「おかえりモネ」ネタバレあらすじと感想【第6週】| 「大人たちの青春」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「おかえりモネ」
【第6週】ネタバレあらすじと感想
「おかえりモネ」第6週のテーマ「大人たちの青春」
2021年6月21日(月)~2021年6月25日(金)放送

あわせて読みたい
見逃し『おかえりモネ』の公式無料動画が視聴できる配信サイト!永瀬廉・出演ドラマ!全話あらすじと感想も!
見逃し『おかえりモネ』の公式無料動画が視聴できる配信サイト!永瀬廉・出演ドラマ!全話あらすじと感想も!本日から「 #おかえりモネ 」公式Twitterがスタート!ヒロイン永浦百音を演じる #清原果耶 さんと、百音の同級生からメッセージが届きました!撮影の様子やエピソードを...
目次

「おかえりモネ」ネタバレあらすじ・感想【第6週26話】

ネタバレあらすじ

肺がんの治療中の田中(塚本晋也)。田中は耕治(内野聖陽)と旧知の仲だが、菅波(坂口健太郎)だけは症状を知り、百音(清原果耶)には、知らせないでいました。田中は話をしている時に咳き込んだりしています。

ある日、ベテラン作業員・熊谷(山本亨)が雷雨でも百音の言うことを聞かず、自分の判断を信じ、作業を中断しませんでした。熊谷に意見して、中途半端な知識で口を出すなと一蹴されます。林業は労働災害が最も多い仕事だと翔洋(浜野謙太)に話をされます。なので熊谷は作業員の命のことを一番に考えていると。それを聞いた百音は熊谷に謝ります。

そして熊谷や作業員の前で、気象予報士を取ろうとしていることを話すと、作業員のみんながたくさんの国家資格を有していることを百音は知ります。その時、田中が突然倒れてしまいます。そこに菅波が駆けつけて、迅速に対応し、助かります。

菅波が医師国家資格を持っていることを確認した百音は、気象予報士の資格について菅波(坂口健太郎)に相談します。資格を必要とする仕事の多くは、他人の財産や生命に直接関わります。何かミスをすれば、目の前の人の命を奪ってしまうかもしれない。そんな現実的な話をします。気象予報士もその一つです。改めて百音は気象予報士を受ける決心を菅波に誓います。

百音は菅波に気象予報士の試験に合格することが目標だと話すと、菅波は合格するためのスケジュールをスラスラと話しはじめます。そして百音に試験を受けるのか受けないのかを尋ね、百音は「やる」と返事をします。

感想

菅波と百音の距離がドンドン縮んでいっています。お互いが好きとか好きでないとかは置いておいて、菅波は百音のために動いてくれています。試験のスケジュールも迷いなく決め始め。自分が教えるから、合格を目指そうと言っているようなものです。

中途半端に知識だけを増やすのではなく、きちんと資格を取ってから周りの人に意見する。周りの人も資格を持っているならと信用してくれる。資格も何もない百音に対して熊谷が怒ったのも長年の経験と知識と体験があってこそのもの。とにかく百音は気象予報士の資格を取るのが先決だと言った菅波と同じ意見になりました。

「おかえりモネ」ネタバレあらすじ・感想【第6週27話】

ネタバレあらすじ

百音(清原果耶)は、サヤカ(夏木マリ)に気象予報士試験に挑戦することを打ち明けます。サヤカは百音に気象予報士にどれぐらいの人が合格するのか聞きます。百音は合格率は5%とサヤカに話すと、サヤカはビックリして、百音には無理だと思ったのか、笑って気長にやりなさい。といってくれます。

ある日、写真を撮りにきていた田中(塚本晋也)は森林組合に直接テーブルの発注をします。百音と翔洋(浜野謙太)は、打ち合わせのために田中の喫茶店を訪ねます。喫茶店には田中が過去に撮影した写真が飾られていました。その中には有名な演奏者達の写真があり、百音は田中にすごいと言います。その中に一枚の写真が…その写真の人物をどっかでみたことがあると言う百音。田中は百音の父・耕治(内野聖陽)だと明かされ驚きます。

年末菅波(坂口健太郎)が診療所から東京に帰るため外に出た百音と菅波。田中が両親と昔からの知り合いで、その子供が百音だと言うことを前から知っていたのだと言うことを菅波に話します。話をしていると雪が降ってきて、菅波はお正月休み中もしっかり勉強するようにと百音にいいます。

その様子を部屋の中から見ていた森林組合の人達。部屋の中ではとても盛り上がっていました。

年が明けて、気仙沼に帰って来ていた百音は、未知(蒔田彩珠)に気象予報士の勉強を本格的に始めたことを話します。未知は気象予報士の試験は独学で学べるほど簡単な資格ではないと言うことを知っていて、誰かに勉強を教えてもらっているのか?と百音に聞きます。百音はサラッと診療所の先生に教えてもらっていると話しますが、未知は菅波が立てた勉強のスケジュール表に書いてある菅波の名前を見つけ男だと察知します。

耕治(内野聖陽)が大学時代にトランペットを吹いている姿に、亜哉子(鈴木京香)が、夢中になったのだと田中から聞かされた話を百音は未知に話します。しかし、当時耕治は、亜哉子にそっけなく、何度も亜哉子からの誘いを断っていたと言います。そこで亜哉子は耕治に付き合って欲しいと言いますが、亜哉子は振られてしまいます。

その先を知りたい未知と百音ですが、百音は田中からそこまでしか聞いておらず、2人ともソワソワします。

感想

菅波といい感じになってきている百音。森林組合の人たちも2人がうまく行くように見守りますが、なかなかみんなが思っているようには当事者達は動いてくれないもどかしさを楽しんでいるのを見て、百音はみんなに馴染んできたのだと安心して見ることができます。

田中の正体がわかったことで、百音は両親の馴れ初めを知っていくわけですが、親にも昔はあったわけで、その話を聞くことは女子は楽しいものだと思います。百音と未知が盛り上がっているのも、百音と菅波のことで森林組合の人たちが盛り上がっているのも同じような感じだなと思いました。

「おかえりモネ」ネタバレあらすじ・感想【第6週28話】

ネタバレあらすじ

年が明けて、登米に戻った百音(清原果耶)は、日常に戻り、気象予報士の勉強も引き続きやっています。勉強ができないことを菅波(坂口健太郎)に指摘され、反論しますが、菅波の理論的な説明に押され、素直に勉強をしなおします。

そして、いよいよ最初の気象予報士試験の日がやってきました。サヤカ(夏木マリ)や菅波に心配されながら、朝早くに登米を出発して、仙台の試験場へ向かう百音。試験の帰りを待っていた菅波は百音に予想よりはできたという言葉に「お疲れ様でした」といってくれます。しかし、合否が分かるのは3月。しばらくは気をもむ日々が続きます。

そんな中、田中(塚本晋也)からのテーブルの注文が突然キャンセルになります。心配になった百音は、田中のお店を一人で訪ねると、そこには病状が悪化し、ベッドに横たわって寝ている田中の姿がありました。田中にお茶を入れてあげると、田中は自分の命が長くないということを百音に話します。

百音は森林組合に戻り、菅波と勉強をしている時に、田中が自宅で治療をしていることは田中が望んでいることで、菅波には何もできなくて関わりたくないと。菅波はいつになく強く反論します。

感想

百音は菅波のことは意識していないように見えますが、菅波は百音のことを意識し出しているのかなと感じました。自分は百音よりも上にいるから百音のことを心配している自分を見せたくない。気になっているということを見せたくないのだと思いました。

もうそれは恋心なのですが、菅波は恋などしたことがないのでしょう。どうしたらいいのかわからないのだと思います。百音も恋をしたことがないから気が付かない。そんな不器用な二人の関係がどうなっていくのか、楽しみです。

田中の病気のことは家族でもない百音にはどうすることもできません。しかし、どうにかしてあげたいという気持ちが湧いてくるのは当たり前の感情だと思います。菅波のそっけない態度も気になるところですが、百音の心の中は何を考えているのか、これから少しずつわかっていくのかなと思いました。

「おかえりモネ」ネタバレあらすじ・感想【第6週29話】

ネタバレあらすじ

百音(清原果耶)は、田中(塚本晋也)にもう一度テーブルとイスを作らせてもらえないか、頼みに行きました。田中は百音に別れた家族のことを話します。家族と一緒に食卓を囲むために、テーブルと椅子を注文したのかと聞くと、田中は近々孫が生まれるのだという話をします。

どうにか力になれないかと悩む百音は、もう一度菅波(坂口健太郎)に相談しますが、菅波はやはりはねつけてしまいます。菅波は田中を助けられないことをわかっていて、田中も助からないことはわかっています。そのことを百音に大きな声でぶつけてしまう菅波。菅波の強い言葉にショックを受ける百音。菅波は発してしまった言葉を後悔してしまいます。

状況を見ていたサヤカ(夏木マリ)はジタバタもがきながらみんな生きているということを聞きます。医者の大変さは、サヤカにもわからないと百音に話します。

田中の家片付けを手伝っていた百音は、菅波が田中の家にバスの時間潰しに寄ります。百音は隠れながら菅波の話を聞きます。本当に自分がそうしたいと思っていることができるように治療をしないか?と提案します。迷うための時間を作る治療だと。その話を聞いて田中はもうちょっと頑張ってみようかと考え直します。菅波はいつでも相談に乗ると田中に話します。

隠れていた百音は菅波が帰ると隠れていた場所から出てきます。田中はテーブルと椅子をやはり作ってもらいたいと百音に話します。

感想

菅波が百音に本当の気持ちを言葉でぶつけたことで、菅波は色々考えて田中のところに行ったのだと思います。無理に治療を勧めるのではなく、田中の心情も汲み取りながら話す菅波に、とても心を惹きつけられました。

みんな、もがいて生きているというサヤカの言葉に、確かにそうだなとも思いました。百音がもがいているように菅波ももがいているのです。何も考えずに菅波に質問をする百音は素直でいいと思います。その素直な心が、菅波を初めて、みんなの心を動かしているのだと感じました。

「おかえりモネ」ネタバレあらすじ・感想【第6週30話】

ネタバレあらすじ


田中(塚本晋也)は亜哉子(鈴木京香)に百音(清原果耶)が似ていると話します。田中は亜哉子の逆転劇の続きの話をしてくれました。どうやって耕治を落としたのか?亜哉子は正しくて、明るくて、ポジティブで前向きであることが、魅力にならないなんてクソです!そんな耕治は本当に素敵です!と耕治の前で言い切ります。耕治は電流が落ちたようにビックリして喜びます。

中村(平山祐介)が田中の治療の説得を菅波がしてくれたことが嬉しくなり、菅波(坂口健太郎)は田中の在宅診療に携わることになりました。菅波と百音はこの間のことをお互いに謝り、また勉強をはじめました。菅波は本当は訪問診療に携わりたくなかったと、患者の望みより、自分の治したいという欲を優先させてしまう、本質的には、患者のことを考えていない。だから自分には向いていないと話します。

菅波は百音のことを思って一生懸命考えてくれている。だから患者さんのことも自分のことのように一生懸命に考えてくれる人だということがわかったと、百音は菅波に話します。

田中が森林組合に注文したテーブルとイスが、無事納品され、作ってもらってよかった。と喜びます。田中は、別れた奥さんにに完成したテーブルを見に来てもらえないかと連絡をしており、百音も田中と一緒に奥さんが店に来てくれるか、緊張な面持ちで待ちます。

しかし、約束の時間が過ぎても、奥さんは来ませんでした。奥さんはギリギリまで考えて、行くことをやめたとメールを送ってくれました。そこに、亜哉子と耕治が現れます。田中は2人が来たことが嬉しくて笑っています。

感想

亜哉子と耕治の完結を聞いて、亜哉子の間と言いますか、ただ好きになったのではなく、耕治の中身を好きになって諦めずにアタックし続けたのだなと思いました。亜哉子はすごいなと思いました。そんな人のことを見ることができる。先生という職業に向いているなと思いました。

百音と菅波もお互いのことがわかってきて、菅波は本当はどんな人なのか。百音は少しづつわかってきたのですね。亜哉子のような感はないですが、話をしながら、ぶつかり合いながら、色々言い合いをしながら、百音と菅波はいい感じになってきました。この2人うまくいくといいですね。

あわせて読みたい
見逃し『おかえりモネ』の公式無料動画が視聴できる配信サイト!永瀬廉・出演ドラマ!全話あらすじと感想も!
見逃し『おかえりモネ』の公式無料動画が視聴できる配信サイト!永瀬廉・出演ドラマ!全話あらすじと感想も!本日から「 #おかえりモネ 」公式Twitterがスタート!ヒロイン永浦百音を演じる #清原果耶 さんと、百音の同級生からメッセージが届きました!撮影の様子やエピソードを...
あわせて読みたい
「おかえりモネ」最終回までの【週間&全話放送日】ネタバレあらすじと感想!
「おかえりモネ」最終回までの【週間&全話放送日】ネタバレあらすじと感想!NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の最終回までの週間ごとと各話ごとのネタバレとあらすじと感想のまとめ記事です。他にはないオリジナルのあらすじと感想...

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる