミーは、錠一郎のデビューコンサートが延期になったと言います。るいは驚きます。

感想

錠一郎がなぜかトランペットが吹けなくなってしまいました。その事はるいの耳には届かず、トミーからただデビューコンサートが延期になったとだけ聞かされます。錠一郎とるいはうまくいくのでしょうか?なぜ、錠一郎はトランペットが吹けなくなってしまったのでしょうか?

錠一郎の子供の頃の話を聞いて、定一が亡くなったことを知ったるいは、悲しく思ったでしょうね。しかし、錠一郎は自分の中に定一がいると、定一を尊敬していました。るいも定一のことは知っていたので、錠一郎との繋がりを嬉しく思っていたと思います。

スポンサーリンク


「カムカムエヴリバティ」ネタバレあらすじ・感想【第12週57話】

ネタバレあらすじ「錠一郎の嘘」

錠一郎(オダギリジョー)のレコーディングやライブが4月の初めまで延期になったということをトミー(早乙女太一)から聞き、不安に襲われるるい(深津絵里)。トミーもなんで延期になったのかわからず、レコーディングの収録が遅れているとか、バンドのメンバーのスケジュールが合わないとかで、そうなったのだといいます。

トミーからその話を聞いたるいは、その夜思いきって錠一郎に手紙を書きました。しかし、何通手紙を書いても、錠一郎から返事は返ってきませんでした。

東京の錠一郎は、何ヵ月たっても、トランペットをうまく弾くことができなくなっていました。

会長は怒り、デビューもコンサートも中止だといいます。しかし、奈々(佐々木希)は錠一郎は東京でのハードスケジュールで疲れているだけなのだと、お医者が言っていたと、会長を説得しようとします。錠一郎にも原因がわからず、謝ります。

会長は会場も、レコーディングスタジオもキャンセルし、トランペッターを差し替えると言い出し、地元に帰れ、大損だと錠一郎に言葉を吐き捨てて、大阪に電話をかけようとしますが、奈々が他のお医者に見てもらったりして、春までにどうにかするから、待っていてほしいと会長にお願いすると、会長は春以降は許さない!と言って部家を出て行ってしまいます。

しかし、どこの病院に行っても結果は同じでした。日常生活には何の支障もないのに、トランペットを吹くときだけ思うように体が動かないという錠一郎の症状に適切な診断と処置を与えてくれるお医者は見つかりませんでした。

るいからの手紙も届いているのに、錠一郎は返事を書くこともできませんでした。奈々はそれではダメだといいますが、錠一郎は落ち込んだまま、何もする気力が失くなっていました。錠一郎はクリーニング店に電話をかけますが、和子(濱田マリ)が出ると、後ろからるいの声が聞こえ、錠一郎は電話を切ってしまいました。

トミーとベリー(市川実日子)は錠一郎の状況がどうなっているかわからずにいました。しかし、トミーは東京からツアーできたバンドマンが言っていた話だか、錠一郎のデビューごいつまでも進まないのは、会長の機嫌を損ねたからだと…錠一郎と東京での面倒を見ている奈々が交際しているのだと言います。二人でしょっちゅう出かけているらしいと…

その話をしているところにちょうどるいが洗濯物を持って現れて、内容を聞いてしまいます。トミーはただの噂だと言い、浮気みたいな器用なことはできる男ではないとるいに言ってくれます。るいはわかっています。と言って、錠一郎を信じていました。しかし、るいは不安でした。どうして、手紙も電話もくれないのか、どんなに考えてもわかりませんでした。

錠一郎はやはり治らず、会長にもう終わりだと言われてしまいます。錠一郎は大阪に戻ると、奈々に話します。奈々はるいにはどうするのか?と聞くと、るいと錠一郎を繋いでいたのはトランペットなのに、会えないと言います。

錠一郎が大阪に帰ってきました。錠一郎が外に出ると!たまたまるいが通りかかり、錠一郎に事情を聞きます。その時、奈々がやってきて錠一郎を追いかけて来たような話をします。るいは錠一郎と奈々との噂を聞いたと話すと、錠一郎は奈々のことが好きになったからるいとは終わりだと告げます。

感想

奈々のことだと言ったのは、錠一郎の優しさなのでしょうが、るいはものすごく傷ついたと思います。るいのことが好きなのに、好きだからこその嘘。嘘を言った後の錠一郎の唇は震え、唇だけが泣いているようでした。

こんなことは言いたくなかったと言っているように思いました。なんで素直にトランペットが吹けなくなったのだと言えないのでしょうか?るいに慰めてもらえば、もう一度吹けるようになるかもしれないのに、あんな嘘錠一郎についてほしくなかったです。

あわせて読みたい
『カムカムエヴリバディ』1話~全話dailymotionで見られる?再放送も見逃した時の無料動画配信 この投稿をInstagramで見る 上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿 上白石萌音、深津絵里、川栄李奈の3人がそれぞれの時代のヒロインとして、祖母・母・娘...
あわせて読みたい
「カムカムエヴリバディ」安子(上白石萌音)の幼少期の子役は網本唯舞葵! 朝ドラの2021年後期・11月1日(月)からスタートしたNHK朝の連続テレビ小説「カムエヴリバディ」。 大正・昭和・平成・令和の100年を通して初代ヒロインの子供時代を演じ...
あわせて読みたい
カムカムエヴリバディ1話~最終回までのネタバレを【毎日更新】あらすじ感想も 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の1話から最終回までの全話ネタバレを毎日更新していきます。あらすじだけじゃなくて、話ごとの感想もお届けするボリュームたっぷりの内...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次