本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

【ドラマ】Distiny(ディスティニー)最終回(結末)までの全話ネタバレあらすじ・感想まとめ!

PR

2024年4月期テレビ朝日系火曜よる9時に放送される【ドラマ】Distiny(ディスティニー)。

3年ぶりの連続ドラマ復帰作として、石原さとみさんが主演するドラマということで話題です!

原作はなく、『Dr.コトー診療所』の脚本を手掛けた吉田紀子さんが“20年の時を紡ぐサスペンス×ラブストーリー”

石原さとみさんが、初めて検事役に挑戦します!!

この記事では、「Distiny(ディスティニー)」の最終回(結末)までの全話ネタバレあらすじ・感想などをまとめています。

目次
PR

「Distiny(ディスティニー)」の最終回(結末)までの全話ネタバレあらすじ・感想まとめ

「Distiny(ディスティニー)」の最終回(結末)までの全話ネタバレあらすじ・感想を次にまとめています。

第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

第6話

第7話

第8話

第9話

第10話

ドラマ放送後に追記します。

PR


「Distiny(ディスティニー)」キャスト・作品情報

【ドラマ】Distiny(ディスティニー)のキャストや作品情報についてまとめています。

Distiny(ディスティニー)のキャスト

西村 奏 役 / 石原さとみ

※ 他のキャストは分かり次第追記していきます。

Distiny(ディスティニー)のスタッフ

脚 本吉田紀子
音 楽得田真裕
ゼネラルプロデューサー中川慎子(テレビ朝日)
プロデューサー浜田壮瑛(テレビ朝日)
森田美桜(AOI Pro.)、大古場栄一(AOI Pro.)
監 督新城毅彦、星野和成、中村圭良
制作協力AOI Pro.
制作著作テレビ朝日
PR


「Distiny(ディスティニー)」はどんなお話?

石原さとみの役柄

今回の石原さとみさんの挑戦は、ただ守られるだけではなく、”私が愛する人をこの手で確実に守り通す”という強さと覚悟を持つ女性です。
それは、新しい時代の女性は、コロナ禍を経ても、私たちの予想を超える未曽有の出来事が次々と訪れる現代社会においても、その状況に屈せず、自分の意志で人生を積極的に切り開いていく存在。主人公(西村 奏 にしむら かなで)は「横浜地方検察庁」中央支部の検事。中学時代、父親が検事で亡くなり、それがきっかけで母の出身地である長野県に引っ越し、その後地元の大学の法学部で学びました。

「Distiny(ディスティニー)」のあらすじ


その場所で出会った4人の仲間たちとともに、司法試験に向けて喜びや苦しみを共有しつつ、恋愛、諍い、友情と、長野の壮大な自然に囲まれて生まれて初めての「青春」を満喫し、絆を一層深めていました。しかしある日、ロースクール入試のための司法試験資格取得が迫る中、予測できない事件が発生します。ある人物の死―。それが彼らの運命を急速に変えていく要因となりました。

物語の舞台は長野から横浜へ。12年の歳月が経過し、「運命」と呼ばれる出来事が再び動き出す…!


「永遠に友達でいようね」という仲間たちとの誓いが、一瞬で破れる運命の出来事。それから12年の歳月が経過し、物語は長野から横浜へと舞台を移します。「大学時代の出来事」に関する多くの疑念に直面し、それがきっかけで20年前の「父の死の真相」や仲間たちの隠された一面、そして恋人との再会が新たな視点で浮かび上がる。これらの出来事は初めは無関係に見えるが、やがて一つの線で結ばれ、物語は予測不可能な方向へ進展していく…。主人公が思い出したくない過去の「輝きと闇」が再び現れる。運命に逆らい、自らの意志を貫き通す奏の姿が描かれる、《20年の歳月を超えたサスペンスラブストーリー》が幕を切る。

PR


まとめ

Distiny(ディスティニー)は、3年ぶりの石原さとみの復帰作。

『Dr.コトー診療所』シリーズ、「友情~平尾誠二と山中伸弥『最後の一年』~」など、人間ドラマを得意とした吉田紀子さんが、初のサスペンスラブストーリーを手掛けるとあって、期待が高まります!

実生活で、母親になった石原さとみさんが、それまでとは違う演技を見せてくれるかもしれませんね。

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次