本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

シジュウカラ(ドラマ)見逃し配信を1話~最終回までhulu・netflixで視聴できる?再放送情報も!

シジュウカラ,ドラマ,見逃し配信,再放送,1話,あらすじ,感想,キャスト

山口紗弥加と板垣李光人が出演する「シジュウカラ」公式動画を公式動画配信サイトで1話から最終話まで全話、視聴する方法を紹介します。

見逃した回もすべてフルで一気見できるので、いつでもお好きな時に見逃し動画を視聴することができます。

結論から言うと「シジュウカラ」の公式動画を安全に見るならParaviで配信されています!

\ TBS最新ドラマはParaviの公式動画で! /


記事には、全話のあらすじと感想を追記していきますので、見逃してしまった方もストーリーをチェックすることができますよ!

目次

「シジュウカラ」の視聴方法

「シジュウカラ」はGYAO!やTVerで視聴できる?

「シジュウカラ」は、登録不要の見逃し動画共有サイトで配信されているのか検索してみましょう。

局ごとに無料で再放送が見られるサイト増えてるけど、広告CMも途中頻繁に入るから集中できないのよ

史子

中にはアンケートやユーザー登録しなきゃいけないやつもあるし・・・

かずよ

あとさ、放送後1週間だけ視聴可だから、見逃し回を全部視聴できないしね・・・

「シジュウカラ」はPandoraやDailymotionで視聴できる?

「シジュウカラ」はPandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)などの動画共有サイトで視聴するのはおすすめしません。

動画共有サイトへの違法なアップロード動画にご注意!!

Pandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)、9tsu(ナインティーエスユー)、bilibili(ビリビリ)、YouTubeなどの動画共有サイトで、違法にテレビ番組などがアップロードされている場合があります。

しかし、これら違法にアップロードされている動画サイトで動画を視聴すると、ウイルスに感染したなどの報告も上がっています。

なので、ドラマや映画、バラエティを安全に視聴するのなら、Paraviなどを利用することをおすすめします!

「シジュウカラ」を視聴できる動画配信サービス

「シジュウカラ」を安全に見るなら公式動画配信サイトが一番です!

ただいま、「シジュウカラ」はParaviで配信されており、「シジュウカラ」を無料で視聴したい場合はParaviを利用して、1話から最新話まで見ることをおススメします!

動画配信サービス配信状況配信数無料期間・月額・ポイント
Paravi1万本以上1,017円(税込)
U-NEXT×21万本以上31日間無料
2,189円(税込)
600pt(600円分)
Hulu×7万本以上
1,026円(税込)
dTV×12万本以上31日間無料
550円(税込)
TSUTAYA DISCAS×レンタル作品 
490,000タイトル以上
30日間
定額レンタル8
2,052円(税込)
Amazonプライム×2万2千本以上30日間無料
500円(税込)
ABEMAプレミアム×非公開2週間
960円(税込)

これは2021.4.27の記事です。配信動画・レンタル動画が変更や終了している場合もありますので、ご自身で公式サイトの内容をお確かめ下さい。

\ TBS最新ドラマはParaviの公式動画で! /


Paraviの基本情報

Paraviのスペック

月額料金1,017円(税込)
見放題作品非公開
特徴TBS、テレビ東京の大人気ドラマが続々! 放映中のドラマ・話題作が1話から見放題!
オリジナル作品大人気ドラマのオリジナル版・特典映像など限定作品が続々!
もらえるポイント毎月550円分。
対応デバイスPC、テレビ、スマホ、タブレットなど
アカウント同時視聴7人まで登録可能だが、同時視聴は不可
ダウンロード機能あり
解約制限なし
キャッチフレーズドラマだけは、負けたくない。

Paraviのメリット&デメリット

Paraviのメリット
  • デバイスは5台まで登録できる
  • TBSやテレ東のドラマやバラエティ番組が見たい人には最適!
  • 『パパジャニWEST』『それSnow Manにやらせてください』などジャニヲタが好きなオリジナル番組がある。
  • K-POPでは『SHOW CHANPION』『SBS人気歌謡』など毎週配信。
  • ダウンロード機能があってデータ通信量を節約できる
Paraviのデメリット
  • TBS・テレ東以外の作品が少ない
  • アニメ・洋画・海外ドラマが少ない
  • アプリが使いにくい

テレビ東京のドラマがたくさん見られるのがいいわよね♪

かずよ

バラエティ番組も多いのよ!
当日に見逃したバラエティ番組も見られて便利だわ。

史子

動画をダウンロードしちゃえば、好きなところで見られるから嬉しい♪

Paraviの無料登録&解約方法

「シジュウカラ」を見るなら公式動画配信サイトです!「シジュウカラ」を見逃した時やもっと見たい時は、Paraviで、いろんな作品を放題しちゃいましょう!!

\ TBS最新ドラマはParaviの公式動画で! /


「シジュウカラ」のあらすじ&感想

結婚15年、長年アシスタントをしていて夢をあきらめた売れない漫画家・綿貫忍(山口紗弥加)。様々な思いを残したまま東京を離れ、地元に戻ることに。もう漫画は描かない、と決めた忍だったが地元に戻った直後、10年以上昔に描いた自作の漫画が電子書籍で大ヒットする。そして「これが最後」と再び漫画と向き合うことになった忍は、アシスタントを募集する。アシスタントに応募してきたのは、橘千秋という22歳の美しい青年だった。結婚15年目の夫に倦怠感を抱き始めてしまったのはいつからなのか…幸せな家庭のはずなのにどこか満足できない毎日を過ごしてきた忍は、次第に千秋に惹かれていく…。そんな中、忍が内に秘めていたある種のゆがみが顕在化してきて…。

「シジュウカラ」の全話あらすじ

第1話 あらすじ「第一話」

漫画家デビュー後もなかなか芽が出ず売れない漫画家・綿貫忍(山口紗弥加)は、売れっ子漫画家のアシスタント歴も20年を超え、結婚15年目の39歳にして東京から地元に戻り漫画家人生に幕を閉じた。 かつて自身の経験をもとにした漫画をレディースコミック誌で執筆し、単行本も出版したが思うような成果は得られず人気が出なかった。だが皮肉なことに忍が帰省した直後、全く人気が出なかった過去の自作が電子書籍で大人気に。 そして「これが最後」と決心し、もう一度漫画と本気で向き合うことに。 そして忍はアシスタントを募集し、22歳の橘千秋(板垣李光人)という美しい青年と出会う。千秋は年の割には妙に落ち着いており、好青年ではあるが、たまに発する意味深な発言が忍は気なっていた。そして既婚者の忍に思わせぶりな態度をとり、奇妙なアプローチを仕掛けてくる千秋に対し、忍は「何かおかしい」と違和感を覚え始める。

第2話 あらすじ「第二話」

仕事は早くまじめにこなし、忍の家族に夕食をふるまい人懐こくコミュニケーションを取る千秋。誕生日に漫画を描き終えた忍を打ち上げに誘い、訪れた店でテーブルの下で足を寄せてくる。そして忍が旦那が惹かれたきっかけとなったビリー・ジョエルの「ハートにファイア」を「今度旦那さんよりかっこよく歌いますよ」と言い顔を近づける。出会った日から着々と忍との距離を縮め、明らかに忍に気があるようふるまう千秋に対し、忍はそんなそこはかとなく危うさが感じられる彼に惹かれ始めていた。そんな中、忍は新作を描き始めるが、人気は思いのほか伸びず崖っぷちに立たされる。そこで忍は次回作を考え、とっさに既婚者の女性が18歳年下の美少年と不倫に溺れるというストーリーを思いつく。そして忍は取材のために千秋を水族館に誘うが、またもや挑発的なアプローチを仕掛けてくる千秋に、忍はなぜこのような行動をするのか、ついに彼の「目的」を問いただす。そして、千秋のある過去が明らかに。

第3話 あらすじ「第三話」

千秋が言っていた好きな作家・ササキシノブとは忍の事だった。千秋は先生の漫画が救いだったと話す。幼い頃千秋は忍の漫画の主人公に自分を重ね合わせており、僕も誰かを救いたかったと話す。そして忍は千秋の話に涙する。そんな忍に千秋は「泣かないで」と言いキスをする。その後2人は、何事もなかったようにうどんをすする。そして忍と夫・洋平(宮崎吐夢)の不穏な空気が加速し関係は徐々に悪化していく。その一方で忍は千秋とは健全な関係性を築きながらも仕事も順調にはかどっていた。ある日、忍は千秋が知らない女性といる姿を目撃してしまう。2人の後を尾行すると、一軒のアパートにたどり着く。そこで忍は衝撃の事実に気づくことになる。不安を抱えきれない忍は、おそるおそる千秋にそのことを告げることに。すると、ついに千秋の真の狙いが明らかになる。

第4話 あらすじ「第四話」

まだ息子が生まれて間もない頃、音の洋平の不倫現場を目撃していた忍。そして忍はその不倫相手が千秋の母・橘冬子(酒井若菜)だったことを知り、千秋は実は洋平と冬子の間に生まれた子なのではないか…と疑い始める。避け続ける忍の家に千秋がやってくる。そして忍は、千秋の父親は洋平なのかと問い詰めるが、千秋は笑い、父親はちゃんといると話す。そして千秋が忍に近づいたのは、綿貫家を崩壊させるためだったという。そんな2人の修羅場を目撃するも、「何これ。」と何とも思ってなさそうな洋平が登場し、千秋に帰るよう冷たくあしらう。そして忍は洋平に不倫の事実を知っていたと告げ、その日から距離をとり、寝室も別々に分けるように。ある日忍はコンビニに行くと、千秋の幼馴染・星宙(榊原有那)と遭遇する。千秋と忍の仲を疑っている星宙は千秋が過去に犯したある秘密を知ってしまう。

第5話 あらすじ「第五話」

千秋の幼馴染の星宙から、千秋が中学生の頃から売春をしていたという秘密を聞かされた忍。それに対し、戸惑いを隠しつつも「それはあなた言ったらダメなこと。大切な人なら尚更。」と言い放つ。忍の旦那は寝室も別にされたこともあり、漫画も好調な忍に対し、完全にモラハラ化していた。そんな中、カラオケで星宙に迫られ必死に拒み逃げ出した千秋から電話を受け忍は千秋の元へと急ぐ。雨の中震えていた千秋を保護し、家に泊めることに。忍が目を覚ますと、すでに千秋は家を出た後だった。心配だった忍は、千秋の実家へと足を運ぶ。そして忍は、過去に売春をしていたことによってできた傷が未だ深く残り続けているのではないかと千秋に話す。愛というものが何なのかわからない自分に真剣に向き合ってくれる忍に、千秋は「2人で逃げましょう。」と提案する。

第6話 あらすじ「第六話」

家の庭にいるシジュウカラが飛び立つ姿を目にした忍は、結婚指輪を外して家を飛び出し千秋の元へ。千秋の車で海へ行き2人は大はしゃぎ。その夜、ホテルに泊まり忍と千秋はキスを交わす。しかし、それ以上を求めようとする千秋の手を忍が止める。「ありがとう。一緒に逃げようって言ってくれて。」とお礼を言う忍に感づき、千秋が忍のスーツケースに目をやるとそこには1泊分の荷物しか準備されていなかった。「逃げる気なんてないじゃないですか。」と言う千秋に対し、本気で好きになってしまったから過去に千秋を買った女性たちと同じになりたくないと話す忍。涙を流す忍を、千秋はそっと抱きしめる。しかし、2人が一緒にいるところを千秋の母・冬子に目撃されていた。それが原因で洋平と忍の息子・悠太(田代輝)にも2人の関係がバレてしまい、家族の関係にも亀裂が入ってしまう事態に…。

第7話 あらすじ「第七話」

忍が千秋と不倫関係にあると洋平の口から悠太へ告げられ、悠太は忍を拒絶する。忍が千秋との関係に終止符を打つことに。そして、洋平との離婚を決意したが、忍が家に帰ると大きな音がする。急いで駆け寄ると、そこには洋平が倒れていた。洋平が倒れたことにより、離婚の話はなくなってしまい、それから5年後の月日が経つ。忍は45歳になり、未だ洋平と暮らしている。悠太はというと、わざわざ県外の大学を選び、家を出たのだ。夫婦2人の生活が続く中、洋平は仕事を退職しており、家庭の収入は忍の描く漫画の収入のみとなっていた。忍はどこか空っぽのような、虚しい日々を送っていたが、そんな時、偶然にも漫画の編集者の岡野(池内博之)と出会う。岡野は忍の高校時代に付き合っていた元カレだった。そして再会を果たした2人は次第にお互いを意識し始めるように…。忍の新たなストーリーが今、幕を開ける。

第8話 あらすじ「第八話」

忍は「不倫の女王」と呼ばれる人気漫画家となった。だが、忍は読者に漫画が飽きられているのではないかと不安になり、別のテーマで描きたいと思うようになっていた。しかし担当の編集者には、飽きているのは読者ではなく自分自身ではないかと問われる。そして忍は誕生日を迎え、46歳になった。誕生日の当日、岡野から連絡があり会いに行く忍。岡野は忍にフラワーBOXを渡し、忍の手を掴んでキスをする。一方千秋はレストランで働き、紺野みひろ(山口まゆ)と同棲生活を送っていた。みひろが家で「となりのおばさんに買われていました」を読む。それは千秋が描いたエッセイ本だった。忍は、もう一度漫画と向き合うことを決意。家では洋平と割り切った夫婦生活、そして外では岡野と恋愛関係に発展していたそんな時、忍は千秋の妻だと名乗るみひろと出会う。そして偶然にも、忍と千秋は5年ぶりの再会を果たすことに…。

第9話 あらすじ「第九話」

みひろから千秋と去年結婚したと聞かされた忍はショックでそのあとの言葉が何も入ってこないほどだった。後日、忍は岡野かた本気で付き合ってほしいと告白される。返事は待つと告げ、その日は2人はそれぞれ家路につく。そして忍はついに離婚を決意し洋平に離婚届を差し出すことに。洋平は離婚するなら死ぬと脅すが、そんな洋平に対し忍は「死にたいなら勝手にして」と言い放ち、家を飛び出し泣きながら歩いていた。一方千秋は編集者と会い、「エッセイ漫画を考えてくれ」と依頼されていた。なんとその編集者とは岡野だった。そしてその後、偶然にも同じ歩道橋にいた忍と千秋が再会することに。そこで千秋が目にしたのは、岡野と親密そうに話す忍の姿だった。その後、岡野と忍が付き合い始めたことを知りショックを受けた千秋は、忍に対する熱い思いを漫画にぶつけ始める。

第10話 あらすじ「第十話」

別れる決意を固めた忍に対し、洋平は諦めを見せ、二人は離婚を成立させた。忍と再会した際、結婚を祝福された千秋は家に帰りみひろに問い詰める。やはり千秋と結婚したというのはみひろがついた嘘だった。忍に再度会いに来た千秋に、忍は「大事な人がいるから」と線を引く。しかし千秋の気持ちはあの日から変わらず忍にあったことを知り忍は涙し、気づけば二人は抱き合っていた。そんな中、千秋にの携帯にみひろから着信が。忍も一緒にみひろの元へ駆けつけたが、二人を見たみひろは興奮状態で千秋と口論になる。そんな現場を見かねた忍は、みひろをうちで預かると提案する。息子一人の忍にとっては娘ができたようで次第にみひろと打ち解け合っていく。一方岡野は、忍と千秋の関係に不信感を抱き始める・・・。

第11話 あらすじ「第十一話」

千秋のもとに母の冬子の働く店から連絡が入る。冬子は店をクビになったという。理由は、店の物を盗んでいたからだった。冬子は昔から相変わらず息子の足を引っ張る母親だった。一方忍は、編集担当から連載の打ち切りを告げられる。忍の描く漫画はフレッシュさに欠け、今の時代に合っていないという。打ち切りになったことにより岡野からスピンオフを描かないかと提案されるが、忍はそれを断る。しかし忍はみひろが家にいる事で救われていた。仕事中はコーヒーを入れてくれ、まるで娘ができたようだった。そして岡野は「結婚しない?」と忍にプロポーズをする。そして忍に考えてほしいと言い、その場を後にした。そんな中忍は今まで言葉にしたことのない本当の気持ちを千秋へ打ち明けることに。その頃洋平は忍と離れた後、新しい生活を始めることになっていた。

第12話 あらすじ「第十二話」

忍に離婚をつきつけられた洋平はスナックのママの涼子(和田光沙)と一緒に暮らすことになったが、いつか海のそばでお弁当屋さんでもやりたいという涼子に少しでも力になれればと金を渡し、それを持ち逃げされあっけなく騙されてしまった。一方忍は、みひろを娘のように想っていたがみひろは違った。「先生のところにいると、ずっとかわいそうな子でいなくちゃならないから」と、家を出て行ってしまった。そして「 5年前逃げたくせに」と千秋に言われた忍は5年前に夫が倒れた事を打ち明ける。しかし千秋は「もういいです」と背中を向ける。その後岡野と会い、プロポーズを受け入れることを伝える忍。そうして忍は岡野と新たな生活が始まる。そんな中、大人になった悠太が久しぶりに帰ってきたが、悠太は忍に「自分のために幸せになって」と言う。忍にとっての幸せとは何なのか。このままでいいのか。忍はもう一度自分の道を見つめ直す。

「シジュウカラ」の感想

【第1話】前半では主人公の人生の考え方にとても共感させられたが、後半になるにつれ、内なる狂気がどんどん出てきて不穏な雰囲気に見ているこちらの心を揺さぶられた。忍の息子の表情がとても良かった。お母さんが夕方から身なりを綺麗にして出かけるのは息子にとったら不安、あるいは気持ち悪いといった感情がうまく表情に現れていた。人のリアルな不気味な面が出るのは、恋愛をしている時なのだと感じさせられる。千秋の何を考えているかわからないが、妙な魅力と色気を感じさせ、ストーリーのねっとりとした世界観に引き込まれる。(40代・女性)

【第2話】最後に千秋が過去を忍に打ち明けている最中、忍は否定も肯定もせず「そっか」としか言わないシーンが、千秋にとってそれはそんな忍を自分の中にある「母親」と重ね合わせていただのではないかと感じた。自分が救われた漫画を描いていた漫画家が身近にいた忍だったと知った千秋の目が急にきらめいたと思うと、過去の事を思い出してどこか切なく儚げな表情だった。それとは反対に水族館に出かけた時や忍と2人でいる時の千秋の目は少し狂気的で、危ない雰囲気がありとても色気を感じる。2人の今後に目が離せない。(40代・女性)

【第3話】忍の旦那がデリカシーがなさすぎる。妻が自分より楽しそうにしているのが気に食わないのか、ただただ妻のことを一人の女性として見ていないのか。作ってもらった料理さえもバカにするような旦那にいらいらしつつも、やっと千秋の狙いが知れてすっきりするようで、そうでないのは最初から続くこの不穏な空気感のせいでしょう。千秋が1話目から忍の旦那を見る目が怖く、少し涙目になるような表情はそのせいだったのか。復讐心で近づいた千秋だったけど、最後に忍に触れようとした手に、目的以外の感情が芽生えていることを感じさせられる。(30代・女性)

【第4話】「男の浮気と女の浮気は違う」と主張するモラハラ旦那、全く持って理解ができない。自分が稼いだお金で妻が仕事ができていると思い込まれていることに対しても、忍の立場を考えると、言葉にできない悔しさと怒りが沸々と湧き出てくる。旦那の表情や発する言葉一つ一つがぞわぞわして、新感覚のホラーを見ている気分。忍は、千秋に対してもそうだけど本当に優しい人なんだろうなぁ。千秋の幼馴染、好きがゆえの行動だとしても暴走しすぎだし、やっぱり人が知られたくない秘密を知らぬ間に暴露するのは良くないと思う。忍がなんとか千秋を救い上げてほしい。(30代・女性)

【第5話】冬子の、忍の顔を見ても何も気づかない様子を見る限り、過去の不倫相手の妻の顔すら知らなかったのか…。そこまで洋平とも本気ではなかったのだろうか。旅行する2人の時間がずっと続けばいいのにと思ってしまう。夢のような時間は短く、きっと儚いものなんだろうなぁ。息子の悠太は自分でごはん作ったり母親をかばったり、お母さん想いのいい子だから少し複雑な気持ちにもなる。館山まで迎えに行くと言い出す旦那の行動に、寒気を感じた。忍が誰よりも大人で現実的な分、忍の旦那や千秋の母、まわりの大人が子供すぎるなぁ。(20代・女性)

【第6話】悠太は思春期に男の子だしお母さんが大好きだったから母親が自分も知っている若い男の子と不倫しているなんて聞かされたら、やはり気持ち悪いと思うってしまうと思うし、それを言葉にするシーンがとてもリアル。しかも聞かされたのが父親からというのもなんとも辛い。まだ学生で親に頼らずに生きていけない、何もできない自分が腹が立ち、言葉をぶつけることしかできない。そんな悠太の表情や温度感がとてもかわいそうで胸に突き刺さる。ラスト、洋平が倒れるシーンに衝撃が走った。次回どうなるのか気になるところ。(30代・女性)

【第7話】千秋と忍はお互い違う生活をしているのに、どこかつながっているように見え、忍は未だ千秋を忘れきれているわけではないのだろうなと感じる。ただ、目の前にいる男性に危なさを感じながらも惹かれつつある。忍はやはり自分を一人の女性として見てくれる人と一緒になる事ができたら、ぽっかりと空いた今の生活にも光をもたらすことができるのではないかと思う。ただ5年前のこと、息子のことを考えるとその一歩がどうしても踏み出せない気持ちがもどかしい。大人の男性になり、色っぽさが増した千秋の姿にとてもドキドキしてしまった。(30代・女性)

【第8話】洋平は何もかもはき違えていて話にならないな。過去に自分が不倫したのは、かまってくれない忍のせいだなんてよく言えたものだ。忍の洋平に対する小さな不満が積み重なり今回爆発した形となったが、人をそうさせるまで気が付かない洋平には本当に理解ができない。息子の悠太だけが唯一の救い。良い子に育って本当に良かったね。忍と千秋が再会したところで、千秋も全く幸せそうじゃない今の現状に、さらに追い打ちをかけるように岡野と忍の関係を知ってしまったらかなりダメージだろうな…。みひろという女性は無駄に勘が鋭そうで、後々やっかいになるということだけは分かった。(40代・女性)

【第9話】結婚したというのは嘘だったことと、SNSに書き込んだ犯人もみひろであれば、彼女の闇があまりにも深い。なぜいつも忍が攻撃される的となるのか。今までみひろを愛情ではなく助けたいという思いからの同情で付き合っていた千秋だが、長い間一緒にいるのに二人の気持ちが重ならないのはとても切なく悲しい。みひろを過去の自分と照らし合わせながら千秋は過去の記憶からずっと抜け出せないままでいたのか。最後に見せた忍の涙。忍も千秋を想い続けていて忘れられずにいたんだね。(30代・女性)

【第10話】千秋の母親が本当に救いようがない。不器用でだらしない性格だが、こんな母でも切っても切れない親子の縁なのだと思うととても胸が痛む。いろんなしがらみから早く千秋を解放してあげてほしい。千秋の真っ直ぐ忍を想う気持ちは、どこか感じる母の温もりと、自分の安らげる安心感から来るものなのか。千秋の中では特別な存在でいるんだなぁ。みひろを娘のように見る忍の顔が優しく、母親の顔をしていた。そんな中、岡野からの急なプロポーズ。忍がどんな返事をするのかとても気になる。気持ちは千秋にあるように見えるが…。(20代・女性)

【第11話】漫画の打ち切りを知った忍は、ショックなのはもちろんのことだがどこかスッキリしたような、覚悟を決めたような表情に見えた。みひろが家に来たことにより、忍の生活に少し光が差したようでよかった。不倫相手の冬子をバカな女と言い、忍のことは都合の良い女という洋平がどこまでもクズなので詐欺師のような女に騙されて少しスッキリ。今までの報いがここで来るのか。発言や行動がどこかリアルで、音楽や雰囲気も相まって途轍もない恐怖心を煽ってくる。(50代・女性)

【第12話】少し不幸の影が見え隠れしていたが、どこか自分の軸がしっかりできていて、女性として力の強さを持っている忍に勇気づけられた。千秋のどこか消えてしまいそうな表情に、毎回魅了されていた。母親としての自分と、女性であるじぶんの狭間で揺れる忍の姿にグッときた。出る幕が少ししかなかったのに、かなりのインパクトを残す洋平には笑ってしまった。登場人物が皆いい意味で人間っぽく、全員にスポットを当てリアルな表情や繊細な行動が描かれていた。(40代・女性)

「シジュウカラ」の作品情報

「シジュウカラ」のスタッフ

ドラマ名シジュウカラ
放送日2022年1月スタート
放送時間毎週金曜深夜0:12~
監督大九明子
成瀬朋一
上田迅
原作坂井恵理『シジュウカラ』
脚本開真理
プロデューサー祖父江里奈
北川俊樹
高橋優子
制作ザ・ワークス
制作著作「シジュウカラ」製作委員会

「シジュウカラ」のキャスト

  • 綿貫忍 役/ 山口紗弥加
  • 橘千秋 役/ 板垣李光人
  • 綿貫洋平 役/ 宮崎吐夢
  • 岡野克巳 役/ 池内博之
created by Rinker
¥23,881 (2024/04/21 22:00:13時点 Amazon調べ-詳細)

「シジュウカラ」の関連記事

あわせて読みたい
2022年の冬ドラマ一覧!1月クールの新番組を随時紹介します! 2022年の冬ドラマの情報の一覧をまとめました。 1月クールの新番組が分かり次第、すぐにここに上げていくので、要チェックですよ! 2021 夏ジャニーズ出演ドラマ カムエ...

まとめ

ということでこの記事では、「シジュウカラ」を視聴する方法についてお届けしてきました。

主にTBS系やテレビ東京のドラマを楽しみたいのであれば Paravi がイチオシです!

「シジュウカラ」だけでなく、他の映画やアニメ、映画、バラエティなどをParavi で思い切り楽しみましょう!

Paravi での配信は、ドラマの放送後になりますのでご注意ください!!

\ TBS最新ドラマはParaviの公式動画で! /


50音順・メンバーでドラマ・映画を探す

シジュウカラ,ドラマ,見逃し配信,再放送,1話,あらすじ,感想,キャスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次