【ドラマ】恋ですヤンキー君と白杖ガール(1話)のネタバレ! ユキコと森生の出会い!!

恋ですヤンキー君と白杖ガール,ネタバレ,恋です,最終回,1話,ネタバレ,あらすじ,ドラマ

「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」がついに実写化されました。

この記事では、ドラマ 「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」 の1話から最終回までのネタバレありのあらすじを紹介します。

ヒロインのユキコを演じるのは、「おちょやん」以来、初めての連ドラとなる 杉咲花さん。相手役の森生には 杉野遥亮さんという超新鮮なカップル!

今後の展開がとても楽しみですね!!

「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」の公式動画を1話から無料視聴できる動画配信サイトは?

「恋ですヤンキー君と白杖ガール」のキャストと人物相関図!画像で分かりやすく解説

目次

恋ですヤンキー君と白杖ガール【ドラマ】第1話ネタバレ

ユキコと黒川の出会い

盲学校高等部に通う赤座ユキコ(杉咲花)は、数年前に母を亡くし、おっちょこちょいなカメラマンの父・誠二(岸谷五朗)と甲斐甲斐しくユキコの世話を焼く心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)と3人で暮らしています。光りを感じて色もぼんやり分かる程度。買い物も決まった店でなら余裕です。

ある日、いつものようにユキコは白杖をついて学校へと急いでいると、点字ブロックの上でタムロする男たちに遭遇。特に今日はツイてないことが重なって遅刻ギリギリ。「どいてもらいたいんですけど」ユキコがそう頼むが、相手は運悪く地元でも有名な札付きのワル。「黒ヒョウのモリ」と異名をとるヤンキーの黒川森生(杉野遥亮)とその仲間、花男(戸塚純貴)と草介(堀夏喜)でした。


するといきなり白杖を掴まれて、危険を感じたユキコは反射的に森生を蹴り上げたら、なんと森生の股間に命中…。もだえ苦しみ道端にうずくまる森生。「森生は顔に傷があるぞ!」 花男にそう言われ心配したユキコは、森生の顔を手で押さえて、自分の顔の真近に近づけたのです。ユキコの顔が突然、自分の顔とくっつく位に近づいた森生は、恥ずかしさと驚きで思わずフリーズしてしまいました。しかし、その時、森生の中で“何か”が起こったのです!

スポンサーリンク

ユキコを待ち伏せする黒川

そして、その日以来、森生はユキコの通学路であるその場所であの時と同じ時間にユキコを待ち伏せするようになりました。一度目は、ユキコのことを「アネキ!」といきなり呼んできて、「黄色い丸のポコポコがめちゃくちゃ大事なとこだって知らなくて」とユキコに頭を下げたのです。どうやら森生は、点字ブロックや白杖のことを自分なりに調べてきたのです。

そして、「アネキ」と呼ぶのは、自分のことを一撃で倒した強い人だからだと言うのです。とにかく、「アネキ」と呼ばれるのは嫌だからと本名を教えるユキコでした。すると、いきなり「ユキコさん」と下の名前で呼ぶ森生。

森生のその謎のアプローチの意味が分からず、ただ戸惑うばかりのユキコでした。盲学校のクラスメイトの紫村 空(田辺桃子)と青野陽太(細田佳央太)は、「ユキコに一目惚れしたとか!」と冷やかします。

ちなみにユキコの学年は一クラスこの3人。青野は生まれつきの全盲、 空は視野が狭くて光をまぶしく感じる弱視、ユキコは色も光もぼんやり分かる弱視。弱視と一括りにされがちだけど、見える世界は様々なのです。

スポンサーリンク

行きつけの喫茶店で森生と仲間

一方、花男と草介の前に、森生のライバル金沢獅子王(鈴木伸之)が現れます。森生との決着を喧嘩でつけようと戦いを挑んで来たのです。その話を聞いた森生は、いつもならすぐに獅子王に反応するのですが、なぜか、その話にイマイチ興味を示しません。

心ここにあらずの森生の様子を見て、行きつけの喫茶店店主・橙野 茜(ファーストサマーウイカ)は、すぐに森生が恋をしている事に気づきます。茜の姪・橙野ハチ子(生見愛瑠)は密かにショックを受けます…。その日の夕方、森生はユキコの下校の時間にまたまたユキコを待ち伏せて…。

スポンサーリンク

待ち伏せその2~20枚のラブレター

「待ち伏せがキモイ」「もうついて来ないで!」とユキコに言われてもめげず、「会いたかったんです。ユキコさんに。」と森生に言われてユキコは「なぜ?」と憮然として聞くと、「恋!!・・・かも」と答える森生。

いきなり度を衝かれたユキコは戸惑い、「ふざけたこと言うな!」と吐き捨てて、学校に急ぎました。

しかし、次の日も森生は待っていました。そして、ユキコに気持ちを伝えるために便箋20枚にびっしりと手紙を書いて来たというのです。が、小さい字で書いてもユキコが読めないという事に気づいた森生は、ユキコに謝るのでした。

スポンサーリンク

森生はじめてユキコを誘導する

翌日の帰り道、ユキコはいつもの通り白杖をついて道を歩いていると、点字ブロックの上に置いてある自転車に白杖が引っかかって折れてしまいました。そこに森生が登場! 命の次に大事な白杖が折れたとあって、チャリの持ち主に怒りを覚える森生だったが、よくある事とユキコ。結局、森生の肘に捕まって姉のイズミが働くネイルサロンに誘導してもらいました。

街で焼いたさんまの匂いがすると言ったユキコに「鼻がいいんですね」と森生が言うと、見えなくなってから確かに良くなったと言うユキコ。ユキコは中学までは結構見えてたという事も森生に打ち明けました。だから、見えるとどれだけ目に頼っているか分かる、「目は俺様」だとユキコは話し始めました。

と、そこで、全盲の芸人・濱田祐太朗(2018年R-1チャンピオン)の解説がはじまります。

「目は俺様」とは? 人間が持っている視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚はどれも大事な役割があるのですが、視覚はずぬけて主張が強い。目が見る情報は無意識に入って来るし、インパクトも大きいからで、味覚が主役のはずの料理だって8割は見た目で決まると言われるくらいで、つまり、視覚は五感の絶対的王者=俺様だと言うわけなんです。

スポンサーリンク

書き直した手紙

なんとか黒川にイズミのネイルサロンまで誘導してきてもらったユキコは、黒川から大きな字で書き直した手紙を貰います。しかし、黒川を見たイズミは、顔に傷があるヤンキーなんかと付き合わない方が良いとユキコに言います。「あいつ悪い奴じゃないよ」と一言ユキコは言いました。

家に帰って来たユキコは黒川からの手紙を手に取るが、過去につき合ってた人?のことを思い出してしまって手紙を引き出しの中にしまいました。その彼は車に轢かれそうになったユキコを庇って事故に遭ってしまったのです。

翌日も黒川は待っていました。手紙はまだ読んでないとユキコに言われてもめげず、「きのう、黒川と呼ばれて嬉しかった」とユキコに嬉しそうに言う黒川でした。そして、黒川はこの日は学校の近くの公園まで一緒に歩くことをユキコに許してもらったのです。

スポンサーリンク

森生が警察に!!

学校帰り、雨が降って来たからユキコを迎えに来たというイズミと家路に向かっていると、黒川が警察に話しを聞かれていました。野次馬が「ヤンキーが自転車盗んで持ち主を殴ったって」と噂話を小耳に挟んだイズミは、ユキコに「自転車盗んで人を殴るような人と関わってほしくない」と釘を刺しました。

ユキコに気づいた黒川が近づいて行くと、「黒川、何やってんだよ!」と一言、言ってユキコはイズミに手を引かれて帰って行きました。

警察に連れて行かれた黒川は、警察官に自転車を盗もうとしてバレて持ち主を殴ったと端から疑われていました。「ガキの頃から変わらないな」と警察官。「違う」と言っても信じてもらえず心を閉ざす黒川でした。

一方、ユキコは昨日もらった黒川からの手紙をゴミ箱に捨ててしまいました。翌日、いつも待っているはずの黒川の姿はありませんでした。

スポンサーリンク

ユキコは森生を疑ったことを知って

ある日、いつものように学校が終わったユキコが家に向かって歩いていると、、 花男(戸塚純貴) がユキコに声をかけました。昨日、公園の点字ブロックの上に停めてある自転車を森生と 花男(戸塚純貴)と草介(堀夏喜) の3人で駐輪場に運んでいたら、自転車の持ち主が来て自転車を盗もうとしていると勘違いして、 花男に殴りかかったのです。

幸いそれを見ていた人が警察に証言してくれて、事なきを得たのだと花男はユキコに説明しました。森生は公園までの道をふさぐように停まっている自転車を片付ければ、ユキコがまた一人で公園に行けると言って花男たちに頼んだのでした。ユキコが「最近は公園に全然行ってない」という言葉を森生は憶えていたんですね。

スポンサーリンク

「恋です!」だけのラブレター

ユキコは急いで家に帰って、ゴミ箱から昨日捨てた森生からの手紙を拾って読みました。手紙にはユキコにも見えるくらい大きな字で「恋 です!」と書いてありました。それを読んだユキコは思わず家を飛び出して、いつも黒川が待っている場所に向かいました。道行く人に黒川の特徴を言って、黒川を探すユキコ。しかし、誰も見なかったと言う。

落胆してベンチに座ると、ユキコに気づいた黒川がユキコの隣りに座りました。しかし、黒川だと気づかないユキコは黒川を道行く人と勘違いして、「すいません。人を探しまして。20歳くらいの男の人で、黒川って言うんですけど、すごく背が高くて、顔に傷があって。でも、全然怖くないんです。ただ、ものすごく不器用で口下手なだけで、本当は全然悪い奴じゃないんです。そんな感じの人、近くにいませんか?」と尋ねました。

それを聞いて黒川は泣き出しました。気づいたユキコは「いるなら言え!」といつものように言います。なんで(自分を探しているのか)?と黒川はユキコに聞くと、昨日の事を謝りたかったと言うのです。「疑ったりしてごめん」と。全部、花男から聞いた事を伝え、ユキコは黒川に誘導してもらって、お花がいっぱい咲いている公園に行きました。

歩きながら森生は「もう俺なんかと関わらない方がいいです。」とユキコに言いました。

「どうして?黒川は口下手なのかもしれない。でも、私は顔色を読むとかそういう事ができない。だから、ちゃんと口にして欲しい。面倒臭いだろうけど」とユキコが聞くと、黒川は言います。「俺とユキコさんじゃ住む世界が違うじゃないですか。俺はガキの頃から反抗ばっかしてて、親にも見捨てられて、高校もすぐに首になって、学歴もねえ顔に傷があるヤンキーなんか、どこも雇ってくんねえし。警察にも何回もお世話になって、それで今でも誰にも信じてもらえなくて。俺、そういう奴なんです。」

「それと、私ともう関わらない方がいいって言うのは、なんか関係あるの?」とユキコが聞くと、「だって、ユキコさんは普通の世界で生きてるじゃないですか。ユキコさんはちゃんと学校行って、勉強して、店の人ともちゃんとコミュニケーション取れるし、家族ともちゃんとやってて、俺みたいな馬鹿に対しても、ちゃんと言いたい事ビシッと言えて、めちゃくちゃカッコいいです。」そう言う黒川に対して、ユキコは胸が詰まりました。

「私が普通…。黒川は変な奴だな。」そして、周りに咲いてる花の匂いを嗅ぐと「あ~いい匂い!気持ちいい~!」と叫びました。「黒川もやってみなよ!」と促すと、「気持ちいい~!」とユキコをマネて黒川も叫びます。

私には見えないこの世界も、私が思っているより優しいのかもしれない。でも、それはもしかして、この変な奴と一緒にいると、なのか?その答えはまだ分からないけど。

「ユキコさん、あの、手紙って読んでくれました?」「うん」「それで、どうでした?」「お前、やっぱ変な奴だな。」「え?」「変!」「・・・!! あ、“変”になってました? クッソーーー! 下が心なのか、又みてえなやつなのか迷って…」「?」「 “ 変です! ” って書いてたんですよね?」

なにを勘違いしているのか気づいたユキコは思わず微笑みます。「書き直して来ます。」と黒川。「いい。もういらない。」2人はこんな他愛もないことを話しながら、幸せなひと時を感じていました。

キャスト

  • 赤座ユキコ 役/ 杉咲花
  • 黒川森生 役/ 杉野遥亮
  • 赤座イズミ 役/ 奈緒
  • 金沢獅子王 役/ 鈴木伸之
  • 赤座誠二 役/ 岸部五郎
  • 柴村空 役/ 田辺桃子
  • 青野陽太 役/ 細田佳央太
  • 緑川花男 役/ 戸塚純貴
  • 草介 役/ 堀夏喜
  • 橙野 茜/ ファーストサマーウイカ
  • 橙野ハチ子/ 生見愛瑠


顔に傷があって強面だが、心はとっても純粋な森生と、ある事があってから恋に臆病になっているユキコ。今まで全く違う道を歩んできた2人が出会い、まったく新しいラブストーリーが始まります。

「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」の公式動画を1話から無料視聴できる動画配信サイトは?

「恋ですヤンキー君と白杖ガール」のキャストと人物相関図!画像で分かりやすく解説

created by Rinker
¥3,718 (2021/10/17 07:48:01時点 Amazon調べ-詳細)

50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

恋ですヤンキー君と白杖ガール,ネタバレ,恋です,最終回,1話,ネタバレ,あらすじ,ドラマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる