本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

日本版「彼女はキレイだった」見逃し動画を視聴できる配信サイト!amazonプライム・Dailymotion・Pandoraも調べました

彼女はキレイだった,日本,見逃し,動画,無料,配信サイト,amazonプライム,Dailymotion,Pandora
PR
あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

中島健人さん(Sexy Zone)と小芝風花さんが出演する日本版「彼女はキレイだった」公式動画を公式動画配信サイトで1話から最終話まで全話、視聴する方法を紹介します。

念のため、amazonプライムやDailymotion、Pandoraで無料視聴できるのかを調べましたが、

結論から言うと日本版「彼女はキレイだった」の公式動画を安全に見るならU-NEXTが一番です!

見逃した回もすべてフルで一気見できるので、いつでもお好きな時に見逃し動画を視聴することができます。

しかも、今なら韓国版「彼女はキレイだった」も見放題なので、無料期間に日本版も韓国版も両方見られちゃうってわけです!!

\ 31日間無料体験! /

トライアル期間中に600円分のポイントがもらえます!

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

目次

日本版「彼女はキレイだった」の無料視聴方法

日本版「彼女はキレイだった」はGYAO!やTVerで視聴できる?

「彼女はキレイだった」は、登録不要の見逃し動画共有サイトで配信されているのか検索してみましょう。

日本版「彼女はキレイだった」はPandoraやDailymotionで視聴できる?

日本版「彼女はキレイだった」はPandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)などの動画共有サイトで視聴するのはおすすめしません。

動画共有サイトへの違法なアップロード動画にご注意!!

Pandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)、9tsu(ナインティーエスユー)、bilibili(ビリビリ)、YouTubeなどの動画共有サイトで、違法にテレビ番組などがアップロードされている場合があります。

しかし、これら違法にアップロードされている動画サイトで動画を視聴すると、ウイルスに感染したなどの報告も上がっています。

なので、ドラマや映画、バラエティを安全に視聴するのなら、U-NEXTなどの無料トライアルを利用することをおすすめします!

日本版「彼女はキレイだった」を視聴できる動画配信サービス

残念ながら、amazonプライムでは配信されていませんでした。

日本版「彼女はキレイだった」を安全に見るならが一番ですU-NEXT

「彼女はキレイだった」を視聴したい場合はU-NEXT無料トライアル期間を利用して1話から最新話まで視聴することをおススメします!

動画配信サービス配信状況配信数無料期間・月額・ポイント
U-NEXT21万本以上31日間無料
2,189円(税込)
600pt(600円分)
FODプレミアム5万本以上2週間無料
976円(税込)
100pt(100円分)+8の付く日に400pt
Hulu×7万本以上
1,026円(税込)
dTV×12万本以上31日間
550円(税込)
TSUTAYA DISCAS×レンタル作品 
490,000タイトル以上
30日間
定額レンタル8:2,052円(税込)
Amazonプライム×2万2千本以上31日間無料
500円(税込)
ABEMAプレミアム×非公開2週間
960円(税込)

これは2021.7.11の記事です。配信動画・レンタル動画が変更や終了している場合もありますので、ご自身で公式サイトの内容をお確かめ下さい。

\ 31日間無料体験! /

トライアル期間中に600円分のポイントがもらえます!

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

U-NEXTの基本情報

U-NEXTの基本情報

月額料金2,189円(税込)
無料トライアル期間31日間
見放題作品数210,000本以上
もらえるポイント登録時:600円分 毎月:1,200円分
画質フルHD画質や4K画質まで対応
音質高音質(DOLBY DIGITAL PLUS)
対応デバイステレビ、スマホ、タブレット、PCなど
アカウント同時視聴4台
ダウンロード機能あり ※スマホorタブレットからの登録時のみ
雑誌読み放題80誌以上
解約制限なし

U-NEXTのメリット&デメリット

U-NEXTのメリット
  • 最新作の配信がどこよりも早い
  • 動画配信数(見放題&レンタル作品)が国内No.1
  • アニメ作品数も業界No.1
  • アダルト動画数も国内最高峰
  • 80誌以上雑誌が読み放題!
  • 31日間無料トライアルが可能!!
  • 無料期間中にも600pt(600円分)のポイントがもらえる♪
  • 毎月1,200ptももらえる
  • 無料期間内に解約しても料金は発生しない
  • 大手映画館で使えるチケットに交換できるものもある
  • 韓流などアジアドラマが豊富
  • 俳優の特集ストーリー別で選べる
  • 同時に4つのデバイスで視聴できる
U-NEXTのデメリット
  • 月額料金が割高

U-NEXTは定額制動画サービスの中で36カ月連続で「見放題作品数No.1」を維持しているんです。

アニメ作品数もNo.1です!

登録の際にもらえる600pt最新作の映画とかも見れちゃうのは、かなりのお得感ですよ。

史子

ちなみに私は無料トライアルで550ptを使って、話題の映画『パラサイト』をどこの配信よりも早く見ちゃいました♪

しかも、「彼女はキレイだった」の日本版と韓国版、両方が見放題だし、ついでに韓国ドラマも色々見られるのがU-NEXTのいいとこだよね!

U-NEXTの無料登録&解約方法

日本版「彼女はキレイだった」と韓国版「彼女はキレイだった」を見るならU-NEXTです!日本版「彼女はキレイだった」を見逃した時やもっと見たい時は、31日間の無料トライアル期間を利用して、いろんな作品を見放題しちゃいましょう!!

\ 31日間無料体験! /

トライアル期間中に600円分のポイントがもらえます!

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

「彼女はキレイだった」のあらすじ&感想

長谷部宗介(中島健人)は、世界的に有名なファッション誌「ザ・モスト」日本版の副編集長県クリエイティブディレクター。不愛想でクールな合理主義者な彼は、仕事は出来ても周囲に対して厳しすぎるため反発を招くことも多い。彼はあるミッションのために、ニューヨークにある本社から日本に移動してきたのだ。子どもの頃は太っていて、いじめられていたが、大人になった今ではその面影すらなく、イケメンのエリートに成長していた。太っていた子供時代に初めて友達になってくれた佐藤愛(小芝風花)が彼の初恋相手で、16年ぶりにその初恋相手の愛と再会することに。一方、佐藤愛(小芝風花)は、現在、無職で親友の家に居候状態の残念女子。彼女が勤める会社がことごとく倒産し、職探しをし続け、やっと、ある出版社に就職できることになった。さらに、偶然の出来事から3カ月限定の助っ人として一流ファッション誌「ザ・モスト」の編集部で働くことになる。性格は明るく元気で素直。人を簡単に信じてしまうお人よし。子供の頃は優等生で美少女と評判だったが、成長と共に見た目に変化が生じてきて、段々と自信を無くしてしまっていた。宗介とは幼馴染でお互い初恋相手だが、その時の相手が自分だとは宗介に言えないままでいる。お互い、子供の頃とは正反対に成長して、宗介の方は愛をその初恋相手だと気づかない。しかし、自分が初恋相手の幼馴染だと宗介に伝えられない愛。そんな2人が不思議なことに同じ職場で働くことになり、切磋琢磨し合いながら展開していくラブコメディー。

「彼女はキレイだった」の全話あらすじ

第1話 あらすじ

小さい頃、クラスの中で美少女として人気だった佐藤愛(小芝風花)。愛は現在、桐山梨沙(佐久間由衣)と2人で暮らしている。愛は、人生がうまく行かないことやダサくなってしまった自分の姿に落ち込んでいた。

そこに、愛の初恋の相手である、長谷部宗介(中島健人)からメールが届く。アメリカへ引っ越していた宗介。帰国するから会いたいという内容だった。気が弱く、太っていたのでよくいじめられていた宗介だったが、愛は優しい宗介のことが大好きだった。2人はなんと、両思いだったのだ。久しぶりに再会するとなり浮かれる愛だが、待ち合わせしたところにきた人は面影のない、クールな男だった。自身の姿を見て幻滅されると思った愛は、梨沙を代わりに宗介の元へ行かせるのだった。宗介は、相手が別人だとは知らずに再会できたことを喜ぶ。また、一緒にいたいという宗介に、愛はイギリスに留学すると嘘をつくことに。もう宗介とは会わないと決心した愛の、精一杯の嘘だった…。

それからしばらく経ったあと、求職中だった愛はようやく、大手出版社に就職出来ることに。ファッション雑誌「ザ・モスト」の編集部である。自分とはかけ離れた仕事に戸惑うも、樋口拓也(赤楚衛二)の指導のもと働く。そんなある日、売り上げが伸び悩んでいる雑誌をたて直すため、クリエイティブディレクター兼副編集長がやってくることに。それはなんと、宗介だった…。

第2話 あらすじ

愛(小芝風花)の代わりに、宗介(中島健人)に会った梨沙(佐久間由依)。イギリスに留学したことになっていたが、仕事中に宗介と会ってしまう。なんとかその場をやり過ごすが、愛じゃないことがすぐにバレるかもしれないと焦る。しかし、愛に相談できずにいた。そして、自分でどうにかしようと決めるのだった。

「ザ・モスト」の編集部では、なかなか良い企画を提案できない編集部員に、宗介はイライラしてしまう。その一方で、ライバル誌を上回るための企画を考え、海外のデザイナーに会おうとしていた。愛は、自分の仕事を頑張るため、メイクやファッションの勉強をすることに。そのおかげか、編集部員たちに少しずつ認められていく。そんな愛を樋口(赤楚衛ニ)は見守っていた。

そんな中、宗介はデザイナーと空港で会う約束を取りつけ、補佐として愛がついて行くことに。その移動中、宗介があることに気づき…?

第3話 あらすじ

デザイナーとの企画を無事に行えることになった宗介(中島健人)。編集部では、そのお祝いで食事会を開くことに。そんな中、愛(小芝風花)は残業をしていた。そこで、モストが廃刊するかもしれないと言うことを知ってしまう。残業後、食事会に合流した愛は、宗介を家まで送ることになった。宗介はお酒に弱いが、飲んでしまい倒れたのだった。愛が宗介の部屋に入ると、パズルが飾ってあり…?

そして愛は、毎日残業をし、編集部員にお願いされた仕事をこなしていく。宗介は、そんな愛のことが少しづつ気になるように。サポートするのが自分には合っているという愛に、宗介はある話をするのだった。

その一方で、梨沙(佐久間由衣)は宗介のことが気になっている自分に気づき、悩んでいた。愛には内緒で宗介に会っていることに罪悪感を覚えていたのだ。自分は愛の代わりなのにと悩んでいる梨沙は、ある日樋口(赤楚衛ニ)と出会う。樋口が愛や宗介の同僚とは知らない梨沙。樋口にあることをお願いするのだった…。

第4話 あらすじ

愛(小芝風花)の代わりである梨沙(佐久間由衣)と、会う約束をしていた宗介(中島健人)。向かっている途中に事故を目撃し、母親の事故を思い出してしまう。動けなくなってしまった宗介に、愛が気づき昔のように接する。そんな愛を見て、宗介は小さいころのことを思い出すのだった。次の日、風邪を引いてしまった様子の愛を見て、宗介は薬を渡そうとするが冷たい態度をとっていたためなかなか出来ずにいた…。

樋口(赤楚衛ニ)は、宗介が愛のことを気にしていることに気づく。愛の初恋相手が宗介だと知っている樋口は焦るのだった。また、たまたま出会った梨沙のお願いで婚約者のふりをすることになった樋口。待ち合わせ場所へ行くと、梨沙と一緒に宗介がいて…?

あの日以来、なんだか気まずい宗介と愛は、突然出張へ行くことに。そこであることがきっかけとなり、宗介は素の姿を愛に見せる。愛も、宗介の笑顔を見てときめくのだった。一方、家にいた梨沙は、愛が持っていた思い出のパズルのピースを見つける…。

第5話 あらすじ

愛(小芝風花)が、アイデアを提案した「手紙が書きたくなる一人旅」を載せた雑誌が完成し、見本が届いた。その見本には、愛の名前も掲載されていて、愛は喜ぶ。しかし、「ザ・モスト」はライバル誌との売り上げ差が大きく開いてしまい、宗介(中島健人)の立場が危うくなっていた。

そして樋口は、愛と宗介の距離が近くなったことを気にしていた。そんな中、愛がある決意をしたことを知り、梨沙にアドバイスをする。それは愛に、宗介と会っていることを伝えることだった。また樋口は、梨沙に、自分が愛と宗介と同じ職場だということを打ち明ける。

宗介が成立させたコラボ企画の撮影の日になった。絶対にミスはできないという中で、1番大切な撮影に使うドレスを管理するように言われた愛。しかし、愛が目を離した一瞬のうちに、そのドレスが壊れてしまう。撮影ができなくなってしまったことで、デザイナーが怒ってしまった。宗介は、もう1度チャンスが欲しいとデザイナーにお願いする。認めてくれるも、交換条件として愛をやめさせるように言うのだった…。

第6話 あらすじ

愛(小芝風花)は、宗介(中島健人)からメッセージをもらったことで、編集部に戻ることを決意。そして、服装やメイクを変えて現れた愛に、編集部員たちは驚くのだった。その後編集部では、童話企画の会議が開かれた。愛は、そこである提案をする。それは、絵本作家である夏川ちかげに、コラムを書いてもらいたいということだった。しかし、夏川ちかげは10年も前に引退している。愛はそれでも交渉してみたいと訴え、その表情を見て宗介は許可をした。

その一方で、梨沙(佐久間由衣)は昔の話ばかりする宗介に少し不満を抱いていた。もちろんそれは、自分のことを見て欲しいという思いからだった。そんな梨沙のある言葉に、宗介は疑問を持つ。本当の佐藤愛ではないのではと思う宗介。宗介のことを繋ぎとめたい梨沙は、ある行動をとるのだった。

愛は、夏川ちかげに会えることになり、待ち合わせ場所であるホテルへ。しかし、向かっている最中の愛にある事件が。そのことを知った樋口(赤楚衛二)と宗介は…?

第7話 あらすじ

自分が今も宗介(中島健人)のことを好きだと気づいた愛(小芝風花)。全てを宗介に話そうと追いかけるが、そこには梨沙(佐久間由衣)がいた。梨沙が愛のふりをしながら宗介と会っていたことを知った愛は、ショックを受ける。しかし、梨沙には聞き出せずにいた。その一方で宗介は、愛のことが気になって仕方がなかった。愛に想いを伝えたい宗介だが、避けられてしまうのだった。そんな愛と宗介を見た樋口(赤楚衛ニ)は、自分が入る隙などないと思い、とある決心をする。

数日が経ち、宗介は編集長と、とあるレストランの役員と会食をしていた。広報誌を渡された宗介は開いてみることに。その広報誌のあるページを見て、宗介は驚く…。

そして樋口は体調を崩していた。愛が火災に巻き込まれた時、雨に濡れながら駆けつけたため風邪を引いてしまったのだ。そのことを知った愛は…?

第8話 あらすじ

自分が今思っている人こそが、初恋の愛だと気づいた宗介(中島健人)。愛(小芝風花)は、自分が本物の愛であると、宗介が気づいたことを電話で知る。樋口(赤楚衛ニ)と一緒にいた愛は、樋口に引き止められるも宗介のところへ向かった。愛は、宗介と無事に会えて喜ぶが、梨沙(佐久間由衣)のことを気にしていた。家に帰ると、ゴミ箱には梨沙が書いた宗介への手紙が。愛は、梨沙が宗介のことを本当に好きだったことを知り、このまま宗介と付き合っていいのかと悩むのだった。

翌日になり、雑誌の最新号が発売された。それには、愛が考えた童話の特集が載っていた。売り上げは好調であるも、ライバル誌には勝てず廃刊の危機が迫る。そして、その話が編集部員たちの耳に入ってしまう。廃刊のことを隠していた宗介に腹を立てた編集部員たちは、次の号を作ることを拒むのだった。次号を1人で作ることになった宗介。そこに樋口がやってきて忠告をする。愛もなんとかしようと動き出すが…。

第9話 あらすじ

過労で倒れてしまった宗介(中島健人)。その後も仕事をこなしていく宗介を、愛(小芝風花)は心配する。しかし宗介は、愛と恋人になれた喜びの方が大きく、体調のことなど気にしていなかった。仕事にもさらに力を入れる宗介は、次号の企画にアーティストであるアリサの独占取材をとってきた。アリサは、メディアにはあまり出ない人気のアーティストだ。

ある日、休日に仕事をする宗介のため、愛は弁当を持っていく。そこで愛は、宗介からモストが存続したらプロポーズすることを伝えられる。しかしそこに、アリサのスクープ記事が出ることが知らされ、独占取材の記事は出せなくなってしまった。

次号の締め切りまで時間のない中、新しく取材する人を探す編集部員。そこで上がったのが、年齢や性別など全て非公開の小説家・楠瀬凛だ。しかし楠瀬凛の担当者ですら、本人には会ったことがないと告げられる。締め切りが迫る中、宗介はある決断をするのだった…。

第10話 あらすじ

宗介(中島健人)が、モスト存続のため、取材の交渉をしてきた正体不明の作家・楠瀬凛。その楠瀬凛は、なんと樋口(赤楚衛ニ)だった。信じられずにいる宗介に、樋口は生い立ちや思いなどを書いた原稿を渡す。その記事を載せれば、もちろん話題になり、モストも存続できるかもしれない。しかし楠瀬凛の正体を明らかにしてしまえば、楠瀬凛の生活が変わってしまうと宗介は考えた。そして悩んだ結果、宗介は記事にしないことを選ぶ。

一方で、愛(小芝風花)のところには絵本作家であるちかげ(日髙のり子)から連絡が来る。絵本をまた書き始めると聞き、愛はアトリエへと向かった。ちかげから、ここで一緒に働かないかと提案を受けた愛。絵本作家が夢だった愛は喜び、宗介に報告するが…?果たして2人の関係は、どうなるのか…。

「彼女はキレイだった」の感想

とにかくケンティーがかっこいいドラマでした。最初から最後までかっこよすぎました。そして愛ちゃんに感情移入しすぎて、めちゃくちゃもどかしかったです。愛ちゃん、お顔はとてもかわいいのだから早く美容院に行って欲しいですね(笑)韓国版を見ていないし、ケンティーが出るから見ようという感じだったので、正直そんなにストーリーに期待していなかったのですが、胸きゅん系で好きな感じでした!なんとなく展開は読める感じですが、1話は面白かったし続きが早く見たいです!(20代・女性)

2話も面白かったです。展開が早いので飽きずに見れます。愛と宗介はもちろんですが、梨沙や樋口もいいキャラですね。愛への宗介の態度には、もう少し優しくしてくれもいいのではと少しイラッとしますが(笑)もちろん、宗介が言っていることの方が正しいと思いますが、あんな言い方されたらなかなか受け入れられないですよね。けれど、イラッとしてもかっこいいと思えるからケンティーってすごいなと思います。普段あまりドラマをちゃんと見なくて、今回ケンティー目当てで見たのですが、すっかりハマりました。3話以降も楽しみです!(20代・女性)

愛と宗介のやりとりが面白いですね。愛と梨沙の友情もすごくいいなと思いました!そして宗介が言った、その人の隣が似合うような人になりたいっていう言葉が本当に素敵でした。小さい時の人との出会いや経験って、その後の人生にすごく影響するのだなと改めて思います。あと、宗介の愛への感情が、少しずつ変わってきている感じがとてもいいですね!4話以降もまた変わっていくのだろうなと思うと、楽しみでしょうがないです。それと、宗介が驚いてるシーンが、ケンティーでしかなかったのがとてもかわいかったです!(20代・女性)

宗介がだんだんと笑顔が増えてきているのがとてもいいです!あと、なんでもできそうな雰囲気を醸し出しながら、愛に話しかけられらなかったり、挙動不審になったりと不器用な宗介のギャップがたまりません。4話は仕事という名の、ただのデートでした(笑)かのキレは韓国版が好きで、どうしても比べてしまっていましたが…ストーリーが少し違うので日本版は日本版で面白いです。なかなか難しいとは思いますが、梨沙と樋口も含め4人ともすごく素敵な人だと思うので、みんな幸せになってほしいなと思いながら見ています。(30代・女性)

5話は色々と変化が多かったですね!1番は愛の変化です。あんなに可愛くなるなんてもはや罪です(笑)もちろん風花ちゃんは元からかわいいですが、髪型やメイク、服装であんなに垢抜けるんだなと。変わりたいと思うことで、どうにでもできるんだなと勇気をもらいました!そして宗介の変化も。あんなに無愛想だった宗介が、愛に謝ったり玉ねぎに顔書いてメッセージ送ったり…。最初じゃ考えられなかったことをしていて、ギャップがたまらないです。6話が楽しみすぎて、早く来週の火曜日になって欲しいです!(10代・女性)

6話もとても面白かったです!宗介も樋口も魅力的だし、それに挟まれている愛がうらやましすぎますね。今回、梨沙がちょっと残念な行動でしたが、宗介のことを好きになってしまったのだからしょうがないですかね…。愛と梨沙の友情が壊れないで欲しいなと心から思います。あと、オープニングの映像が毎回少しずつ変わっているのがとてもいいですね!録画でみる時は飛ばしそうになるけど、これは絶対見てしまいます。今の愛と宗介の関係がわかりやすいし、何よりオープニングまで楽しめるっていうのが本当に素敵です。来週もとても楽しみです!(20代・女性)

樋口と梨沙の2人が本当にいい仕事してます。梨沙に関しては、そもそものきっかけを作ったのは愛なのに、それでも愛を思って宗介を諦める梨沙を見ていて本当に切ないです。宗介も梨沙の話くらい聞いてあげればいいのになと思ってしまいました。樋口も梨沙も、いい人すぎるので本当に幸せになってほしいです。愛と宗介は、キュンのかたまりでした。愛のぎこちなさ含め、全てにおいてキュンキュンしました!この7話では宗介が愛のことに気づいたので、今後もっとキュンキュンが増えるのかなと思うと楽しみです!(10代・女性)

気まずくなってしまった愛と梨沙が、仲直りできて本当によかったです。仲直りの仕方も本当に素敵で、2人がどれだけなかよしなのかが伝わってきました。あんなに思いあえる友達は、そう出来ないと思うので2人の関係が本当にいいなあと思いました。そして宗介が最初はあんなに愛に対して冷たかったのに、8話ではもうデレデレなところが本当に可愛すぎます。いつもクールな宗介が、愛にはそうじゃないというギャップがたまらないですね。次回予告の宗介がかっこよすぎたので、早く来週の火曜日になってほしいです!(20代・女性)

プライベートの宗介がかっこよすぎます!サラサラストレートヘアー最強ですね。そして鳥のフンが落ちようが、エレベーターにぶつかろうが笑えてしまう宗介が可愛すぎました。以前と比べたら、キャラが変わりすぎですよね。そして最後が、まさかの展開でびっくりしました。樋口が楠瀬凛だったなんて!完全に、副社長が樋口だと思っていました…。樋口は一応脇役だとは思いますが、主役レベルで存在感がすごいですね。来週はもう最終回…。モストの存続や愛と宗介の関係など色々とどうなるのか楽しみです。(20代・女性)

ついに終わってしまいました…。毎週とっても楽しみにしていたので本当に寂しいです。先週から愛と宗介の関係がどうなるのかすごく気になっていたので、ハッピーエンドで安心しました。そして、樋口が最後までかっこよかったです。本の最後に書いたメッセージを見て、泣きそうになりました。樋口も幸せになっていてほしいですね。タイトルの彼女はキレイだったというのは、最初は容姿のことを言っているのかと思っていましたが、そうじゃないのですよね。それがすごく伝わってきて素敵でした。日本版がとてもよかったので、韓国版もこれを機に見てみようと思います。(30代・女性)

「彼女はキレイだった」の作品情報

「彼女はキレイだった」の作品情報

ドラマ名彼女はキレイだった
放送日2021年7月スタート
放送時間毎週火曜夜9時(カンテレ・フジ系全国ネット)
原作「彼女はキレイだった」ⒸMBC /脚本 チョ・ソンヒ
演出紙谷 楓、木下高男、松田祐輔
脚本清水友佳子、三浦希紗
音楽橋本由香利 / 主題歌はSexy Zoneのニューシングル『夏のハイドレンジア』秦 基博(作詞・作曲)
秦 基博さんのコメント:ハイドレンジア=西洋アジサイ。雨の中、季節を越えて懸命に咲く花のような「君」と、それを見つめる「僕」の想いを歌にしました。
プロデューサー萩原 崇、芳川 茜、渋谷英史
制作カンテレ、共同テレビ

「彼女はキレイだった」のキャスト

  • 長谷部宗介役/中島健人(Sexy Zone)
  • 佐藤愛役/小芝風花
  • 桐山梨沙 役/ 佐久間由衣
  • 樋口拓也 役/ 赤楚衛二
  • 里中純一 役/ 高橋優斗(HiHi Jets)
  • 池沢蘭子(ザ・モスト編集長)役 / LiLiCo
  • 岸田庸司(文講出版・常務)役 / 木村祐一
  • 佐藤豊(愛の父親)役 / 菅原大吉
  • 佐藤明里(愛の母親)役 / 松田陽子
  • 佐藤桃(愛の妹親)役 / 吉田莉桜
  • 岡島唯子(ザ・モスト編集部ファッション班のエグゼクティブ・ファッション・エディター)役 / 片瀬那奈
  • 宮城文太(ザ・モスト編集部エグゼクティブ・デジタル・エディター)役 / 本多力
  • 東今日子(ザ・モスト編集部ファッション班のファッション・エディター)役 / 寒川綾奈
  • 風見若葉(ザ・モスト編集部ビューティー班のアシスタント)役 / 村瀬紗英(元NMB48)
  • 小松麻利奈(ザ・モスト編集部ファッション班のアシスタント)役 / 山田桃子
created by Rinker
¥18,680 (2024/03/05 00:49:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,190 (2024/03/04 21:58:55時点 Amazon調べ-詳細)

「彼女はキレイだった」の関連記事

黒崎くんの言いなりになんてならない(スペシャルドラマ)配信動画が無料視聴できる方法!

【映画】『ニセコイ』動画配信はnetflixやamazonプライム?無料視聴する方法を紹介!

【見逃し配信】未満警察ミッドナイトランナーの動画を無料視聴できるサイトを紹介!

まとめ

ということでこの記事では、「彼女はキレイだった」を視聴する方法についてお届けしてきました。

ドラマや映画を楽しむのであれば下記のU-NEXTは、すごくおススメです!

「彼女はキレイだった」だけでなく、他の映画やアニメ、バラエティ、雑誌、漫画などを無料トライアルで思い切り楽しみましょう!

\ 31日間無料体験! /

トライアル期間中に600円分のポイントがもらえます!

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

彼女はキレイだった,日本,見逃し,動画,無料,配信サイト,amazonプライム,Dailymotion,Pandora

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次