まふまふが紅白2021でテープで手首とマイクを巻いていたのはなぜ?理由は?

まふまふ,紅白,2021,命に嫌われている,手,マイク,固定,テープ,理由,なぜ

2021年の紅白歌合戦で、まふまふさんというネットで活躍している歌手が、自分の手首とマイクをテープのようなもので、グルグル巻きにしていたのはなぜ?と思った人も多いかと思います。

そこで、Twitterなどの意見を参考に考えてみました。

目次

まふまふが紅白2021で包帯で手首とマイクを巻いていた理由

まさか手首を怪我していたとかでしょうか?

Twitterを見ると、だいたい4つの理由ではないかという感想を持つ方が多かったです。

  1. 厨二病だから
  2. 緊張からマイクを落とさないようにと手とマイクをテープで固定していた
  3. 普段からマイクを回すクセがあるのでそのクセが出てマイクを落とさないように
  4. 無理やりやらされた事があって混乱して手とマイクをテープで巻いた

厨二病だからって、正直、私、厨二病の意味がはっきり分からないのです。

緊張からマイクを落とさないかが心配で自分の手首とマイクをテープでしっかりと固定したのでしょうか。

まふまふさんは、普段からマイクを回すクセがあるから、それでマイクを回して落として周りに迷惑をかけないように手とマイクを固定してたと考える方もいらっしゃるのですね。

嫌なことを(局側に?)無理やりやらされて、混乱してマイクと手をテープで固定したのではないかと考えた人も。

スポンサーリンク


まとめ

本当の理由は、まふまふさん本人にしかわかりませんが、歌い終わって、大泉洋さんに感想を求められた時、相当、緊張していたのか、声がかすれてましたよね?

やはり、緊張からマイクを落とさないようにマイクと手をテープで固定していたという考察が妥当ではないでしょうか。

もしかしたら、後でまふまふさんがどこかで紅白の時のことをコメントするかもしないので、本当のことが分かり次第、また修正、追記していきたいと思います。

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

まふまふ,紅白,2021,命に嫌われている,手,マイク,固定,テープ,理由,なぜ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる