INTRODUCTION

夢の世界で、欲望は暴走する。


 本作は、人が<ネザー/NETHER>と呼ばれるインターネット上の仮想空間で膨大な時間を過ごし、中には現実を捨てて仮想空間だけに生きる場を求める人も出てきてしまう……という、近未来の世界を舞台に「人の欲望の暴走」と「倫理の危うさ」という普遍的な問題を、たった5人の登場人物で鮮やかに描いた作品です。
 英国The Royal Court Theatreで上演するや否や、批評家たちから絶賛され、2015年のローレンス・オリヴィエ賞では作品賞を含め4部門にノミネート(舞台装置で最優秀賞)されました。
 この日本版の上演台本・演出を手がけるのは、振り込め詐欺、原発事故、イラク戦争など、目の前にある現実を描いてきた瀬戸山美咲。社会問題を題材にした作品を送り出し続ける瀬戸山が、人間の欲望や犯罪倫理だけでなく、近年、話題となった#MeToo運動やLGBTといった、性自認や性的指向に着目、主人公の性別を女性から、あえて性的なことに恐怖心や嫌悪感を抱く男性にすることで、男性vs.女性の構図に捉われない、人間と人間の物語として再構築します。

現代社会が抱えうる問題をスリリングかつ
ビビットに描いた衝撃作を日本初上演!


 そして、本作の主演を務めるのは、2017年の『あんちゃん』以来2年ぶりの舞台出演となる北山宏光。初のストレートプレイ主演となった『あんちゃん』では、身近にありそうな家族への愛憎に葛藤する等身大の青年をその巧みな演技でリアルに演じた北山が、本作では思い描いたことが実現してしまう、欲望渦巻くネット上の仮想空間を捜査する捜査官役を演じます。
 共演には、9歳で初舞台を踏み、24歳で歌舞伎役者の名跡を襲名、今では時代劇のみならず現代劇にもその柔軟な演技で引く手あまたな中村梅雀、大学在学中に蜷川幸雄演出舞台で役者デビューを果たし、近年は劇作家・演出家としても精力的に活動しているシライケイタ、「つかこうへい事務所」の旗揚げから解散まで屋台骨を支え、近年は次代を担う幅広い作家・演出家と様々な試みに取り組んでいる平田満といったキャリアと実力を兼ね備えた顔ぶれが揃い、インターネット上の仮想空間に蔓延る人間の欲望や倫理の危うさといった、いまや身近に起こりうる社会問題を描く衝撃作に挑みます!
ページトップへ